【プリッツの比較とおすすめランキング】サラダ、トマト、ロースト、おさつ等7種類を食べ比べた

プリッツのおすすめランキング

11月11日は○○の日。さて、この日が何の日かご存知でしょうか?

この記念日、意外にも人々の認知度は高いようで、86%の人が11月11日は「ポッキーの日」と認識しているのだとか。

グリコの代表的なお菓子「プリッツ」と「ポッキー」は、スティック状菓子の代表的な存在ですよね。

グリコは11月11日を「ポッキー&プリッツの日」と定め、日本記念日協会の認定を受けました。

つまり、11月11日はポッキーだけでなくプリッツの日でもあるのです。

先ほどの問いに「ポッキーの日」と答えた方は、半分正解で半分不正解というわけですね。

どうやら認定当初は「ポッキー&プリッツの日」だったのに、年が経つに連れてプリッツの存在が忘れ去られ、今ではポッキーの日として認識されているということのようです。

実際の売上げの面でも、どうやらプリッツよりポッキーの方が売れている模様。ああ、可哀想なプリッツ…

しかし、お菓子の歴史を調べてみた所、プリッツの方がポッキーより前に発売されているんです。

プリッツは1963(昭和38)年、ポッキーは1966(昭和41)年発売です。ということは、プリッツの方が3年先輩なんですね。

今年はプリッツが誕生して55年目。これだけ長い間人々に愛されてきたプリッツ。

そう、いつまでもポッキー負けているわけにはいきません!

プリッツ党のみなさん、これを機にプリッツの美味しさを広く世に知らしめようではありませんか!とかいいつつ、自分も長い事プリッツを食べていないことに気づきました。

いかんいかん!というわけで、今回はプリッツです。

現在販売されている7種類のうち、手に入った6種類を食べ比べ、最後におすすめランキングを発表することにしましょう。

プリッツ<サラダ>

プリッツ<サラダ>
  • プリッツ<サラダ>
  • カロリー(一袋当たり):175kcal
  • 価格:111円(ヨドバシドットコム)
プリッツ<サラダ>

あっさりした塩味。昔はプリッツと言えば緑の<サラダ>、と決めていたぐらい好きでした。

久しぶりに食べてみた所、あれ?食感と味が変わったような。以前はもっとギュッと詰まった食感でしたが、昔より軽くサクサクする感じ。

また、以前より味がシンプルというかあっさりになってる気がします。甘じょっぱいクラッカーのような味わいですね。

それなりに油も使われているのがわかるのに、不思議と油っぽさは感じずさっぱり食べられます。

ところで、以前から気になっていたのが<サラダ味>の由来。食べる度にサラダの味ではないなあ、と思っていたのですが、今回調べてようやく長年の謎が解けました。

お菓子業界では、サラダ油をかけて塩味をつけたものを「サラダ味」と呼んでいたらしく、発売当初のプリッツも、そんな業界の味のネーミングに由来して「サラダ味」と名付けられたようです。野菜サラダではなく、サラダ油のサラダだったというわけですね。一つ賢くなりました。

おすすめ度:★★★☆☆(3点)

スポンサーリンク

プリッツ<ロースト>

プリッツ<ロースト>
  • プリッツ<ロースト>
  • カロリー(一袋当たり):158kcal
  • 価格:111円(ヨドバシドットコム)
プリッツ<ロースト>

公式ページによると、ミルクが香る生地にシュガーを絶妙なバランスで重ねました。シュガーコーディング製法による甘く香ばしい新たな味わいをお楽しみください、だそうです。

よく見ると砂糖の粒が所々についているのがわかります。 赤箱プリッツは、あまり食べた記憶がないので確かではないのですが、以前は確かシュガーコートされてなかったような。

ミルクの香りで甘いと聞けば、クッキーのような味を想像しがちだと思うのですが、プリッツは一味違います。

しつこい甘さではなく、一本食べるとまたすぐ次に手が伸びる…そんな絶妙な味加減です。さすがロングセラーのお菓子、飽きの来ない美味しさです。

焦げたバター(ミルク?)とシュガーの甘い香りは、そこはかとなくキャラメルのようでもあり、それもまた美味しさのポイントかもしれません。

おすすめ度:★★★★☆(4点)

トマトプリッツ

トマトプリッツ
  • トマトプリッツ
  • カロリー(一袋当たり):151kcal
  • 価格:111円(ヨドバシドットコム)
トマトプリッツ

赤、緑の箱に続いてロングセラーのトマトプリッツ。公式ページによると、トマトプリッツは1989年バブルの中、登場しました。

当時はナチュラル志向が高まっており、それに空前のイタリアブームでした。そこで考えだされたのがトマトプリッツです、とのこと。

こちらの味も周囲にファンが多いでんすよ。商品名がプリッツ<トマト>ではなく、トマトプリッツと、トマトを前面に出している所に会社の意気込みが感じられます。

パッケージには、トマトと緑の野菜の旨味が楽しめるカリっと香ばしいプリッツです、と書いてありました。

なるほど口に入れると、最初にトマトの味がしますが、後味に野菜ジュースのような緑の野菜の香りが残ります。

ピザのようなハーブの風味も感じられて、ビールやワインとも相性がよさそうです。ピザが好きなら、きっと好きな味です。

おすすめ度:★★★★☆(4点)

プリッツ<発酵バター>

プリッツ<発酵バター>

プリッツ<発酵バター>

カロリー(一袋当たり):151kcal

価格:116円(ヨドバシドットコム)

(butter3)

甘く香ばしいプレッツェルに発酵バターを乗せて焼き上げました。噛むほどに広がる発酵バターの風味豊かな味わいをお楽しみください。(パッケージより引用)

こちらは今回初対面のフレーバー、発酵バターです。袋を開けた瞬間、風味豊かなバターの香りが広がりました。

サクサク感は間違いなく7種類中ナンバー1です。バターの濃厚な香りと甘さ、塩気のバランスが絶妙でこれはハマるっ!!味だけを言えば、上質のクッキーを食べているようです。

スナックとして食べるというより、コーヒーや紅茶と合わせてティータイムに出しても良いぐらいの完成度。

バターの味も安っぽくない所が素晴らしいです。一袋、いや一箱余裕でイケそう…これは食べてみる価値ありです!

