【麻婆豆腐の素・13種食べ比べとおすすめランキング】丸美屋・味の素・永谷園等の徹底比較

麻婆豆腐の素 比較

面倒な料理の手間を大幅に短縮してくれる「○○の素」。

今回はその中でも古くからある定番商品「麻婆豆腐の素」を13種類集めて食べ比べてみました。

スーパーなどで普段目にする麻婆豆腐の素はせいぜい3,4種類でしたが、ちょっと集めただけでもこれだけ揃うんですね。

今回初めて知ったのですが、麻婆豆腐の素はメーカーやシリーズによって料理方法にもそれぞれ違いがありました。

商品ごとにレビューをした後、最後にタイプ別のおすすめランキングも発表しますのでお楽しみに。

まずは、麻婆豆腐と言えばこちら。何処のお店でも見かける丸美屋の麻婆豆腐の素です。

辛さ別に3種類発売されています。

それではさっそく食べ比べしていきましょう。

丸美屋 麻婆豆腐の素<甘口>

丸美屋 麻婆豆腐の素<甘口>
  • 内容量:162g(3人前×2)
  • カロリー(1人前27g):65kcal
  • 価格:203円
丸美屋 麻婆豆腐の素<甘口>

パッケージからもわかるように、こちらは1箱に3人前が2回分入っています。

タレの量を見ると少ない印象ですが、1袋につき水を1カップ弱加え、さらにトロミ粉を水で溶き、後で豆腐と合わせるので出来上がりの量は十分です。

味はというと、子どもの頃給食で食べたような懐かしくて優しい味の麻婆豆腐です。

辛味はほとんど感じず、ゴマ油の香りが効いています。子供からお年寄りまでどなたでも美味しく食べられると思います。

水を沢山加えて煮込み、最後にトロミも付けなければいけないのでこの手の商品の中では手間がかかる部類です。

スポンサーリンク

丸美屋 麻婆豆腐の素<中辛>

丸美屋 麻婆豆腐の素<中辛>
  • 内容量:162g (3人前×2)
  • カロリー(1人前27g):62kcal
  • 価格:203円
丸美屋 麻婆豆腐の素<中辛>

口に入れた時には辛味を感じませんが、後から辛さがきます。

日本人の多くが想像する麻婆豆腐に一番近いと思います。

中華料理らしいコクのある旨味でご飯が進みます。

甘口同様、水を加えて煮込み、さらにトロミもつけるタイプです。

丸美屋 麻婆豆腐の素<辛口>

丸美屋 麻婆豆腐の素<辛口>
  • 内容量:162g(3人前×2)
  • カロリー(1人前27g):62kcal
  • 価格:203円
丸美屋 麻婆豆腐の素<辛口>

さすが辛口、口に入れた瞬間ピリピリした辛さが舌を刺激します。

辛さだけでなく旨味もあるので次々口に入れたくなります。

食べ進めるにつれ、鼻の頭に汗をかきます。

首から上の毛穴が広がる辛さでした。

こちらも水を加えて煮込み、トロミを付けるタイプです。

丸美屋 贅を味わう 麻婆豆腐の素<中辛>

丸美屋 贅を味わう 麻婆豆腐の素<中辛>
  • 内容量: 180g (2~3人前)
  • カロリー(1人前60g):143kcal
  • 価格:267円
丸美屋 贅を味わう 麻婆豆腐の素<中辛>

今までの麻婆豆腐は何だったのか?と思わせる本格麻婆豆腐が登場です。

本場の麻婆豆腐は、しびれる辛さと花椒(ホアジャオ)の豊かな香りが特徴ですよね。

こちらの贅を味わう 麻婆豆腐の素には、その花椒(ホアジャオ)が別添えでついています。

中辛といっても侮ることなかれ。普通の辛口より間違いなく辛いです。

香味油、ラー油たっぷり、肉たっぷり。

見た目からして贅沢なのに、作り方は調味ソースに豆腐を入れて煮込むだけ。

手間をかけず本格麻婆豆腐が味わえます。

普通の麻婆豆腐が物足りない人、本場の麻婆豆腐が好きな人は、一度試す価値ありです。

丸美屋 贅を味わう 麻婆豆腐の素<辛口>

丸美屋 贅を味わう 麻婆豆腐の素<辛口>
  • 内容量:180g(2~3人前)
  • カロリー(1人前60g):140kcal
  • 価格:267円
丸美屋 贅を味わう 麻婆豆腐の素<辛口>

これは、辛い。一口食べただけで、体中の毛穴が広がるのを感じます。

香りも辛さも本場の麻婆豆腐。

辛さの中に深い旨味を感じ、辛いけど食べるのをやめられない中毒性があります。

オイスターソース、甜面醤、豆鼓と3種の調味料を使用した贅沢なコクと旨味が口の中に広がります。

調味ソースに豆腐を入れて煮込むだけなので調理はとても簡単です。

味の素 Cook Do 四川式麻婆豆腐用<中辛>

味の素 Cook Do 四川式麻婆豆腐用<中辛>
  • 内容量: 106.5g (3~4人前)
  • カロリー(1人分30g):55kcal
  • 価格:170円
味の素 Cook Do 四川式麻婆豆腐用<中辛>

食べるとほのかに豆鼓、豆板醤、花椒の風味を感じ、確かに四川風麻婆豆腐寄りの味わいです。

辛味も辛すぎず、ちょうどいい具合に調整されています。

本場の麻婆豆腐とはいかないけれど、日本の麻婆豆腐でもない、ちょっとだけ本場感を味わいたい人はこちらがおすすめかも。

ただ、こちらの商品はひき肉を用意して炒め、ソース、豆腐を加えて…と手間がかかるのが難点です。

味の素 Cook Do 広東式麻婆豆腐用

味の素 Cook Do 広東式麻婆豆腐用
  • 内容量:135g(3~4人前)
  • カロリー(1人分39g):47kcal
  • 価格:170円
味の素 Cook Do 広東式麻婆豆腐用

こちらもひき肉を用意して炒める必要があります。

オイスターソースをたっぷり使用した広東式麻婆豆腐ということで、辛さはあまり感じません。

いたって普通の麻婆豆腐です。

美味しいけど、辛味がないので麻婆豆腐としては何となく物足りなさを感じてしまいました。

味の素 CookDo あらびき肉入り白麻婆豆腐用

味の素 CookDo あらびき肉入り白麻婆豆腐用
  • 内容量:140g(3~4人前)
  • カロリー(1人分40g):40kcal
  • 価格:203円
味の素 CookDo あらびき肉入り白麻婆豆腐用

濃厚白湯に、花椒(ホアジャオ)を効かせたさわやかな辛さが特徴だそうです。

実際に食べると花椒(ホアジャオ)はあまり感じませんでした。

あらびき肉と白湯スープの組み合わせは、一般的な麻婆豆腐のイメージから遠いものの、これが意外な美味しさでした。

旨味たっぷりマイルドな味は、葉物野菜と組み合わせても美味しそうです。

麻婆豆腐ではないけど、この味はありです!

作り方は、ソースに少し水を加えてのばし豆腐を加えて煮込むだけです。

味の素 CookDo あらびき肉入り甘麻婆豆腐用

味の素 CookDo あらびき肉入り甘麻婆豆腐用
  • 内容量:140g (3~4人前)
  • カロリー(1人分40g):44kcal
  • 価格:203円
味の素 CookDo あらびき肉入り甘麻婆豆腐用

こちらもちょっとだけ水を加えてソースをのばし、煮込むタイプの素です。

ひき肉は必要ありません。

甘麻婆という名の通り甜麺醤、オイスターソースを使用した、辛味のないまろやかな味わいです。

味噌を使って自宅で作る麻婆豆腐の味に一番近いのがこれかもしれません。

セブンプレミアム ひき肉入り麻婆豆腐の素<甘口>

セブンプレミアム ひき肉入り麻婆豆腐の素<甘口>
  • 内容量:137g (3~4人前)
  • カロリー(1人分39g):59kcal
  • 価格:138円
セブンプレミアム ひき肉入り麻婆豆腐の素<甘口>

こちらは水をたっぷり加えて煮込むタイプです。

水を多く加える点は丸美屋と同じですが、トロミづけは不要なのでその分簡単です。

初めは水と素がなじまない感じですが、加熱が進むと自然と混ざります。

ちょっと塩気が強く感じましたが、マイルドで万人受けする味だと思います。

辛味はほとんど感じませんでした。

セブンプレミアム ひき肉入り麻婆豆腐の素<中辛>

セブンプレミアム ひき肉入り麻婆豆腐の素<中辛>
  • 内容量:137g (3~4人前)
  • カロリー(1人分39g):55kcal
  • 価格:138円
セブンプレミアム ひき肉入り麻婆豆腐の素<中辛>

こちらは中辛という事で適度な辛味があります。

たっぷりの水を加えて煮るため、豆腐に餡の味が良くなじんでいます。

甘口を食べた時にも感じましたが、セブンプレミアムの素はひき肉の含有量が多くて好感が持てます。

coop 麻婆豆腐の素<中辛>

coop 麻婆豆腐の素<中辛>
  • 内容量:200g(3~4人前)
  • カロリー(1人分50g):56kcal
coop 麻婆豆腐の素<中辛>

トロミも水も加える必要なく、素を煮たてて豆腐と一緒に温めれば完成という最も手間のかからないタイプです。

全体的にマイルドでほんのちょっと辛味のある日本風麻婆豆腐としては、一番味のバランスが良く、美味しいと思いました。

生協のお店や共同購入でしか買えないかもしれませんが、これはおすすめです。

お肉もたっぷり入っていて、食べごたえもあります。

永谷園 ひき肉入り麻婆豆腐の素<中辛>

永谷園 ひき肉入り麻婆豆腐の素<中辛>
  • 内容量:100g(2~3人前)
  • カロリー(1人前33g):27kcal
  • 価格:127円
永谷園 ひき肉入り麻婆豆腐の素<中辛>

マイルドな味わいで一般的な麻婆豆腐と思いきや、奥底に中華スパイスの風味を感じました。

原材料を調べると、なるほど豆?醤(豆みそ)や花椒を使用しています。

中辛と言っても辛さはあまり感じず食べやすかったです。

ただ、少し塩気が強いような気がしました。

スポンサーリンク

麻婆豆腐の素・タイプ別おすすめランキング

13種類を食べ比べましたので、さいごにタイプ別おすすめランキング発表です。

本格麻婆ランキング

一度食べたら癖になる、本場中国の味に近い麻婆豆腐ランキングです。

5位:永谷園 ひき肉入り麻婆豆腐の素<中辛>

永谷園 ひき肉入り麻婆豆腐の素

4位:丸美屋 麻婆豆腐の素<中辛>

4位:丸美屋 麻婆豆腐の素<中辛>

3位:味の素 Cook Do 四川式麻婆豆腐用<中辛>

3位:味の素 Cook Do 四川式麻婆豆腐用<中辛>

2位:丸美屋 贅を味わう 麻婆豆腐の素<辛口>

2位:丸美屋 贅を味わう 麻婆豆腐の素<辛口>

1位:丸美屋 贅を味わう 麻婆豆腐の素<中辛>

1位:丸美屋 贅を味わう 麻婆豆腐の素<中辛>

これはまあ予想通りといいますか、油のコクとスパイスの香りを重視した丸美屋の贅を味わう麻婆豆腐が1位2位を独占しています。

ただ、今回試せなかったcookDoシリーズの中には、丸美屋に負けない本格派麻婆の素があるかもしれません。

今後どこかで見かけたら是非試してみようと思います。

一般的麻婆豆腐

5位:味の素 CookDo あらびき肉入り白麻婆豆腐用

5位:味の素 CookDo あらびき肉入り白麻婆豆腐用

4位:丸美屋 麻婆豆腐の素<甘口>

4位:丸美屋 麻婆豆腐の素<甘口>

3位:丸美屋 麻婆豆腐の素<辛口>

4位:丸美屋 麻婆豆腐の素<中辛>

2位:coop 麻婆豆腐の素<中辛>

2位:coop 麻婆豆腐の素<中辛>

1位:丸美屋 麻婆豆腐の素<中辛>

1位:丸美屋 麻婆豆腐の素<中辛>

やはり丸美屋は強かった!

水を入れたりとろみをつけたりと、1位の麻婆豆腐の素は手間がかかりますが、食べ比べてみるとやっぱり美味しいです。

特に中辛は辛味と旨味のバランスが最高で、長い間愛されてきた理由がよくわかりました。

2位のcoopの麻婆豆腐は、水もトロミも加えず、豆腐を入れて温めれば出来上がりというお手軽さ。

面倒なことが嫌いな人には超おすすめです。

みなさんも、この機会にさまざまな麻婆豆腐の素を試してみてはいかがでしょうか。



麻婆豆腐の素 比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。