おすすめウイスキー10種類を飲み比べ!サントリー山崎蒸溜所レポート

おすすめウイスキー10種類を飲み比べ!サントリー山崎蒸溜所レポート

「ウイスキーって、ちょっと大人の飲み物」だと思っていませんか?

バーでひとり、静かにグラスを傾ける、別世界のお酒……。

そんな風に思っているなら、もったいない!

ウイスキーは、色んな飲み方ができ、アルコール度数も調節しやすいため、老若男女にオススメのお酒です。

私は、20代からウイスキーが好きでよく飲んでいます。

こんにちは。元バーテンダーのヒトミです。

ウイスキーは、焼酎と同じ、蒸留酒。(蒸留酒については、あとでくわしく説明します)

焼酎のように、水割り、ロック、お湯割りと、さまざまな方法で飲むことができます。

ウイスキーをソーダで割ると、アルコール度数が下がって、飲みやすいハイボールになりますよね。

家でのリラックスタイムにぴったりだし、バーでちょっとウイスキーを飲んでいる姿も、カッコイイ。

今回は、「ウイスキーを飲んでみたいけど、違いがよくわからない」というあなたのために、

  • サントリー山崎蒸留所の見学レポート
  • 世界の主なウイスキー10種を飲み比べた味の違い

を紹介します!

これさえ読めば、ウイスキーの基礎知識はばっちりですよ♪

工場見学ランキング第3位!山崎蒸溜所レポート

週末の予約が取れないことで有名な、サントリー山崎蒸溜所

京都と大阪のあいだにあるこの工場は、ウイスキーの製造工程が見られる上、試飲もできるとあって大人気です。

山崎蒸溜所は、全国の工場見学&社会科見学ランキングの第3位にも、入っているんですよ。

(参考:トリップアドバイザー「旅好きが選ぶ!工場見学&社会科見学ランキング 2017」

今回は、3つある見学コースのうち、ウイスキー作りの基礎全般を学ぶことができる「山崎蒸留所ツアー」(有料:1,000円)に参加してきました。

何だかすごいマシーンも見られて、とっても楽しかったので、詳しくご紹介します!

すごいマシーン。

山崎は日本のウイスキー発祥の地

実は、日本で初めてウイスキーが作られたのが、ここ、山崎蒸溜所。

日本人の味覚に合うウイスキーを作るため、古くから名水の里として知られている、山崎が選ばれました。

山に囲まれた蒸溜所は、空気が澄んでいて、見学が始まる前からワクワクします。

ウイスキーの製造工程は、大きく分けると次の4つ。

  • 仕込み
  • 発酵
  • 蒸溜
  • 熟成

その全てが、ここ山崎蒸溜所で行われています。

さっそく、それぞれの工程を見ていきましょう。

工程1.仕込み

ウイスキー「山崎」の製造はまず、原料となる水と麦芽(ばくが:麦の粒を発芽して乾燥させたもの。モルトともいう)を混ぜ合わせ、麦汁(ばくじゅう)を作るところから始まります。

