【クラウド会計ソフトのおすすめ比較】MFクラウド確定申告・freee・やよいの青色申告オンラインを使い比べた

クラウド会計ソフトおすすめ比較

個人事業主(フリーランス)にとって、経理は大切な仕事ですよね。

以前までは会社の経理部がやってくれていたことを、独立開業後は自分でやることに。

慣れないうちはたいへんですが、お金の流れを勉強するいい機会になると思います。

ただ、エクセルで経理作業をしているならば、そのうち限界がくるはず。

とくに複式簿記が必要になる青色申告にしている人は、管理すべき帳票が多いため、確定申告の時期は気が滅入るでしょう。

そんなときに便利なのが、クラウド会計ソフトです!

ネット環境さえあればどこでも経理作業ができ、自動仕訳や自動計算機能もあって、レポートまで用意してくれます。

月々1,000円以下で使えるサービスが多いので、コスト面の不満もありません。

今回は、とくに評価の高いMFクラウド確定申告、freee、やよいの青色申告オンラインの3つを比較してみます。

実際に登録してみて、使いやすさなどを調査してみました!

MFクラウド確定申告とは?

MFクラウド確定申告のトップページ

MFクラウド確定申告とは、株式会社マネーフォワードが提供するクラウド会計ソフトのこと。

MFクラウドには、次のような様々なバージョンがあります。

  • MFクラウド会計
  • MFクラウド請求書
  • MFクラウド確定申告
  • MFクラウド給与
  • MFクラウドマイナンバー

今回利用するのは、青色申告・白色申告をする人向けの「MFクラウド確定申告」です。

あくまでも個人的な感想ですが、このサービスは「初心者・中級者向け」だと思います。

MFクラウド確定申告(クラウド会計ソフト)を使ってみた。料金・無料お試し期間・使いやすさなどのまとめ

2017.08.07

スポンサーリンク

freeeとは?

freeeのトップページ

freeeとは、freee株式会社が提供するクラウド会計ソフトのこと。

クラウド会計ソフトの先駆け的存在です。

ブログやSNSなどでもfreeeの名前をよく見かけるようになりましたが、それだけ普及しているのでしょう。

あくまでも個人的な感想ですが、freeeは「初心者向け」だと思います。

freee(クラウド会計ソフト)を使ってみた。料金・無料お試し期間・使いやすさなどのまとめ

2017.08.07

やよいの青色申告オンラインとは?

やよいの青色申告オンラインのトップページ

やよいの青色申告オンラインとは、弥生株式会社が提供するクラウド会計ソフトのこと。

会計ソフトの「弥生(やよい)」は、経理の分野では知らない人はいないでしょう。

このサービスは満を持して登場した、弥生のオンライン版ですね。

あくまでも個人的な感想ですが、やよいの青色申告オンラインは「中級者以上向け」だと思います。

やよいの青色申告オンライン(クラウド会計ソフト)を使ってみた。料金・無料お試し期間・使いやすさなどのまとめ

2017.08.07

料金プラン・無料お試し期間など、主な特徴を比較

それでは次に、各社の主な特徴をまとめて比較してみましょう。

料金プランや無料お試し期間、ターゲットやアプリの有無などをまとめてみました。

MFクラウド freee やよいの青色申告
ターゲット 初心者・中級者向け 初心者以上向け 中級者以上向け
料金プラン 月額800円〜 月額980円〜 年額8,640円〜(初年度無料)
無料お試し期間 30日 30日 1年間
登録にかかる時間 1分 5分 1分
導入のしやすさ
仕訳方法 自動&手動 自動&手動 自動&手動
使いやすさ
動作スピード
レポート
アプリ

どれもハイクオリティーだったので、甲乙つけがたい感じですね。

中級者以上にとっては使い勝手はさほど変わらない

正直言って、中級者以上にとっては使い勝手はさほど変わらないと思います。

経理初心者や開業して間もないような人は、初心者でも簡単に使えるMFクラウド確定申告やfreeeを選べばOKですが、基礎知識のある人は「インターフェイスの好き好き」で選ぶしかないでしょうね。

身も蓋もなく聞こえるかもしれませんが、正直な感想です…。

見るべきポイントは料金・動作スピード・レポートの3点

では、クラウド会計ソフトはどこに着目して選べばいいのか?

それは次の3点です。

  • 料金
  • 動作スピード
  • レポート

料金的にはやよいが一番安くて、MFクラウド確定申告とfreeeはほぼ同じ。

しかもやよいは1年間無料で使えます。

動作スピードは、MFクラウドとfreeeはサクサク動きますが、やよいは改善の余地あり。

レポートについては、やよいが最も充実しており、MFクラウドとfreeeは必要最小限という感じでした。

インターフェイス

次は、各社のインターフェイスを見ていきましょう。

▼MFクラウド確定申告のインターフェイスはシンプルながら、細かい説明が記載されていて、とても親切ですね。

MFクラウド確定申告の入力画面

複式簿記の情報も網羅されているので、使いながら知識を習得できそうです。

個人的にはいちばん気に入りました。

▼freeeのインターフェイスもシンプルです。

freeeの入力画面

入力すべきところがそもそも限定されているので、初心者でも迷うことがないでしょう。

超初心者におすすめですね。

▼やよいの青色申告オンラインのインターフェイスもなかなか使いやすいですよ。

やよいの青色申告オンラインの入力画面

ただ、説明書きがほとんどないので、慣れるまでは大変かも

基本的に「経理の基礎知識をわかっている前提」の仕様だと思います。

レポート・その他付加機能など

次に、レポートなどの付加機能を比較していきましょう。

▼MFクラウド確定申告のレポートはそれほど多くありませんが、必要なものが揃っている感じです。

MFクラウド確定申告のレポート

▼仕訳帳もこのとおり。

MFクラウド確定申告のレポート

個人事業主が経営分析をするには、充分なレベルだと思います。

▼freeeのレポートも必要最小限ですね。

freeeのレポート

契約プランのグレードが上がるに連れて、レポートの種類も増えていきます。

▼個人的に気に入ったのは、見積書の作成機能。

freeeの見積書

かんたんに見積書が作成できました。

エクセルやワードで見積を作っている人は、この便利さに驚くと思います。

▼やよいの青色申告オンラインは、帳票類がとても充実しています。

やよいの青色申告オンラインのレポート

これだけの書類をオンライン上で管理できるなんて、めっちゃ効率的ですよね。

▼さらにレポート類も他社に比べて充実しています。

やよいの青色申告オンラインのレポート

さすがは経理ソフト専門の会社が作ったサービスですね。

おすすめのサービスを選んでみた!

最後に、独断と偏見でおすすめのクラウド会計ソフトを選んでみます。

どれも甲乙つけがたいクオリティーだったので、それぞれの強みをピックアップしてみました。

  • インターフェイスの見やすさ・使いやすさなら:MFクラウド確定申告
  • 初心者でも安心できるものをお探しなら:freee
  • レポート類の豊富さを求めるなら:やよいの青色申告オンライン

MFクラウド確定申告は、とにかく使いやすい。

インターフェイスが見やすいところも気に入りましたが、ところどころの説明書きがとても親切なので、すぐに慣れました。

freeeはとにかく洗練されていて、かなり使いやすいです。

初心者に「おすすめはどれ!?」と聞かれたら、間違いなくfreeeを推すでしょう。

やよいの青色申告オンラインも、かゆいところに手が届くすばらしいサービスでした。

ただ、動作スピードがちょっと遅かったので、長期的にはストレスが溜まりそう。

ぼくの使用環境の問題かもしれませんが、他社に比べて「待ち」が長かったです。

スポンサーリンク

まとめ

最終的に、ぼくは「MFクラウド確定申告」と契約することにしました。

他のサービスも素晴らしかったのですが、親切な仕様がとても気に入りました。

おかげで経理作業が効率化されたので、次の確定申告が楽しみです。

すいません… うそです…。

楽しみではありませんが、前よりは楽になるはずです!



クラウド会計ソフトおすすめ比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。