【食塩無添加トマトジュースのおすすめ比較】カゴメ・デルモンテ・ナガノトマト他・10種類飲み比べ

食塩無添加トマトジュースのおすすめ比較

トマトは健康食品として知られていますよね。

トマトに含まれるリコピンは、抗酸化作用や美白作用があり、さらに二日酔いや病気の予防にも効果的だと言われています。

それなら健康のためにトマトをたくさん食べたいところですが、毎日になると飽きてしまいますよね。

そこで便利なのがトマトジュースです。

トマトジュースなら美味しく飲めて、しかもリーズナブル。

食塩を含んだトマトジュースは苦手な人も多いようですが、食塩無添加のものなら美味しく飲めるでしょう。

今回は、食塩無添加のトマトジュースを飲み比べてみました。

それぞれの商品にどのような違いがあるのでしょうか?

食塩無添加トマトジュース・10種類を飲み比べた

食塩無添加トマトジュース

食塩無添加のトマトジュースは、トマトの美味しさがダイレクトに伝わってきますよね。

食塩を添加したものも美味しいのですが、やはり塩の味が目立ってしまいます。

今回は、カゴメ、デルモンテ、ナガノトマト、伊藤園、順造選など、いろんなトマトジュースを取り寄せてみました。

味や値段は異なりますが、それぞれの商品に特徴があって面白かったです。

それでは、さっそく感想をまとめていきますね!

トマトジュース食塩無添加(カゴメ)

食塩無添加トマトジュース(カゴメ)
  • 品名:トマトジュース食塩無添加
  • メーカー名:カゴメ
  • 原材料:トマト
  • 内容量:160g
  • 価格:84円
  • カロリー:32kcal

まずはカゴメのトマトジュース食塩無添加から。

ぼくだけかもしれませんが、「トマトジュースと言えばカゴメ」というイメージがあります。

1缶84円なら、買いやすいですね。

さっそく飲んでみると、意外にも薄めのお味でした。

トマトの自然な酸味があり、さらっとしていて、後味がスッキリ。

ごくごく飲める美味しさだと思います。

百年品質(カゴメ)

食塩無添加トマトジュース(カゴメ)
  • 品名:百年品質
  • メーカー名:カゴメ
  • 原材料:トマト
  • 内容量:190g
  • 価格:162円
  • カロリー:42kcal

次は、同じくカゴメの百年品質です。

こちらは先ほどのトマトジュース食塩無添加よりも30g多いですが、値段はほぼ2倍ですね。

見た目がすでにドロっとしていて、舌触りもトロリとしています。

多少の水っぽさはあるものの、かなり濃い目ですね。

トマトの酸味に加えて甘みをしっかりと感じられ、最後まですっきり飲めました。

これはなかなか満足感が高いかも!

食塩無添加トマトジュース(デルモンテ)

食塩無添加トマトジュース(デルモンテ)
  • 品名:食塩無添加トマトジュース
  • メーカー名:デルモンテ
  • 原材料:トマト
  • 内容量:160g
  • 価格:81円
  • カロリー:33kcal

次は、トマトケチャップでも有名なデルモンテの食塩無添加トマトジュースにいってみましょう。

160gで81円という平均的な価格帯ですね。

トマトを濃縮還元でジュースにしているようです。

さっそく飲んでみると、水で希釈したかのような薄さでした。

甘みは控えめで、酸味も少なめ。

トマト100%であることは間違いありませんが、製造過程でトマトの水分が際立ってしまうのでしょうか。

飲みやすいですが、お味としては「う〜〜ん」という感じですね。

信州生まれのおいしいトマト(ナガノトマト)

食塩無添加トマトジュース(ナガノトマト)
  • 品名:信州生まれのおいしいトマト
  • メーカー名:ナガノトマト
  • 原材料:トマト(トマト愛果100%)
  • 内容量:190g
  • 価格:134円
  • カロリー:35kcal

次は、ナガノトマトの信州生まれのおいしいトマトを飲んでみます。

トマトの名産地としても知られる長野県の愛果(まなか)を使用しているようなので、ちょっと期待できそうですね。

値段は、ここまでで最も高かったカゴメの百年品質(162円)よりも高いです。

缶を開けた瞬間にトマトの香りが広がりました。

さっそく飲んでみると、めちゃくちゃ美味しかったです!

トマトジュース自体がシャバシャバだったので、また薄〜いお味かと思いましたが、ぜんぜん違いました。

トマトの酸味はほとんど感じられず、甘みだけが際立ちます。

飲みやすいのに、しっかり美味しい。

絶品トマトジュースを探している方は、ぜひ試してほしいです。

トマトジュース(ヒカリ)

食塩無添加トマトジュース(ヒカリジュース)
  • 品名:トマトジュース
  • メーカー名:ヒカリ
  • 原材料:トマト(果汁100%)
  • 内容量:190g
  • 価格:130円
  • カロリー:36kcal

次は、ヒカリのトマトジュースを飲んでみます。

190gで130円は、平均よりも高めの部類ですが、そのお味はいかに?

さっそく飲んでみると、トマトジュースとしては珍しい「渋み」がありました。

酸味は控えめで、甘みもあっさりしています。

トマトジュースの粘度は舌がざらつくほどで、飲みごたえがあります。

これもなかなか美味しいなぁ。

でも、コスパ的にはちょっと微妙かもしれません。

オーガニックトマトジュース(ヒカリ)

食塩無添加トマトジュース(ヒカリジュース)
  • 品名:オーガニックトマトジュース
  • メーカー名:ヒカリ
  • 原材料:有機トマト(果汁100%)
  • 内容量:190g
  • 価格:130円
  • カロリー:36kcal

次も、同じくヒカリのオーガニックトマトジュースです。

有機トマトを使用しているようですが、値段は通常のトマトジュースと変わりません。

さっそく飲んでみると、先ほどのトマトジュースとは味がぜんぜん違いました!

味自体は薄めですが、酸味がほとんどなく、甘みだけが際立っています。

軽いのに、後味はズシンとくる。

これが有機トマトの真髄なのかもしれません。

個人的には同じ130円なら、トマトジュースよりもオーガニックトマトジュースを選ぶと思います。

完熟トマトのおいしさ 熟トマト(伊藤園)

食塩無添加トマトジュース(伊藤園)
  • 品名:完熟トマトのおいしさ 熟トマト
  • メーカー名:伊藤園
  • 原材料:トマト(果汁100%)
  • 内容量:900g
  • 価格:234円
  • カロリー:180mLあたり37kcal

次は、伊藤園の完熟トマトのおいしさ 熟トマトにいってみましょう。

伊藤園はお茶が最も有名ですが、実はジュースの種類も多いんですよね。

濃縮還元で果汁100%のトマトジュースを作っているようです。

さっそく飲んでみると、トマトジュースがシャバシャバでした。

味は薄めで、酸味と甘さも控えめです。

これがナチュラルなトマトの味なのかもしれませんが、ボトルのデザインに負けている感じがしました。

美味しいですし、コスパもいいのですが、個人的には他のものを買っちゃうかなぁ。

純トマト食塩無添加(順造選)

食塩無添加トマトジュース(順造選)
  • 品名:純トマト食塩無添加
  • メーカー名:順造選
  • 原材料:トマト(果汁100%)
  • 内容量:1,000g
  • 価格:864円
  • カロリー:100mLあたり25kcal

次は、順造選の純トマト食塩無添加を飲んでみます。

内容量1,000gで864円ということは、今回紹介するトマトジュースのなかでは断トツの高さですね。

値段相応の美味しさを期待したいところですが、意外にも普通でした。

トマトの酸味と甘みが感じられますが、味自体は薄めです。

ただ、飲み終わったあとにいつまでも酸味が残るのは、良いトマトを使っている証拠でしょうか。

たしかに美味しいのですが、コストパフォーマンス的には微妙かもしれません。

見た目に高級感があるので、贈り物には良いでしょうね。

みんなのトマト食塩無添加(デルモンテ)

食塩無添加トマトジュース(デルモンテ)
  • 品名:みんなのトマト食塩無添加
  • メーカー名:デルモンテ
  • 原材料:濃縮トマト、パインアップル調整品、ビタミンC、酸味料(トマト果汁9%)
  • 内容量:900g
  • 価格:216円
  • カロリー:200mLあたり40kcal

次は、デルモンテのみんなのトマト食塩無添加にいってみましょう。

今回紹介するトマトジュースの中では唯一、トマトの他にパインアップル調整品やビタミンCなどが含まれています。

さっそく飲んでみると、その甘さに驚きました!

添加物の影響もあるかもしれませんが、とにかくガツンとくる甘さです。

味はすっきりしていて、酸味は少しだけ。

液体はシャバシャバしているので、トマトジュースというよりも、野菜ジュースのような感じですね。

これからトマトジュースにチャレンジする初心者でも、飲みやすいと思います。

ふくしま産トマトジュース(カゴメ)

食塩無添加トマトジュース(カゴメ)
  • 品名:ふくしま産トマトジュース
  • メーカー名:カゴメ
  • 原材料:トマト(果汁100%)
  • 内容量:720mL
  • 価格:228円
  • カロリー:180mLあたり36kcal

最後に紹介するのは、カゴメのふくしま産トマトジュースです。

ナガノトマトもそうですが、トマトの原産地が明記されていると安心できますよね。

福島県はトマトの生産に力を入れているそうです。

さっそく飲んでみると、酸味に関してはナンバーワンでした!

サラダのトマトを食べたときのような「ツーン」とした酸味を感じます。

あと、野菜からただよう「緑の香り」も感じられるのが不思議でした。

最初から最後まで、酸味が目立つトマトジュースです。

さいごに

今回は食塩無添加トマトジュースの飲み比べでした。

個人的には、カゴメの百年品質(162円)と、ナガノトマトの信州生まれのおいしいトマト(132円)が好きでしたね。

あと、ヒカリのオーガニックトマトジュース(130円)も良かったかな。

トマトジュースは、濃い目が好きな人、酸味がきついほうが好きな人、甘いほうがいい人に分かれると思いますので、ぜひお気に入りの商品を見つけてくださいね。

今回をきっかけに、トマトジュースにハマってしまいました…!

関連記事

食塩無添加トマトジュースのおすすめ比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。