【ミックス豆の比較とおいしさランキング】いなば、キューピー、マルヤナギ、カネハツ等9種食べ比べ

ミックス豆の食べ比べ比較

糖質制限ダイエット、流行ってますよね。

かくいうワタクシも、夕飯にお米を食べなくなっただけで体重の増加が止まりました。

真剣にダイエットをしたわけでもないのに、増える一方だった体重の増加が止まるなんて糖質制限スゴイ!!

効果が見えると俄然モチベーションが上がりますね。

さらに朝か昼、糖質制限できれば体重減るんじゃないかしら?ちょっと頑張ってみようかしら?という気になってきました。

ただ、もともとお米もパンも麺も大好きですので炭水化物断ちは到底無理。

そこで考えたのが主食の代わりに豆を食べるゆる~い方法です。

糖質ダイエットのために豆を食べればいい!?

「お米がダメなら、お豆を食べればいいじゃない?」かのマリーアントワネットも確か似たようなことを言っていました。違うか(笑)

実際試せばわかりますが、白米の100gはあっという間に食べれても、豆を100g食べるのって結構大変。

ダイエットなら主食の代わりにキャベツがいい!とも言われておりますが、牛やウサギじゃあるまいし草ばっかりそんなに食べられませんって。

個人的には豆、たまにキャベツぐらいでちょうどいいと思うわけです。

豆なら同じ穀物なので満足感もあり、イソフラボンや食物繊維など不足しがちな栄養素も補給できて一石二鳥。

調べてみたところ、ご飯100gに含まれる糖質は36.8g、それに対して大豆100gの糖質は7g、ひよこ豆でも11gだそうですよ。

ありがとう、豆!

ゆるーいダイエットの救世主とも呼べる豆ですが、ただ一つ難点は手間がかかること。

水に浸して煮るところは米と変わりないですが、豆は柔らかくなるまで時間がかかるし、目を離すと吹きこぼれるのが厄介です。

スポンサーリンク

ミックス豆をおすすめする理由

そこでおすすめなのが最近人気のミックス豆。

3種類以上の豆が混ざったミックス豆は、赤白緑と見た目もきれいですし、それぞれ歯ごたえや味が違うので1種類だけより食べ飽きないのが良いところ。

加熱調理済みなのでそのまま食べてもよし、料理に使うもよし、そして何となくオシャレに見えます。(←ここ大事)

ミックス豆9種類を食べ比べてみた

さて今回は、そんなミックス豆9種類を実際に食べ比べてみることにします。

ミックス豆の食べ比べ

売り場には缶詰、スタンドパック、真空パックと様々なタイプのミックス豆が売られています。

見た目はどれも同じような感じですが、果たして味に違いはあるのでしょうか?

一番お得な豆はどれ?

これだけ種類があるんだから、まさかどれも同じって事はないはず…?

ミックス豆9種類の中身を比較

まずは試食の感想です。

※価格は、エレナ、ダイキョーバリュー、オムニ7調べ

いなば ミックスビーンズ

いなばミックスビーンズ
  • メーカー:いなば
  • 商品名:ミックスビーンズ
  • 内容量:110g
  • 容器:缶
  • 価格:¥138
  • 10g単価:¥13
  • 豆の種類:3種類<ガルバンゾ(ひよこ豆)、マローファットピース(青えんどう豆)、レッドキドニー(赤いんげん豆)>
いなばミックスビーンズ

ミックスビーンズの王道、ひよこ豆、青えんどう豆、赤いんげん豆の3種類が入ったドライタイプの缶詰です。

今回試した9商品中5つがこの3種類の組み合わせでした。

ひよこ豆は柔らかく、軽く噛むだけで口の中でほぐれました。

青えんどうも柔らかですが、熟しすぎた豆特有のザラつきを少し感じました。

赤いんげん豆はしっとり。

うっすらと塩味が付いていますが、さらに味付けをしても邪魔にならない程度です。

いなば 食塩無添加ミックスビーンズ

いなば 食塩無添加ミックスビーンズ
  • メーカー:いなば
  • 商品名:ミックスビーンズ食塩無添加
  • 内容量:110g
  • 容器:缶
  • 価格:¥141
  • 10g単価:¥13
  • 豆の種類:3種類<ガルバンゾ、マローファットピース、レッドキドニー>
いなば 食塩無添加ミックスビーンズ

上記ミックスビーンズの食塩無添加バージョンです。

味に関してはそれぞれの豆そのものの味というより他にありませんが、ひよこ豆も青えんどう豆も塩味付きの缶詰より硬く感じました。

赤いんげん豆は柔らかです。

味付きの方もそれほど濃い味付けでないので、病気などの事情がない限り、わざわざ食塩無添加を選ぶ必要もないかなという感じです。

コープ ミックスビーンズ

coop ミックスビーンズ
  • メーカー:coop
  • 商品名:ミックスビーンズ
  • 内容量:120g
  • 容器:缶
  • 価格:¥129
  • 10g単価:¥10
  • 豆の種類:3種類<ガルバンゾ、マローファットピース、レッドキドニー>
コープ ミックスビーンズ

いなばのミックスビーンズと缶の大きさはほとんど同じですが、内容量が少し多いのでお得感があります。

豆はこちらも定番の3種ミックス。

塩味はほんのり感じる程度で、味はいなばと大差ありません。

ひよこ豆は少しぱさつきがありましたが、青えんどう豆、赤いんげん豆はしっとりと柔らかです。

キューピー サラダクラブ ミックスビーンズ

キューピー ミックスビーンズ
  • メーカー:キューピー
  • 商品名:サラダクラブミックスビーンズ
  • 内容量:50g
  • 容器:スタンドパック
  • 価格:¥129
  • 10g単価:¥25
  • 豆の種類:3種類 <ガルバンゾ、マローファットピース、レッドキドニー>
キューピー サラダクラブ ミックスビーンズ

王道3種ミックスのスタンドパックです。

比べてみると、どの豆も缶詰より若干粒が大きいような気がしましたが、内容量はわずか50gと缶詰の半分以下。

それでいて値段は缶詰と大差ありません。

値段を考えるとかなり割高な気がします。

ただ、味は缶詰より豆そのもの風味が残っている感じがしました。

食べきりサイズなので、外出先でサラダとこの豆を買ってダイエットランチとかには良さそうです。

キューピー サラダクラブ 和豆ミックス

キューピー サラダクラブ 和豆ミックス
  • メーカー:キューピー
  • 商品名:サラダクラブ和豆ミックス
  • 内容量:40g
  • 容器:スタンドパック
  • 価格:¥127
  • 10g単価:¥31
  • 豆の種類:3種類<青大豆、白いんげんまめ、金時豆>
キューピー サラダクラブ 和豆ミックス

和豆ミックスという名の通り、なじみのある豆が3種ミックスされています。

こちらも赤白緑の3色ですが色合いは全体的にぼんやり薄く、王道ミックスのようなコントラストはありません。

ただ、食べてみると食べ慣れた優しい味わいでホッとします。

どの豆もパサつかずしっとり滑らかなので、普通のミックス豆はボソボソして食べにくいという方はこちらをおすすめしたいです。

セブンプレミアム ミックスビーンズ

セブン&アイ ミックスビーンズ
  • メーカー:セブン&アイ
  • 商品名:ミックスビーンズ
  • 内容量:50g
  • 容器:スタンドパック
  • 価格:¥116
  • 10g単価:¥23
  • 豆の種類:3種類<ガルバンゾ、マローファットピース、レッドキドニー>
セブンプレミアム ミックスビーンズ

こちらはセブン&アイのミックスビーンズですが、製造元を見るとキューピーとなっていました。

ということは、上記サラダクラブのミックスビーンズと中身はほぼ同じだと考えられます。

食べ比べてみても、はっきりした味の違いは判りませんでした。

中身が完全に同じものだとすると、こちらの方が若干値段が安いです。

イチビキ サラダ豆

イチビキ サラダ豆
  • メーカー:イチビキ
  • 商品名:サラダ豆
  • 内容量:130g
  • 容器:真空パック
  • 価格:¥105
  • 10g単価:¥8
  • 豆の種類:4種類<大豆、ひよこ豆、青大豆、レッドキドニー>
イチビキ サラダ豆

今まで食べたミックス豆はすべて3種ミックスでしたが、こちらは大豆が加わった4種の豆のミックスです。

また、今までのミックス豆がドライパックだったのに対し、こちらは水煮タイプの真空パック。

煮汁が若干含まれています。

大豆メインなので全体としてしっとり柔らかな噛み応えです。

ただ、ひよこ豆だけ食べると豆は硬めで口の中でザラつく感じでした。

塩味が付いていますが、こちらも他の味付けの邪魔にならない程度です。

カネハツ サラダに!まめ

カネハツ サラダに!まめ
  • メーカー:カネハツ
  • 商品名:サラダに!まめ
  • 内容量:125g
  • 容器:真空パック
  • 価格:¥105
  • 10g単価:¥8
  • 豆の種類:4種類<大豆、青大豆、ひよこ豆、赤いんげん豆>
カネハツ サラダに!まめ

上記イチビキのサラダ豆同様、大豆入り4種類ミックスです。

こちらも少し水分が残っており、開封すると煮汁が出ます。

煮汁が幸いしているのか、全体的にしっとりまとまっています。

塩だけでなく砂糖も少し使われているので、後味にかすかに甘さが残ります。

薄味ですが塩と砂糖の味付けのバランスが良いのか、このままで十分美味しいです。

特にひよこ豆は、ホクホクしながらもざらつかない絶妙な食感でとても美味しかったです。

マルヤナギ おいしい蒸し豆

マルヤナギ おいしい蒸し豆
  • メーカー:マルヤナギ
  • 商品名:おいしい蒸し豆
  • 内容量:85g
  • 容器:不活性ガスパック
  • 価格:¥127
  • 10g単価:¥15
  • 豆の種類:5種類<大豆、青えんどう、ひよこ豆、赤いんげん豆、黒大豆>
マルヤナギ おいしい蒸し豆

