【ポッキーの比較とおすすめランキング】極細、冬のくちどけ、アーモンド、いちご等を食べ比べた

ポッキーのおすすめ比較

プリッツの比較をしたのだから、次はポッキーの比較をしないわけにはいきませんね。

プリッツより歴史が短いとはいえ、ポッキーも半世紀以上人々に愛され続けている超ロングセラー菓子です。

ポッキー&プリッツの日も近い事だし、今回はポッキーの比較をしたいと思います。

季節や地域によって、さまざまな種類のポッキーが発売されていることは、皆さんも良くご存知ですよね。

その時々でいろいろなポッキーを見かけるせいか、ポッキーは種類が豊富というイメージがありませんか?

今回商品を集めるにあたり、相当な種類があるに違いないと覚悟していましたが、レギュラーとして売られているポッキーは常時7~8種類(※)程度のようです。(※地元ポッキーを除く)

10種類は軽く超えるだろうと思っていたので、ちょっと意外でした。それでも十分多いですけどね。

今回は、その内7種類を入手しましたので、早速食べ比べてみようと思います。

さいごにポッキーをおすすめランキングも発表します。

ポッキー<チョコレート>

ポッキー<チョコレート>
  • ポッキー<チョコレート>
  • 内容量:38g(17本)×2
  • カロリー(一袋当たり):182kcal
  • 価格:138円(ドラッグコスモス)
  • 一本当たり:4円
ポッキー<チョコレート>

元祖ポッキー<チョコレート>。子どものころから慣れ親しんだポッキーです。

プレッツェルとチョコレートのこの組み合わせは、昔も今も変わらず王道ですよね。

似たような製品も沢山ありますが、ポッキーはやっぱり美味しい!

チョコレートが甘すぎず、カカオの濃い香りもあり、大人から子供まで誰でも美味しく食べられます。

コーティングチョコレートの口どけも、柔らかすぎず固すぎず絶妙なんですよね。

オヤツとして食べるのはもちろんのこと、ウイスキーなどのお酒と合わせるのもオシャレです。

ポッキーが嫌いな人なんているんでしょうか?いつ食べても飽きることがなく、誰にでも自信を持っておすすめできる日本の代表的なお菓子です!!

おすすめ度:★★★★★(5点)

スポンサーリンク

ポッキー<極細>

ポッキー<極細>
  • ポッキー<極細>
  • 内容量:37.7g(25本)×2
  • カロリー(一袋当たり):191kcal
  • 価格:138円(ドラッグコスモス)
  • 一本当たり:約2.8円
ポッキー<極細>

一袋に25本、ひと箱50本入っています。極細のプリッツは、前歯でポキポキ折って食べると食感がとても楽しいですよ。

普通のポッキーは、一袋あっという間に食べ終わってしまいますが、極細は一袋25本。これだけ入っていると、沢山食べた気分になります。

チョコの味は、上記ポッキー<チョコレート>と同じく、ビターな香りのちょっと大人のチョコレート。

極細のオシャレなポッキーは、パーティーにもぴったりですね!!

星が一つマイナスなのは、 男性から「面倒くさい」という意見が出たためです。

おすすめ度:★★★★☆(4点)

ポッキー<癒しのミルク>

ポッキー<癒しのミルク>
  • ポッキー<癒しのミルク>
  • 内容量:38.8g(12本)×2
  • カロリー(一袋当たり):195kcal
  • 価格:162円(ツバキヤ)
  • 一本当たり:6.8円
ポッキー<癒しのミルク>

太めで波型のプレッツェルに、ミルク感の強いチョコレートがコーティングされています。

太い分そう感じるのか、はたまた本当に硬いのか、歯ごたえがポキポキではなく、ザクザクとした粗い食感です。

ミルクチョコレートは良く言えば「まろやか」、悪く言えば「個性がない」感じ。チョコレートには、通常の2.5倍ミルクが入っているそうです。

そのまろやかさのせいか、プレッツェルの味とチョコが完全に同化してカカオの香りを感じません。

普段からミルク分の多いチョコレートを食べている方は良いでしょうが、普通のカカオが濃いチョコレートを食べ慣れていると物足りないと思います。

確かにチョコレートコーティングされているのに、目をつぶって食べるとチョコなのかわからないぐらいでした。

どうしてもこれを食べたい!というほどの吸引力は感じませんでしたので星3つ。

おすすめ度:★★★☆☆(3点)

ポッキー<ザ・ミルク>

ポッキー ザミルク
  • ポッキー<ザ・ミルク>
  • 内容量:38.8g(12本)×2
  • カロリー(一袋当たり):195kcal
  • 価格:98円(ドラッグコスモス)
  • 一本当たり:4円
ポッキー<THE MILK>

公式ホームページ上では見つけることができなかったので、季節限定品もしくは販売期間が終了した商品のようです。

見た目は上記<癒しのミルク>とほぼ同じ。太くて硬めの波型プレッツェルにミルクチョコレートがコーティングされています。

味も同じかと思いましたが、食べてみると癒しのミルクよりプレッツェルの塩味が際立つ感じ。塩気と甘いミルクチョコレートがよく合います。

甘くてちょっと塩辛い、塩入りスイーツの美味しさと言えばいいのでしょうか。

チョコとプレッツェルどちらの味も引き立たせながら全体として良くまとまっている。そんな印象を受けました。

おすすめ度:★★★★☆(4点)

ポッキー <つぶつぶいちご ハートフル>

ポッキー つぶつぶいちご<ハートフル>
  • ポッキー <つぶつぶいちご ハートフル>
  • 内容量:28.8g(11本)×2
  • カロリー(一袋当たり):146kcal
  • 価格:138円(エレナ)
  • 一本当たり:6.3円
ポッキー つぶつぶいちご<ハートフル>

このポッキーは、いちご果肉を練り込んだハート型のプレッツェルに、甘酸っぱいイチゴのツブツブ入りチョコ(?)がコーティングされています。

ピンクとハートで見た目も可愛らしく、いかにも女子受けしそうなポッキーです。

食べてみるとチョコレート感はほとんどなく、イチゴの香りと甘酸っぱさが際立っています。

昔あったイチゴポッキーは、ピンクのイチゴチョコレートでコーティングされたポッキーでしたが、これはチョコレートと言うより全体としてイチゴ味。

個人的にはもう少しチョコレート感を残しても良い気がしましたが、今はそういうのは流行らないんでしょうか。

苺パウダーの甘酸っぱさは好みですが、コーティングのチョコレート(?)部分の口どけの悪さと植物油脂の油の味が気になりました。

おすすめ度:★★★☆☆

ポッキー <アーモンドクラッシュ>

ポッキー <アーモンドクラッシュ>
  • ポッキー <アーモンドクラッシュ>
  • 内容量:22.5kcal(6本)×2
  • カロリー(一袋当たり):124kcal
  • 価格:162円
  • 一本当たり:13.5円
ポッキー <アーモンドクラッシュ>

クラッシュアーモンドがぎっしりちりばめられたポッキーです。

アーモンドたっぷりなのは嬉しいですが、内容量は一袋あたり6本で、一般的なポッキーと比べてほぼ半分と少ないです。

初めて食べた時は、箱を開けた瞬間に思わず「すくなっ!」と呟いてしてしまいました。

味は、まろやかなチョコレートとアーモンドの相性が抜群な上、アーモンドのザクザク感も良く、ナッツ系チョコレートが好きな方も十分満足できる味だと思います。

パッケージからして金色で高級感があるのに加え、1本当たり13.5円というお値段は、個人的に高級ポッキーという位置づけです。

ちょっと特別感のあるポッキーなので、皆と分けるより1人で味わって食べたい感じです。

おすすめ度:★★★★☆(4点)

冬のくちどけポッキー <ココア仕上げ>

冬のくちどけポッキー <ココア仕上げ>
  • 冬のくちどけポッキー
  • <ココア仕上げ>
  • 内容量:31g(8本)×2
  • カロリー(一袋当たり):158kcal
  • 価格:167円(ツバキヤ)
  • 一本当たり:10.4円
冬のくちどけポッキー <ココア仕上げ>

太めのプレッツェルに、生チョコのような柔らかいチョコレートがぽってりとコーティングされています。

チョコの上にはにココアパウダーがかかっていて、いかにも冬のチョコレートといった感じ。

チョコレートの味も、洋酒の香りがしてガナッシュを食べているようです。

ただ、パッケージの原材料を見ると洋酒は使われていないようなので、この香りは香料なのかも。

生チョコやガナッシュの柔らかい口どけ感が好きな方におすすめですが、香りは好き嫌いがあるかもしれません。

難点は、ココアパウダーの味と香りがイマイチなこと。もう少し香りやほろ苦さを感じられると良かったです。

おすすめ度:★★★☆☆(3点)

ポッキーを食べ比べた感想

さて、7種類の食べ比べが終わりました。全体の感想としては、どれも美味しいけど思ったより普通だったということです。

前回食べ比べたプリッツは、チョコレートという縛りがない分、甘い味も塩辛い味も自由自在でした。

それに比べ、ポッキーは全てチョコレートコーティングという縛りがあるためか、どれを食べてもさほど驚きがないというか、こんな感じだろうという想像の範囲内の味と言うか…。

もちろん、全て平均以上の満足度なのですが、個人的にはもっと予想外のフレーバーがあっても面白いのでは?と思いました。

ポッキーは美味しいのがデフォルトなので、初めの期待値が高すぎたのかもしれません。

ポッキーのおすすめランキング

では、個人的なポッキーのおすすめランキングを発表します。

第7位:癒しのミルク

癒しのミルク

何処までもマイルド、全て平均点。ゆえに印象に残らない。人に例えるなら、いつも友達で終わるタイプ。そういう人、いますよね…

→ ポッキー癒やしのミルクをAmazonでさがす

第6位:冬のくちどけポッキー

冬のくちどけポッキー

季節的に、まだ冬のポッキーには早すぎたかもしれません。真冬だったら、また違う印象になる可能性ありです。洋酒っぽい香りの大人なチョコは、好き嫌いが分かれるかも。

→ 冬のくちどけポッキーをAmazonでさがす

第5位:つぶつぶいちご ハートフル

つぶつぶいちご ハートフル

プレッツェルの形にまでこだわった、女子力満点のイチゴポッキーです。甘酸っぱい味が魅力ですが、上位に入るにはあと一歩及ばずでした。

第4位:ザ・ミルク

ザ・ミルク

今現在、レギュラーから外れてしまったようですが、ザクザクした食感とメリハリの効いた味はなかなかでした。また復活するのを楽しみにしています。

第3位:アーモンドクラッシュ

アーモンドクラッシュ

金色の箱が見るからに高級な印象です。高い、少ない、だけど美味しい!ツブツブのない昔のアーモンドポッキーも好きでした。

→ ポッキーアーモンドクラッシュをAmazonでさがす

第2位:極細

極細

貧乏くさいと言われるのを承知の上であえて言いましょう。沢山食べれてお得です。オシャレに見えて、しかも美味しい!

→ ポッキー極細をAmazonでさがす

第1位:チョコレート

ポッキーチョコレート

定番のチョコレートは最強でした。非の打ちどころがありません。味だってコスパだって全て最高です!

→ ポッキーチョコレートをAmazonでさがす

スポンサーリンク

さいごに

いかがでしたでしょうか?

季節によって、またはお出かけ先で、新しい味のポッキーに出会う事も多いですよね。

今回は手に入れられませんでしたが、サービスエリアなどで時々見かける地元ポッキーというお土産用ポッキーは、現在7種類発売されているそうです。

また、ポッキーは日本だけでなく、アジアを中心に世界約30カ国以上で展開されているそうですよ。

どんな味だろう?と興味がある方は、ぜひいろいろ食べ比べてみてくださいね。



ポッキーのおすすめ比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください