大人買いした【うまい棒】を16種類食べ比べたのでランキングにしてみた(2017年比較版)

うまい棒おすすめランキング

「うまい棒」といえば、昼下がりの子どもにとって大切な食料源。

安くて手軽に買えるこのお菓子はいつの時代も子どもに人気ですよね。

私も子どもの頃には、わずかなおこづかいを握りしめて近くの駄菓子屋でよく買ったものです。

実は、このうまい棒が発売されたのは1979年(昭和54年)だそうで。

インベーダーゲームが流行ってた時代です。

うまい棒は発売されてからもうすぐ40年という歴史あるお菓子なんですね。

大人になるとなかなか食べるチャンスもないですが、せっかく大人になったので大人買いしてみました。

うまい棒の16種類大人買い

近くのスーパーとかで簡単に買い揃えることができればいいんですが、全種類揃ってるお店ってないんですよね。

店頭に置いてないような味もあったりしました。

なので、1本買うために30本買う必要があったりで結構大変でした。

16種類1本ずつ買うより完全にお金かかってるやん…

そんなわけで大人買いしたうまい棒を今回食べ比べてみたので勝手にランキングにしてみることにしました。

ランキングの前に圏外の「チョコレート」味!

うまい棒チョコレート味

本編のランキングにうつる前に圏外の商品です。

それはうまい棒チョコレート味。

これはサイズもそれ以外の15種類と違って少し小さめです。

じゃ、なぜこれも「うまい棒」として売ってるのかはわかりません。

せっかくなら同じサイズにしたらいいのに、と思いますけどね。

というわけで、これは一応ランキングからは除外しました。

形状としては、プレーンのうまい棒(←食べたことないけど)にチョコレートがコーティングされているだけっぽいです。

うまい棒チョコレートの断面図

でも個人的には「お菓子」としてはこれが一番おいしくて、これからも食べてみたいと思いました。

でもこれは「うまい棒」というよりも完全に「チョコレートのお菓子」ですね。

正直なところランキングに入れてしまったら1位になったかも。

大人も子どもも大好きな味だと思います。

最後に原材料が気になる人もいるかと思いますので、ウラ面の写真も載せておきます。

うまい棒チョコレートの内容

原材料は、砂糖、植物油脂、コーン、全粉乳、カカオマス、ココア、パン粉、脱脂粉乳、食塩、乳化剤(大豆由来)、香料、となっていました。

なお、これから紹介するうまい棒の原材料については写真だけの掲載にする予定です。

それでは、いよいよランキングの発表です!

15位:なっとう味

うまい棒なっとう味 うまい棒なっとう味原材料

これは断トツのワーストです。

納豆好きの人でも、これは納得いかないかもですね。

納豆嫌いの人はひとくち目でアウトでしょう。

いい意味でも悪い意味でも、納豆特有の粘り気がちゃんと再現されてます。

辛子を表現してるのかな?ピリリとした辛味もあってやばいです。

これを好き好んで食べてる子どもって日本にいるんかな?

これをうまい棒にしてる理由がわかりませんが、こういうネタっぽいのも商品戦略として必要なのかもしれませんね。

でも残念ながら最下位決定です。

14位:やきとり味

うまい棒やきとり味 うまい棒やきとり味原材料

焼き鳥といえばビールに最高にあうんですが、これは全然ダメ。

焼き鳥のタレの甘みが間違った方向にいっちゃってます。

甘ったるいんです。たるいというかもはやダルい。

うまい棒でこの甘すぎる焼き鳥の味はミスマッチングですね。

残念です。

子どももたぶんあんまり好きじゃないと思います。

13位:めんたい味

うまい棒めんたい味 うまい棒めんたい味

これ、めんたいこの味?

そんな印象でした。

めんたい味が好きな人もこれはあまりすきになれないかもしれません。

それになんかへんに苦いです。なにこれ?

子どもも苦手な味だと思います。

12位:牛タン塩味

うまい棒牛タン塩味 うまい棒牛タン塩味原材料

これは牛タン塩味といわれなければ、何の味かわかりません。

なにやらコショウっぽさがあります。

おいしいとはお世辞にもいえません。

子どもたちも好きじゃないと思いますね、たぶん。

11位:ピザ味

うまい棒ピザ味 うまい棒ピザ味原材料

ピザの方向性が少しズレているのが残念。

少しトマトの風味があって、ピリッとした味も感じられます。

チーズ感はあまりないですね。

うーむ、もう少しがんばってほしいです。

10位:たこ焼き味

うまい棒たこ焼き味 うまい棒たこ焼き味原材料

チョコレートを除くと、このたこ焼き味が一番濃い(茶色い)色をしてます。

表面も一番パリッとしてますね。

ソースが染み込んでいるせいでしょうか。

たこ焼き系の味が好きなら、これはありだと思います。

この味が好きな子どもはいるんでしょうね。

でも、たこ焼き味といえばたこ焼き味ですが、お好み焼き味と言われればお好み焼き味です。

9位:チキンカレー味

うまい棒チキンカレー味 うまい棒チキンカレー味原材料

カレー系のお菓子が好きなら気に入るかもしれません。

普通においしいですが、もっとおいしくできそうな気はします。

亀田のカレーせんや大和製菓の味カレーのような定番のお菓子に比べると、やみつきになる感じではありません。

ちょっとピリッとしますが、カレーの辛さとは若干違う印象でした。

これももっとおいしくできると思うんですが。

8位:テリヤキバーガー味

うまい棒テリヤキバーガー味 うまい棒テリヤキバーガー味原材料

てりやきバーガーのイメージにまあまま近くて、普通においしい。

少しの甘みも感じられ、この味が好きな子どもはきっといると思います。

でも、個人的には絶対にまた食べたいかと言われると微妙。

ここで8位ですから、そんなもんですよね。

言い方は悪いかもしれませんが、可もなく不可もなしというかんじでしょうか。

7位:エビマヨネーズ味

うまい棒エビマヨネーズ味 うまい棒エビマヨネーズ味原材料

イメージよりはずっとおいしかったです。

エビとマヨネーズの風味が相性がよく、うまい棒の食感にマッチしてました。

これは子どもたちも結構好きな味なんじゃないでしょうか。

6位:とんかつソース味

うまい棒とんかつソース味 うまい棒とんかつソース味原材料

何の味か教えてもらわなければ、とんかつソースかどうかはわかりづらいと思いますが、これはおいしいから良しとしましょう。

懐かしい味わいです。

ソース系で濃い目の味の中ではこれが一番うまいかな。

でも10位から6位くらいまではあまり差はないかんじですね。

5位:シュガーラスク味

うまい棒シュガーラスク味 うまい棒シュガーラスク味原材料

このシュガーラスク味が予想外のヒット。

うまい棒といえば、通常はしょっぱいかんじの味がほとんどなわけですが、これはナイスアイデアです。

甘い系のテイストになるので、どちらかというとチョコレート味の路線に近くなってしまいますが、甘さも抑えめいいかんじでした。

ラスクの食感とうまい棒の食感が結構似ているので、違和感がないんですよね。

これは甘くて食べやすくて結構万人に受ける味だと思います。

4位:やさいサラダ味

うまい棒やさいサラダ味 うまい棒やさいサラダ味原材料

「ザ・うまい棒」と呼んでもいいくらい食べ慣れた安定感。

ちょっとピリッとしたかんじが、ちょうどいいやさいサラダ味。

やっぱりうまいです。

さて、やっとここまで来ました。

ついに、ベスト3の発表です。

3位:サラミ味

うまい棒サラミ味 うまい棒サラミ味原材料

安定のサラミ味ですね。

これもお口の中が懐かしくなる安心感のあるおいしさです。

食感としょっぱさが絶妙なバランス。

3位にふさわしい存在感だと思いました。

2位:コーンポタージュ味

うまい棒コーンポタージュ味 うまい棒コーンポタージュ味原材料

このコーンポタージュ味が、いいんですよ!

間違いなくベスト3に入るクオリティ。

そもそも、このうまい棒の原材料をみるとわかるんですが、コーンでできてるんです。

だから間違いないのだと思います。

それに、うまい棒のこのちょっと軽くてサクッとしてる食感が、コーンポタージュに入れるクルトンにも通じるところがありますよね。

だからこのうまい棒を砕いてコーンポタージュに入れても絶対あうと思いますよ。

1位:チーズ味

うまい棒チーズ味 うまい棒チーズ味原材料

うまーーーーーー!

このチーズ味が堂々の1位です。

この黄金色も美しく輝いて見えてしまいます。

うまい棒のことをよく知る人にはサプライズがない結果ですみません。

でもホント、これは大人から子どもまで愛される味です。

この食感とチーズの組み合わせはおいしくて間違いないことは「カール」でも証明されてますよね(笑)

というわけで、これにてランキングはおしまい。

さいごに

そうそう、今回食べ比べてみて、うまい棒ならこの味はあうんじゃないか?というのをさいごに考えてみました。

しょっぱい系なら

  • うすしお味
  • のりしお味
  • バーベキュー味
  • バター味

甘い系なら

  • ホワイトチョコ味(ガトーフェスタハラダ風)
  • 黒糖味(麩菓子のイメージ)
  • バニラ味(コーンとバニラは合うはず?)

以上、考えたからなんやねん!という話ではあるんですが、うまい棒の販売会社「やおきん」の方の目に止まって商品開発につながったらうれしいので、載せておきたいと思います。

あと、この16種類のうまい棒を全部食べてみたいという人って結構いると思うんです。

でもこれらを手軽にまとめて食べ比べられるようなセット商品がないのが少し残念。

というわけで、16種類×各3個の計48個を500円くらいで販売してくれるとうれしいですね。

やおきんの人が見ていたら、ぜひこの点も検討お願いします(笑)

最後はだれに何を言いたいのかよく分からない記事になってしまいましたが、このへんでお開きにさせていただきます。

たいした費用はかかってませんが「大人買い」した今回のうまい棒。

16種類の味を食べ比べて勝手にランキングにしてみましたが、いかがだったでしょうか?

「うまい棒」もあれば「うまくない棒」もありました。

でも、これは個人の好みもあるかと思いますので、ぜひみなさんもチャンスあれば食べ比べてみてくださいね。

関連記事

うまい棒おすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。