今回試した中で豆の種類が一番多く、5種類の豆がブレンドされています。

上記真空パックの物とは違い、こちらはドライタイプの蒸し豆でした。

それぞれの豆の味をしっかり感じることができます。

ひよこ豆、黒豆はしっとり、他の豆も全部柔らかくて美味しかったです。

ミックス豆の各種データと評価一覧表

以上の結果をまとめたものがこちらです。ご覧ください。

ご利用の端末によっては横スクロールで閲覧可能です。
メーカー いなば いなば coop キューピー キューピー セブン&アイ イチビキ カネハツ マルヤナギ
商品名 ミックスビーンズ ミックスビーンズ食塩無添加 ミックスビーンズ サラダクラブミックスビーンズ サラダクラブ和豆ミックス ミックスビーンズ サラダ豆 サラダに!まめ 美味しい蒸し豆
内容量 110g 110g 120g 50g 40g 50g 130g 125g 85g
容器 スタンドパック スタンドパック スタンドパック 真空パック 真空パック 不活性ガスパック
価格 ¥138 ¥141 ¥107 ¥129 ¥127 ¥116 ¥105 ¥105 ¥127
10g単価 ¥13 ¥13 ¥9 ¥25 ¥31 ¥23 ¥8 ¥8 ¥15
豆の種類 3種類 3種類 3種類 3種類 3種類 3種類 4種類 4種類 5種類
原材料 ガルバンゾ、マローファットピース、レッドキドニー、食塩、乳酸カルシウム、酸化防止剤(ビタミンC) ガルバンゾ、マローファットピース、レッドキドニー、乳酸カルシウム、酸化防止剤(ビタミンC) ひよこ豆、青えんどう、赤いんげん豆、食塩、乳酸Ca、酸化防止剤(ビタミンC) ひよこ豆、青えんどう、赤いんげん豆、還元水あめ、食塩、クエン酸 青大豆、白いんげんまめ、金時豆、還元水あめ、食塩、クエン酸 ひよこ豆、青えんどう、赤いんげん豆、還元水あめ、食塩、クエン酸 大豆、ひよこ豆、青大豆、レッドキドニー、海洋深層水、酸化防止剤(ビタミンC) 大豆、青大豆、ひよこ豆、赤いんげん豆、砂糖、食塩、醸造酢、調味料(有機酸)、塩化Ca 大豆、青えんどう、ひよこ豆、赤いんげん豆、黒大豆、食塩、醸造酢、クエン酸鉄ナトリウム
カロリー 136kcal(100g当り) 134kcal(100g当り) 160kcal(120g当り) 74kcal(50g当り) 69kcal(40g当り) 74kcal(50g当り) 147kcal(100g当り) 180kcal(125g当り) 74kcal(43g当り)
評価(味) ★★★ ★★★ ★★★ ★★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★ ★★★★ ★★★★★
評価(コスパ) ★★★★ ★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★

※価格は、エレナ、ダイキョーバリュー、オムニ7調べ

食べておいしかったミックス豆のおすすめランキング

今回食べたミックス豆をおいしさでランキングをつけるなら、以下の順位になります。

5位 キューピー サラダクラブ ミックスビーンズ

キューピー ミックスビーンズ

5位 セブンプレミアム ミックスビーンズ

セブン&アイ ミックスビーンズ

3位 キューピー  サラダクラブ 和豆ミックス

キューピー サラダクラブ 和豆ミックス

2位 カネハツ サラダに!まめ

カネハツ サラダに!まめ

1位 マルヤナギ おいしい蒸し豆

マルヤナギ おいしい蒸し豆

以上の結果となりました。

容器の性質なのかもしれませんが、個人的には缶詰よりパックの方が豆そのものの風味が残っているように思いました。

パック入りのミックスビーンズ

見た目にはほとんど差がないミックス豆ですが、10g当りの単価を比べてみると安いものと高いもので3倍以上の差があります。

しかも、高い=美味しいわけではないのがミックスビーンズの面白いところ。

今回様々なミックス豆を食べてみましたが、思った以上に食べやすく、時々メーカーを変えながらこれからも取り入れようと思いました。

個人的にカネハツのサラダに!まめやマルヤナギの美味しい蒸し豆はリピ決定です。

スポンサーリンク

さいごに

ミックスビーンズに含まれる「ひよこ豆(ガルバンゾ)」は、ビタミンB1、ビタミンB6、葉酸、マグネシウム、カリウム、銅、モリブテンを多く含みます。

「青えんどう豆(マローファットピース)」は、ビタミンB1、銅、モリブテンを、「赤インゲン豆(レッドキドニー)」はアントシアニン、鉄分、カルシウム、不溶性食物繊維を豊富に含んでいます。

また、大豆に多く含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをするので、更年期の女性は特に積極的に豆製品を食べたほうが良いそうですよ。

栄養たっぷりで糖質が低く、食べごたえのある豆はダイエットにもぴったり。

皆さんもミックス豆でゆるーくダイエットをしてみてはいかがでしょうか。



ミックス豆の食べ比べ比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。