水の温度は約60℃だそうで、仕込み室の中は、まさにビールを温めたかのような、麦の匂いが立ち込めていました。

麦汁には、麦のデンプンから変化した糖分が含まれていますが、まだアルコールはない状態です。

工程2.発酵

麦と水から作られた麦汁は、写真の発酵槽(はっこうそう)に酵母とともに入れられ、3日間発酵します。

酵母とは、納豆やヨーグルトなどの、発酵食品にも使われている微生物。

この酵母の働きにより、麦汁はアルコールと糖分に分解されます。

そしてもろみと呼ばれる、アルコール度数7%の、ビールに近い液体ができあがるのです。

しかし、ウイスキー「山崎」のアルコール度数は43%。

ここから、どうやってアルコールを強くしていくのでしょうか。

工程3.蒸溜

ここでやっと、さきほど紹介した、すごいマシーンが出てきました。

これは蒸溜釜(じょうりゅうがま)という、もろみを蒸留するためのマシーンです。

もろみを中に入れ、下から加熱し沸騰させると、気体となったアルコールが上にあがります。

その気体を冷却水で冷やすと、アルコール度数20%の液体になります。

これが「蒸溜」という工程です。

もろみの水分とアルコールの沸点が違うため、アルコールだけが先に気体となり、取り出すことができます。

ちなみに、酵母で発酵させた液体を、蒸留せずに作ったお酒を醸造酒(じょうぞうしゅ)といい、ワインや日本酒・ビールなどがあります。

一方、蒸留酒はウイスキーのほかに、焼酎・テキーラ・ジン・ウォッカなどがあります。

ウイスキーの元となる液体、ニューポット。

厳しく温度管理された暑い蒸留室で、2回蒸留がおこなわれ、アルコール度数70%のニューポットが出来上がります。

透明のニューポットは、熟成されることにより、ウイスキーらしい色に変わっていきます。

工程4.熟成

見学ツアーの中でも、とくに人気の撮影スポットが、こちらの貯蔵庫です。

蒸留したてのニューポットは、ここで木製の樽に入れられ、長い熟成期間に入ります。

お酒が外気に触れて徐々に味がまろやかになり、また、樽の色がお酒に移って、茶色くなっていきます。

よく「山崎12年」などと年数が書かれているは、樽の中で12年以上熟成されたお酒だけを使っています、という意味なんです。

時間が経てば経つほど、樽の中のお酒は蒸発して減っていくため、年数が大きいウイスキーほど希少価値が上がり、価格も高くなります。

樽の中の原酒をブレンドして、1本のウイスキーが完成

壁一面に並んだ、ウイスキーの原酒。

樽の中に入っているお酒は「原酒」といい、まだお店のウイスキーの味ではありません。

ブレンダーと呼ばれる職人が、さまざまな原酒を混ぜ合わせ、バランスのとれた味を作り出すのです。

そのなかでも、ウイスキー「山崎」は、山崎蒸溜所の原酒だけで作られています。

いわばウイスキーの赤ちゃんともいえる、原酒っていったい、どんな味なんでしょうか。

さっそくテイスティングしてみましょう!

山崎の原酒をテイスティング

左から、ホワイトオーク樽原酒、ワイン樽原酒、ウイスキー「山崎」。

見学ツアー最後のお楽しみ、原酒のテイスティングでは、ブレンダーがどのように原酒を味わい、表現しているかを体験することができます。

例えば、ホワイトオーク樽とワイン樽の原酒を比べると、ワイン樽のほうが色が濃く、香りも甘い感じがします。

飲む前に色や香りを楽しむ。

原酒の味の表現方法は

  • ホワイトオーク樽…青りんご、バニラアイス、トースト、ビスケット
  • ワイン樽…桃、りんご、チェリー、いちご

などがあるそうです。

こんなに色々な味を表現できるなんて、ブレンダーの仕事って、すごい!

本当に「トースト」や「いちご」の味がするかどうかは、ぜひ実際に飲んで感じてみてください。

テイスティングでは、ウイスキー「山崎」に水を加えたり、ハイボールにしたりして、飲み方の違いも楽しめます。

サントリーのザ・プレミアムソーダは、泡立ちなめらかで飲みやすい。

山崎蒸留所ツアーは、ここで終わりです。

しかしせっかく来たのですから、世界のウイスキーのテイスティングもしていきましょう!

スポンサーリンク

世界のおすすめウイスキー10種を飲み比べ!

山崎蒸溜所には、世界のウイスキーを試飲できる、テイスティングカウンターがあります。

入場は無料。(山崎ウイスキー館見学予約が必要)

テイスティングは有料ですが、山崎12年(15ml)が200円、響17年(15ml)が300円など、破格の値段です。

すべてストレートで提供され、飲食物の持ち込みは禁止なので、飲みすぎに気をつけてください。

ではここからは、私が実際に飲んだ世界のウイスキー10種を紹介します!

ジャパニーズ・ウイスキー

その名の通り、日本で作られているウイスキー。

いずれも、日本人の口に合うように、研究が重ねられた1本です。

山崎12年

「山崎蒸溜所見学ツアー」でテイスティングした、スタンダードな山崎の、12年バージョンです。

バニラや桃のような、芳醇で甘い香りがします。

樽で12年以上熟成された原酒だけを使っているので、味はかなりまろやか。

口に含むと、苦味の奥から、濃厚な甘みが顔をのぞかせる、奥行きのあるウイスキーです。

ヒトミ
香り、味ともに厚みがあっておいしい…! 水割りにするとせっかくの濃厚さが消えてしまいそうなので、ロックスタイルで飲むのが好みかも。

山崎蒸溜所限定シングルモルトウイスキー

山崎蒸溜所で作られている限定ウイスキー。

ボトルにはシリアルナンバーが入っており、売店でも販売されています。

さきほどの山崎12年よりも、スッキリとした控えめな香り。

透明感のある茶色がきれいで、お土産にも最適な1本です。

ヒトミ
ストレートで飲むと、ちょっと味がとがっている感じがします。でも水を足したら、一気に香りが開き、角がとれた飲みやすい味になりました。

白州(はくしゅう)12年

山梨県の、サントリー白州蒸溜所で作られているウイスキーです。

山崎との一番の違いは、スモーキーフレーバー(煙のような香り)があること。

こちらの白州12年は、ほんのり甘いレーズンの香りと、ふっくらとした煙の匂いが、魅惑的な1本。

口の中に、いぶしたような何とも言えない風味が広がり、コーヒーの苦味を愛するように味わうことができます。

ヒトミ
私、スモーキーフレーバーのあるお酒が大好きなんです! 中でも白州は、香りが強すぎず、ちょっと個性的なウイスキーを求めている人におすすめ。

響(ひびき)17年

ボトルのカッティングがきれいな、響。

世界でさまざまな賞を受賞している、サントリーが誇るブレンデッドウイスキーです。

山崎のように、麦芽から作られた原酒だけを使っているものをモルトウイスキー、麦芽以外の穀物を使った原酒も入っているものを、ブレンデッドウイスキーと言います。

響は、まさにブレンダーの技が結集した1本。

甘く華やかな香りが期待させる通り、飲むと優しい舌触りに癒されます。

ウイスキーをあまり飲んだことがないなら、響から始めてみると、飲みやすいかもしれません。

ヒトミ
響には、もう1ランク安い種類もあるのですが、せっかく飲むなら17年がほんとにおすすめ! 非の打ち所のない、上品な味わいで、幸せな気持ちになります。

スコッチ・ウイスキー

ウイスキーの本場、イギリスのスコットランドで作られているのが、スコッチ・ウイスキーです。

ここでは、世界中で飲まれている代表的な3本を紹介します。

ザ・マッカラン ファインオーク 12年

華やかな香りと優しい飲み口で、男女問わずファンが多いマッカラン。

なんとこの日、スタンダードなマッカランは人気のため、売り切れでした。

代わりに頼んだのは、スタンダードなマッカランとは違う種類の樽から作られた、ザ・マッカラン ファインオーク。

バニラの香りが特徴で、ハチミツのような甘さの中に、複雑な味わいを感じました。

ヒトミ
マッカランは、飲む人を選ばないウイスキー。クセのない「おいしいウイスキー」を楽しみたい時に最適です。甘みがあるので、チョコレートを合わせてもおいしい!

グレンフィディック12年

グレンフィディックは、世界で一番飲まれているシングルモルトとして、有名です。

シングルモルトとは、山崎や白州のように、同じ蒸溜所の原酒だけで作られた、モルトウイスキーのこと。

洋梨のようなフルーティで濃厚な香りがしますが、味はほんのりと甘味を感じる程度で、さっぱりしています。

スコッチでどれを飲むか迷ったら、まず飲んでみて欲しい1本です。

ヒトミ
グレンフィディックは、緑色のボトルがきれいです。横から見ると三角形をしている珍しいデザインなので、見かけたらぜひ手に取ってみてください!

バランタイン12年

スコッチのブレンデッドウイスキーの中で、かなり有名なのが、こちらのバランタインです。(バレンタインではないので、注意!)

ほんのりバニラの香りがしますが、味はけっこうドライで、スッキリしています。

あまり後味が残るのは好きじゃない、さらっと飲みたい、という人におすすめ。

ヒトミ
バランタインは、ウイスキーを扱うお店なら必ずといっていいほど、置いてあります。クセが強くないので、水割りやハイボールにしても飲みやすいです。

ちょっとクセのあるウイスキー

最後は、いわゆる「定番ウイスキー」ではないものを、3本ご紹介。

ふだんからクセのある飲み物、食べ物が好きな人は、一度飲んでみてください。

ボウモア12年

さきほど紹介した白州と同じく、スモーキーフレーバーがついたスコッチウイスキー。

ただし、白州よりもかなり煙の香りが強いです。

飲むとしっかりした渋みがあり、まるでダークチョコレートを食べたときのような、クセになる味わい。

水で割るとせっかくの個性が消えてしまうので、ロックで飲むのがおすすめです。

ヒトミ
私がお店で頼むウイスキーNo.1が、このボウモアです! 初めて飲んだときはその「煙り臭さ」にビックリしたんですが、慣れてくるとほんのり甘みも感じて、すっかりハマっています。

ラフロイグ10年

「好きになるか、嫌いになるかのどちらか」という、強烈なキャッチコピーがついているお酒、ラフロイグ。

ボウモアよりスモーキーフレーバーは弱いですが、飲んだときのインパクトは抜群。

まるで煙をそのまま吸い込んだかのよう。

もし、白州やボウモアを飲んで「おいしい」と感じたら、ラフロイグもぜひ「好きになるか、嫌いになるか」試してみてください!

ヒトミ
ラフロイグは大好きなお酒ですが、最初に飲むとほかのウイスキーの味を感じなくなるので(笑)、いつも最後に飲んでいます。ボウモアとセットで置いているバーが多いので、見つけたらチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

メーカーズマーク(バーボン)

最後に、バーボンウイスキーを紹介します。

バーボンとは、主にアメリカのケンタッキー州で、決まった製法で作られているウイスキーのことです。

原料には、トウモロコシやライ麦などが使われ、力強い味わいが特徴です。

こちらのメーカーズマークは、ふたとボトルがロウでふさがれている、珍しいデザイン。

実はこれ、1本1本手作りで、同じ形のものはありません。

店で見かけたら、ぜひふたの部分に注目してください!

ヒトミ
メーカーズマークは、しっかりした味わいのバーボンが多い中、比較的やわらかなタイプ。力強いバーボンは炭酸との相性がよく、ハイボールにするのもおすすめです。

ウイスキーの色々な飲み方

最後に、ウイスキーの色々な楽しみ方を、まとめておきます!

お酒の味を、しっかり感じられる順に並べましたので、好きな飲み方を見つけてください。

  • ストレート…ウイスキーをグラスにそそぎ、氷を入れずにそのまま飲む。通常、チェイサー(水)を用意して交互に飲む。
  • ロック(オン・ザ・ロック)…氷を入れたグラスに、ウイスキーをそそいで飲む。氷は大きめにすると、溶けにくくなる。
  • トワイスアップ…ストレートウイスキーに、同量の水を加えて飲む。香りが花開き、味もまろやかになるおすすめの飲み方。
  • ハーフロック…氷を入れたグラスに、ウイスキーと同量の水を加えて飲む。トワイスアップ同様、香りとまろやかな味が楽しめる。また、時間がたつごとに氷が溶け、アルコール度数も下がる。
  • 水割り…ウイスキーをグラスの3分の1ほど入れたあと、残りを水で満たす。好みの濃さに調節できて便利。
  • ハイボール…グラスにウイスキーを適量そそぎ、ソーダを加える。炭酸が抜けないよう、かき混ぜすぎないのがポイント。食事にも合わせやすい、人気の飲み方。

 

ほかにも、クラッシュアイスにウイスキーをそそぐミスト(夏におすすめ)や、お湯で割るホットウイスキーなどがあります。

いつもとは違う飲み方をしてみると、同じウイスキーでも新たな魅力が発見できますよ。

スポンサーリンク

気分に合わせて、ウイスキーを選んでみよう

ウイスキーは、みんなでわいわい飲むより、誰かとゆっくり、またはひとりで楽しむのに向いています。

バーに来たけど、今日はちょっとビールやカクテルの気分じゃないな……というときは、ぜひウイスキーを頼んでください。

好きな味が見つかったら、家に1本置いておくのもおすすめです。

ワインのように、飲みきる必要がないので、いつでも、気ままにあなたを癒してくれますよ。

まだ出会っていない、おいしいお酒を、探してみてくださいね。



おすすめウイスキー10種類を飲み比べ!サントリー山崎蒸溜所レポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください