Yahooブックストア読み放題のオフライン機能は便利。Tポイントを使えるのが特徴

Yahooブックストア読み放題は、Yahoo!が運営する定額読み放題サービスです。

少女漫画、少年漫画、小説、ライトノベル、雑誌を中心に、約35万冊のコンテンツをそろえる「Yahooブックストア」の読み放題バージョンですね。

読み放題の対象作品は限られますが、月額400円という安さは魅力。

今回は、Yahooブックストア読み放題の特徴や料金、配信コンテンツ等について紹介しますね。

Yahooブックストア読み放題の特徴と料金

Yahooブックストア

Yahooブックストア読み放題は、雑誌やコミックを楽しめる定額読み放題サービスです。

主な特徴をまとめてみました。

  • 月額料金:400円
  • 無料お試し期間:1ヶ月
  • 配信ジャンル:雑誌・電子書籍・コミック・実用書
  • 雑誌数:40
  • 対応デバイス:スマートフォン・タブレット・PC

月額料金(400円)は、dマガジン(400円)と同等で、楽天マガジン(380円)よりもちょっと高いレベルです。

ですが、dマガジンと楽天マガジンが雑誌オンリーなのに対して、Yahooブックストア読み放題にはコミックや実用書もありますので、実際はお得ですね。

コストパフォーマンスはどうなのでしょうか?

次は配信コンテンツを確認していきましょう。

スポンサーリンク

配信コンテンツのラインナップ

Yahooブックストア読み放題の配信コンテンツについて。

まず結論ですが、配信コンテンツは今のところちょっと物足りない感じがします。

雑誌の品ぞろえはdマガジン、楽天マガジンのほうが上

雑誌の品ぞろえに関しては、今のところ類似サービスのほうが上です。

配信されている雑誌の数をサービスごとにまとめてみました。

  • dマガジン:160
  • Kindle unlimited:200
  • 楽天マガジン:200
  • ビューン:140
  • ブックパス:230
  • ブック放題:150
  • U-NEXT:70
  • タブホ:150
  • Yahooブックストア読み放題:40

Yahooブックストア読み放題が圧倒的に少ないですね。

しかもエコノミスト、サンデー毎日、サイゾーといった有名誌はあるものの、その他はグルメ、アウトドア系雑誌がほとんどです。

yahooブックストア読み放題

暇つぶしに読むような場合は問題ないと思いますが、雑誌に詳しい方にはちょっと物足りないでしょう。

コミックもコアな作品ばかり

コミック(漫画)についても、今のところメジャー作品がありません。

週間ランキング上を見ても、お見合いはあなどれない、ラブルートゼロ、光降る朝、おしりのふた、西から来た男、社宅残酷物語といった渋い顔ぶれ。

yahooブックストア読み放題

申し訳ないですが、ぼくのような漫画に詳しくない人間は知らない作品ばかりですね。

ただ、読み放題対象の漫画は約1万冊ありますので、「知らない作品を片っ端から読みたい方」には良いかもしれません。

便利な機能とメリット

Yahooブックストア読み放題の便利な機能とメリットについても確認しておきましょう。

オフライン機能が便利

ネット環境がなくてもストレスフリーで本を読める、オフライン機能は便利です。

ブラウザーでしか読めなければ、Wi-Fiか、3G回線がなければ利用できませんからね。

読みたい雑誌や本をあらかじめダウンロードしておけば、電車の中でもサクサク読めます。

パソコンでも使える

Yahooブックストア読み放題は、パソコンでもコンテンツを楽しめます。

スマートフォンやタブレットをあまり使わない「パソコン派」の方でも、問題なく使えるでしょう。

Tポイントが貯まる、使える

利用金額に応じてTポイントが貯まるのも魅力。

通常会員なら利用金額の1%、プレミアム会員なら2%のTポイントが貯まります。

月額料金400円で計算すると、通常会員で4ポイント、プレミアム会員で8ポイントが貯まる計算ですね。

Tポイントの使い道は多いので、こまめに貯めていきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

Yahooブックストア読み放題は、コンテンツの充実度が微妙かもしれません。

雑誌ならdマガジンか楽天マガジン、コンテンツの豊富さならKindle unlimitedかブックパス、ブック放題のほうが良いでしょう。

Yahooブックストアには35万冊以上もありますので、今後読み放題サービスの対象作品が増えることを願っています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。