おすすめ度:★★★★★(5点)

プリッツ<おさつ>コク旨バター仕立て

プリッツ<おさつ>コク旨バター仕立て
  • プリッツ<おさつ>コク旨バター仕立て
  • カロリー(一袋当たり):156kcal
  • 価格:95円(エレナ)
プリッツ<おさつ>コク旨バター仕立て

見た目は普通のプリッツと変わりませんが、芋の香りがしっかりあります。

公式ページによると、サツマイモをたっぷり練り込みザラメを振りかけて焼き上げました。さつまいもとざらめの甘く香ばしい味わいをお楽しみください、とのこと。

見てわかるように表面にはザラメがまんべんなくまぶしてあり、ザラザラした食感です。

食べてみるとバターの香りもそこそこあって、焼き芋の香りではなく、スイートポテトや大学芋のような甘い香りです。

味もまさしくそんな感じの味がします。ただ、食べ続けるには、やや飽きやすい味かもしれません。

おすすめ度:★★★☆☆(3点)

超カリカリプリッツ <チーズ>

超カリカリプリッツ <チーズ>
  • 超カリカリプリッツ <チーズ>
  • カロリー(一袋当たり):133kcal
  • 価格:116円(ヨドバシドットコム)
超カリカリプリッツ <チーズ>

写真から細さが伝わるでしょうか?奥が一般的なプリッツの太さ、手前が超カリカリプリッツです。

実際の細さは、大体パスタくらいをイメージしていただければ近いと思います。プリッツ史上最も細くカリカリ食感に焼き上げました。カリッとした心地よい食感と、濃いめの味わいがクセになる次々手が出る美味しさです。標準100本入り(パッケージより)

開けた瞬間、チーズ臭さが鼻に来ます。チーズ好きな人には、堪らないにおいかもしれません。

細くて硬い、ポリポリカリカリの食感がやみつきになります。前歯で小刻みに食べると快感です。

チーズの香りも強いですが、コショウや塩気も強いので、これは明らかにおつまみ向きのスナックです。

オヤツとして食べるとちょっと喉が渇きそうかな。ビールが飲みたくなる味だと思います。

おすすめ度:★★★★☆(4点)

やさしい味のプリッツ<マイルドサラダ>

やさしい味のプリッツ<マイルドサラダ>
  • やさしい味のプリッツ<マイルドサラダ>
  • カロリー(一箱当たり):113kcal
  • 価格:64円(ヨドバシドットコム)
やさしい味のプリッツ<マイルドサラダ>

プリッツ<サラダ>よりマイルドな味わいのちっちゃなプリッツです。

こちらは子供が食べるよう想定されているのか、香料・着色料は無添加です。食べてみると、確かにノーマルよりは優しい味がします。

シンプルな味つけですが、これはこれでなかなか美味しいのではないでしょうか。

ただ、一般的なプリッツより内容量が少ないので、あっという間に食べ終わってしまいます。まあ、お値段もその分安いんですけどね。

おすすめ度:★★★☆☆(3点)

プリッツのおすすめランキング

さて、7種類試食し終わったところで、おすすめランキングの発表です。

第7位:マイルドサラダ

やさしい味のプリッツ<マイルドサラダ>

美味しくないわけではないんですが、物足りなさを感じてしまいました。穢れのない子供向けの味なのでしょう。汚れた大人でごめんなさい。

第6位:サラダ

プリッツ<サラダ>

昔食べて美味しかったイメージが強すぎたのかもしれません。ちょっと残念な結果に。でもこれも美味しいんですよ。

第5位:おさつ

プリッツ<おさつ>コク旨バター仕立て

最初は美味しいのですが、食べているうちにだんだん飽きてしまうかも。

第4位:超カリカリプリッツ <チーズ>

超カリカリプリッツ <チーズ>

チーズの強烈なにおいは、食べる場所と食べる人を選ぶかもしれません。でも、私は好きです!

第3位:ロースト

プリッツ<ロースト>

いつの間にか、こんなに美味しくなっていたとは!その成長ぶりに拍手です。

第2位:トマトプリッツ

トマトプリッツ

昔から、好きな人はとことん好きだったトマトプリッツ。ずっと変わらずにいて欲しいです。

第1位:発酵バター

プリッツ<発酵バター>

初めて食べましたが文句なしに美味しい!プリッツの代表的な味として、これから君臨していく予感がします。

スポンサーリンク

さいごに

いかがでしたでしょうか?皆さんのご贔屓プリッツは何位でしたか?

今回プリッツを食べ比べてみて、改めてプリッツの美味しさを再発見しました。プリッツがロングセラーな理由が分かった気がします。

どの味も本当に計算つくされた味で、食べはじめると止まりません。プリッツだって頑張っている!

11月11日はポッキー&プリッツの日。普段はポッキー派の皆さんも、たまにはプリッツを買ってみてください。

きっとその美味しさにハマると思いますよ。



プリッツのおすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください