動画配信サービスはどこがおすすめ? Netflix・Hulu・U-NEXT・TSUTAYA TVなど6つを徹底比較

動画配信サービスはどこがおすすめ?

2015年に海外で人気の「Netflix」が日本上陸を果たし、動画配信サービスの競争が激化しました。

選択肢が増えるのはうれしいですが、契約するときに迷ってしまいますよね…。

ぼくも「値段もだいたい似たようなものだし、結局どれがおすすめなの?」と途方に暮れてしまいました。

今回は、話題の動画配信サービスの特徴を比較してみます。

Netflix、Hulu、Amazonプライムビデオ、U-NEXT、dTV、TSUTAYA TVのサービスには、どんな特徴があるのでしょうか?

Netflix

ネットフリックス

まずは世界最大手のNetflix(ネットフリックス)からいきますね。

主な特徴をまとめてみました。

  • 洋画・海外ドラマが充実
  • オリジナルコンテンツの完成度が素晴らしい
  • 3つの料金プランから選べる

Netflixはパソコンで見るにしろ、アプリで見るにしろ、とにかくデザインがクールです。

配信タイトル数は非公表ですが、洋画や邦画の話題作が豊富ですよ。

料金プランと主な特徴は、表にまとめてみました。

プラン ベーシック スタンダード プレミアム
料金 800円 1,200円 1,900円
配信ジャンル 洋画・邦画・ドラマ・アニメ、Netflixオリジナル作品、ドキュメンタリーなど
タイトル数 非公開
無料体験期間 1ヶ月
HD視聴 ×

UHD 4K画質

× ×
同時視聴数 1 2 4
アプリ視聴
オフライン再生 ×
支払い方法 ペイパル、クレジットカード

ぼくは同時視聴することも、4Kで見ることもないので、「ベーシック(800円)」で契約しました。

料金プランが3つから選べること、また、HDに加えて4Kにも対応しているのが良いですね。

オリジナルコンテンツの完成度がすごい

Netflixを使って感動したのは、何と言ってもオリジナルコンテンツです。

名俳優のケビン・スペイシーが主演している政治ドラマ「ハウス・オブ・カード」は、とにかくおもしろい。

もはやハリウッド映画のような出来栄えです。

他にも「ストレンジャーシングス」「火花」「ナルコス」「デアデビル」など、Netflixでしか見られない映画・ドラマが充実していますよ。

無料期間も1ヶ月間と、他サービスに比べて長いので、お試しで契約するのもアリだと思います。

Netflixについて、さらに詳しい記事も書きました。

ネットフリックス

Netflix(ネットフリックス)は評判通り? 特徴・料金・配信コンテンツ・機能等のまとめ

2016年12月1日

さぁ、次は「Hulu」を紹介しますね。

スポンサーリンク

Hulu

Hulu

次にHulu(フールー)の紹介です。

Huluは、2011年に日本に上陸し、現在は日本テレビが運営しています。

主な特徴は以下の通り。

  • 海外ドラマが充実
  • 日本のドラマ・バラエティー番組・アニメも豊富
  • 子供向け番組・アニメがたくさんある

配信タイトルを見て感じたのは、「安定感がある」ということでした。

ちょっと曖昧な言い方かもしれませんが、つまりは子供から大人まで、見たいものがそろっているということです。

料金プランと主な特徴を以下の表にまとめてみました。

料金 933円(税抜)、1,026円(税込)
配信ジャンル 洋画・邦画・ドラマ・アニメ
タイトル数 50,000
無料体験期間 2週間
HD視聴
UHD 4K画質 ×
同時視聴数 1
アプリ視聴
オフライン再生 一部可能
支払い方法 クレジットカード・ペイパルなど

レンタルビデオは「4本1,000円」がザラであることを思えば、50,000タイトルもあって月1,026円(税込)は安いですよね。

リコメンデーション機能が便利

Huluが親切だなぁと思ったのは、リコメンデーション機能でした。

これまでの検索・閲覧履歴から、「おすすめ作品」「人気作品」を自動でチョイスしてくれるので、サイトを開いた瞬間に見たい作品がバァァーと広がるんですよね。

1日1本見たとしても、1ヶ月あたり30本。

お子さんがいるご家庭なら、昼間にアニメを1本見るとして、1ヶ月あたり合計60本は見れるでしょうか。

そう考えるとコスパがすごいですね。

Hulu無料トライアル

Hulu(フールー)は評判通り? 特徴・料金・配信コンテンツ・機能等のまとめ

2016年12月2日

ではでは、次に「Amazonプライムビデオ」を行きます。

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオは、Amazonプライム会員(年間プラン4,900円)向けに提供されている動画サービスです。

Amazonプライム会員になると、商品を買ったときに「お急ぎ便」を選択できたり、Amazonプライムミュージックで100万曲の音楽をダウンロードできたり。

年会費は安くありませんが、個人的には十分に元が取れるコストだと思います。

Amazonプライムビデオの主な特徴は以下の通り。

  • 25,000タイトル以上の映画・ドラマがある
  • 月額料金「月間プラン500円(年会費3,900年間プラン4,900円)」が安い
  • 有料レンタルにも対応している

動画サービスのなかで、月額料金が最も安いんですよね。

月額500円で25,000タイトル以上を見られるのは、すごいコストパフォーマンスです。

料金プランと主な特徴は、以下の表にまとめてみました。

料金 年間プラン500円(年間プラン4,900円)
配信ジャンル 洋画・邦画・ドラマ・アニメなど
タイトル数 25,000
無料体験期間 30日間
HD視聴
UHD 4K画質
同時視聴数 3(同じビデオは2まで)
アプリ視聴
オフライン再生
支払い方法 クレジットカード

iOS、Androidやタブレットででの視聴なら、オフライン再生にも対応。

動画をスマートフォンやタブレットにダウンロードできるので、Wi-Fi環境を気にせず、動画を視聴できるんです。

有料レンタルに対応しているのが嬉しい

数万タイトルを配信しているとはいえ、動画サービスを利用し続けていると、「今のところ見たい映画がない…」という時期が必ずあるもの。

そんなときに、Amazonプライムビデオのレンタル機能は便利です。

レンタル料金と期間は作品によって異なりますが、月額とは別に100円〜。

レンタルの場合は、30日以内に視聴を開始する必要があり、一度再生を開始した後の視聴期限は作品によって異なります。(48時間や7日間など)

有料レンタルは、Amazonならではのサービスと言えそうですね。

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオ(アマゾン)は評判通り? 特徴・料金・配信コンテンツ・機能等のまとめ

2016年12月3日

次は、海外で話題の「U-NEXT」にいきます。

U-NEXT

U-NEXT

U-NEXT(ユーネクスト)は、配信タイトル数が最も多いサービスです。

主な特徴は以下の通り。

  • ポイント制度がある
  • 4つのデバイスで同時再生できる
  • 140,000タイトルは業界最多

1つのアカウントにつき、4つのデバイスで同時再生できるのはすごいですね。

たとえばリビングで子供が、寝室で自分が映画を見るようなときに便利です。

まずは料金プランと主な特徴を確認してみましょう。

料金 1,990円(税抜き)※2189円税込
配信ジャンル 洋画・邦画・ドラマ・アニメ・アダルトなど
タイトル数 140,000
無料体験期間 31日間
HD視聴
UHD 4K画質 ×
同時視聴数 4
アプリ視聴
オフライン再生
支払い方法 クレジットカード、ケータイ払い

U-NEXTの月額料金2,189円(税込)は、他のサービスに比べて高額ですが、毎月1,200ポイント(1,200円分)がもらえる制度があるんです。

貯まったポイントは別料金のコンテンツ視聴に使えますので、月額は990円と考えて良いと思います。

コンテンツの充実度はナンバーワン

U-NEXTの月額料金は、数ある動画サービスのなかで最も高額ですが、タイトル数を見れば納得できるでしょう。

洋画、邦画、ドラマ、バラエティー、アニメ、アダルトなど、ジャンルも豊富。

DVDの発売に先駆けて配信されるケースもあります。

動画だけではなく、電子書籍や雑誌も読めますので、むしろかなりお得かも。

最初はすぐに解約しようかと思いましたが、コンテンツの充実度を見て、継続することにしました。

U-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)は評判通り? 特徴・料金・配信コンテンツ・機能等のまとめ

2016年12月4日

それでは次に「dTV」を見ていきましょう。

dTV

dTV

dTVは、NTTドコモが運営するオンデマンドサービスです。

当初はドコモ会員向けのサービスでしたが、ついに一般にも公開。

豊富なタイトルと料金の安さで会員を集めています。

主な特徴は以下の通り。

  • 月額料金が安い550円(税込)
  • 120,000の豊富なタイトル
  • オフライン再生にも対応

U-NEXTの配信タイトル数14,0000に次ぐタイトルの豊富さで、月額料金が1,639円も安いですね。

あと、「進撃の巨人」「新宿スワン」「BeeTV」といったオリジナルコンテンツもあります。

料金プランと主な特徴を、以下の表にまとめてみました。

料金 550円(税込)
配信ジャンル 洋画・邦画・ドラマ・アニメなど
タイトル数 120,000
無料体験期間 31日間
HD視聴 ○(4K画質対応作品のみ )
UHD 4K画質 ×
同時視聴数 1
アプリ視聴
オフライン再生
支払い方法 クレジットカード、ケータイ払い

う〜〜ん、やっぱり月額料金が抜群に安いですね。

オフライン再生が便利

dTVを利用して感じたのは、「オフライン再生」の便利さです。

スマホアプリ、タブレットアプリに動画をダウンロードできるのは、やっぱり便利ですね。

動画を見るときって、Wi-Fi環境であっても、たまに引っかかったり、止まったりしますよね。

でも、デバイスにあらかじめダウンロードしておけば、めちゃくちゃ快適に見ることができますよ。

配信タイトルの個人的な感想としては、「HuluやNetflixに比べて、見たい作品が少ない」でした。

dTV(ディーティービー)

dTV(ディーティービー)は評判通り? 特徴・料金・配信コンテンツ・機能等のまとめ

2016年12月4日

それでは最後に「TSUTAYA TV」を見ていきましょう。

TSUTAYA TV

TSUTAYA TV

TSUTAYA TVは、あのレンタルCD・DVDで有名なTSUTAYA(つたや)のオンラインサービスです。

TSUTAYAを運営する「カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社」が力を入れているみたいですよ。

主な特徴は以下の通り。

  • 2つの料金プランから選べる
  • DVDレンタル・ネット宅配・購入にも対応
  • オフライン再生に対応

レンタルサービスのTSUTAYAらしいと言うべきか、「ネット宅配」と「購入」にも対応しているのはうれしいポイントですね。

見たい動画のジャンルによって、料金プランも2つから選べます。

料金プランと主な特徴を表にまとめてみました。

プラン 動画見放題プラン 動画見放題+定額レンタル8
料金 933円(税抜) 2,417円(税抜)
配信ジャンル 洋画・邦画・ドラマ・アニメ・アダルトなど
タイトル数 約10,000(動画見放題プラン)
無料体験期間 30日間
HD視聴

UHD 4K画質

×
同時視聴数 1
アプリ視聴
オフライン再生
支払い方法 クレジットカード

個人的には、ネット宅配サービス「TSUTAYA DISCUS」との連携が便利だと思いました。

たとえば見たい映画がないときに、TSUTAYA DISCUSからレンタルすると便利ですね。

「動画見放題+定額レンタル8(月会費2,417円)」に加入すれば、TSUTAYA TVとTSUTAYA DISCUSを定額で使い放題になります。

毎月1,100円分のポイントがもらえる

TSUTAYA TVは、配信タイトルが約10,000に対して、月額料金が933〜2,417円(税抜)と割高に感じますが、実はポイント制度があるんです。

毎月1,100円分のポイントがもらえ、有料視聴分に使えるんですよね。

それに毎月加算されるポイントを併用すれば、視聴の幅が広がります。

TSUTAYA TV

TSUTAYA TV(ツタヤティービー)は評判通り? 特徴・料金・配信コンテンツ・機能等のまとめ

2016年12月4日

最後に、おすすめのポイントをまとめておきますね。

おすすめのポイントまとめ

それぞれの動画サービスに一長一短がありましたね。

正直言って、料金とクオリティーのバランスを考えれば「Netflix」と「Hulu」の2択ですが、それではちょっと芸がない。

ここで各サービスの一番の強みまとめますので、サービスを選ぶときの参考にしてくださいね。

海外ドラマ・洋画・オリジナルコンテンツ好きならNetflix、Hulu

海外ドラマ、洋画、オリジナルコンテンツを見たいなら、NetflixとHuluで決まりです。

Netflixに関しては、オリジナルドラマの1話に4億円の制作費をかけると言われるほど、気合いが入っています。

「sense8(センス8)」「BLOODLINE (ブラッドライン)」「DAREDEVIL (デアデビル)」など、日本でも話題のドラマがたくさんありますからね。

ちなみに、この記事を書いている時点では「ハウス・オブ・カード」のシーズン2を見ていますが、徹夜で見たいくらいおもしろいですよ。

オフライン再生で楽しみたいならdTV、TSUTAYA

オフライン再生を楽しみたい人には、dTVTSUTAYA TVがおすすめです。

移動中にiPhoneやiPadで動画が見れたら、便利ですよね。

機能面は便利ですが、正直に言ってdTVとTSUTAYA TVには「コレだ!」というコンテンツがありませんでした。

NetflixとHuluを見てしまうと、そう感じるのも無理はないかもしれません。

安さと総合力ならAmazonプライムビデオ

安さと総合力なら、Amazonプライムビデオがおすすめです。

月間プラン「500円(年間プラン4900円)」で50,000タイトルが見られるのは魅力的ですし、見たい作品がないときにレンタルできるのもうれしい。

Amazonプライム会員は、他にも電子書籍が無料で読めるprime readingを利用できたり、音楽をダウンロードできるPrime Musicの特典がありますので、年会費を支払う価値が十分にあると思いますよ。

同時視聴を優先するならU-NEXT

家族みんなで別の映画を見ることが多いなら、U-NEXTがおすすめです。

それぞれのスマートフォンで、別の映画やドラマを見るご家庭もあると思います。

そんなとき、同時視聴数に制限があるのは不便。

U-NEXTの月額料金は1,990円ですが、4人で使えば1人あたり500円弱に。

みんなで使えば使うほど、実はお得になります。

スポンサーリンク

まとめ

動画配信サービスには、一長一短がありましたね。

ぼくはこのまま「Netflix」「Hulu」「Amazonプライムビデオ」「U-NEXT」の4つを利用しつつ、さらに絞り込んでいくつもりです。

どのサービスにしようか迷ったら、NetflixやHuluから始めるのもアリだと思いますよ。

※本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況は各サービス公式サイトにてご確認ください。



動画配信サービスはどこがおすすめ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください