【台湾旅行のお土産にも人気】台湾のコンビニで買えるカップ麺の食べ比べとおすすめ比較

【台湾旅行のお土産にも人気】台湾のコンビニで買えるカップ麺の食べ比べとおすすめ比較

台湾旅行された方なら必ず目にされると思います、カップ麺。

スーパーやコンビニに数多く陳列されています。

台湾カップ麵

日本同様、麺を食べるお国柄なのでインスタントの麺もポピュラーです。

ホテルの部屋には湯沸かしポットが置かれていることも多いので、旅行中の小腹を満たすのに食べたくありませんか?

また、かさばりますが、異国の味を楽しむお土産としてもおすすめです。

日本では買えないカップ麺を台湾旅行のお土産として持ち帰るならきっと受け取った人も喜んでくれるでしょう。

というわけで、今回は台湾のコンビニエンスストア(台北市内のセブンイレブン)で購入したカップ麺10種類を食べ比べました!

コンビニエンスストアは店舗の規模から扱える商品数に限りがあります。

陳列している商品はすべて人気の品となるので、実際に台湾の方々に好まれているカップ麺でもあると言えるでしょう。

実際の調理ではカップ麺のフタは指定の範囲まで開いてお湯を注ぎます。

台湾カップ麵

すべて食べ比べた後に、私の好きなおすすめカップ麺もご紹介します。

それではさっそく食べ比べてみましょう。

來一客 鮮蝦魚板風味

來一客 鮮蝦魚板風味
商品名 來一客杯麵 鮮蝦魚板風味>
製造会社 統一企業(股)公司
原産地 台湾
内容量 63g
寸法 フタ径11cm×カップ高さ9.3cm
カロリー 289kcal
保存期間 180日
購入価格 25元
來一客 鮮蝦魚板風味

乾燥具材が入っている調味粉包と調味油包が入っています。

両方を麵にのせます。

來一客 鮮蝦魚板風味

湯(約320㏄)を注ぎ3分で出来上がり。

來一客 鮮蝦魚板風味

人参とわかめの色がとても鮮やかで食欲をそそります。

なるとと小エビもしっかりと入っています。

來一客 鮮蝦魚板風味

エビと魚の風味のカップ麵です。

極普通の安いカップ麵という印象。(子どもたちは「ポケモン麺の味」と表現)

嫌みの無い味でさっぱりとしています。

わりと日本風の香り。

塩ラーメンを思わせ、シーフード臭さもないので抵抗なく食べられます。

スポンサーリンク

來一客 韓式泡菜風味

來一客 韓式泡菜風味
商品名  來一客杯麵 韓式泡菜風味
製造会社  統一企業(股)公司
原産地  台湾
内容量  67g
寸法 フタ径11cm×カップ高さ9.3cm
カロリー  293kcal
保存期間  180日
販売価格  25元
來一客 韓式泡菜風味

調味粉包とフリーズドライの2包入り。

両方を麵にのせます。

來一客 韓式泡菜風味

湯(約320cc)を注ぎ3分で出来上がり。

來一客 韓式泡菜風味

フリーズドライが溶けるとキムチが出てきます。

スープも若干キムチ色になります。

來一客 韓式泡菜風味

韓国キムチ風味のカップ麵です。

台湾でもキムチは人気です。

どちらかというと台湾のキムチは旨みよりも酸っぱいという印象があります。

このラーメンもイタリアンチリトマトっぽい酸っぱさを感じました。

酸っぱさを感じるため、辛さは思ったよりも控えめで、キムチのフレーバーを味わうものと思った方がよさそうです。

來一客 牛肉蔬菜風味

來一客 牛肉蔬菜風味
商品名 來一客杯麵 牛肉蔬菜風味
製造会社 統一企業(股)公司
原産地 台湾
内容量 65g
寸法 フタ径11cm×カップ高さ9.3cm
カロリー 300kcal
保存期間 180日
購入価格 25元
來一客 牛肉蔬菜風味

乾燥具材が入っている調味粉包と、調味油の2包が入っています。

両方を麵にのせます。

來一客 牛肉蔬菜風味

湯(320cc)を注いで3分で出来上がり。

來一客 牛肉蔬菜風味

ほうれん草と人参に加えて、脱水牛肉が入っています。

思ったよりも具だくさんの印象。

また、唐辛子が目立ちますね。

來一客 牛肉蔬菜風味

牛肉と野菜風味のカップ麵です。

袋入りのインスタント牛肉麺にあるような味。

日本にはない台湾独特の香りがします。

味は濃いめだが、唐辛子の辛さはさほど感じず、食べやすいです。

肉は牛肉麺の肉というよりもピザのイタリアンソーセージを思わせます。

味味一品 原汁珍味牛肉麵

味味一品 原汁珍味牛肉麵
商品名 味味一品 原汁珍味牛肉麵
製造会社 味丹企業股份有限公司
原産地 台湾
内容量 185g
寸法 フタ径18cm×カップ高さ7.0cm
カロリー 498kcal
保存期間 6カ月
購入価格 53元
味味一品 原汁珍味牛肉麵

調味粉包と、調味油包と、肉の入った調理包の3包が入っています。

調味粉包と調理油包を麵にのせます。

味味一品 原汁珍味牛肉麵

湯(約500cc)を注いでフタをして、フタの上で調理包を温めておきましょう。

3分経ったら調理包の具材を汁ごと麵にあけて出来上がり。

味味一品 原汁珍味牛肉麵

調理包の内容量は93g、うち固形物(肉)は28gです。

味味一品 原汁珍味牛肉麵

具は肉以外は乾燥青ねぎだけです。

味味一品 原汁珍味牛肉麵

煮込み牛肉のカップ麵です。

八角の台湾らしい香りがします。

スープの色は濃いですが、味は薄め。

パッケージの写真ほど濃厚ではありません。

肉は少し炭火のような風味があり、しっかりと味がします。

一度贊 紅燒牛肉麵

一度贊 紅燒牛肉麵
商品名 一度贊 紅燒牛肉麵
製造会社 維力食品工業股份有限公司
原産地 台湾
内容量 200g
寸法 フタ径18cm×カップ高さ7.0cm
カロリー 557.6kcal
保存期間 6カ月
購入価格 53元
一度贊 紅燒牛肉麵

乾燥具材が入っている調味粉包と、調味油包と、肉の入った調理包と香蒜金椒の4包が入っています。

調味粉包と調味油包の2包を麵にのせます。

一度贊 紅燒牛肉麵

湯(分量が書かれていないのでカップの肩の線の部分まで入れてみました)を注いでフタをして、フタの上で調理包を温めておきましょう。

一度贊 紅燒牛肉麵

3分経ったら調理包の具材を汁ごと麵にあけ、香蒜金椒をいれて出来上がり。

一度贊 紅燒牛肉麵

調理包の内容量は100g、うち固形物(肉)は35gです。

一度贊 紅燒牛肉麵

青梗菜、人参なども入っていて、具が多い印象があります。

一度贊 紅燒牛肉麵

台湾風牛肉煮込みのカップ麵です。

本格的な牛肉麵の香りがします。

しかし、麺に味が絡みにくいです。

香蒜金椒を入れると辛みだけが増します。

入れない状態では物足りないのですが、入れても旨みがない感じです。

肉の量が多く、具も多いので高級感があります。

滿漢大餐 麻辣鍋牛肉麺

滿漢大餐 麻辣鍋牛肉麺
商品名 滿漢大餐 麻辣鍋牛肉麺
製造会社 統一企業(股)公司
原産地 台湾
内容量 204g
寸法 フタ径18cm×カップ高さ7.0cm
カロリー 590kcal
保存期間 180日
購入価格 53元
滿漢大餐 麻辣鍋牛肉麺

調味粉包と、調味油包と、肉の入った調理包の3包が入っています。

乾燥具材が入っている調味粉包と調理油包を麵にのせます。

滿漢大餐 麻辣鍋牛肉麺

湯(500cc)を注いでフタをして、フタの上で具材を温めておきましょう。

3分経ったら具材を中の汁ごと麵にあけて出来上がり。

滿漢大餐 麻辣鍋牛肉麺

調理包の内容量は105g、うち固形物(肉)は25gです。

滿漢大餐 麻辣鍋牛肉麺

具は肉以外は乾燥青ねぎだけです。

滿漢大餐 麻辣鍋牛肉麺

スパイシーに煮込んだ牛肉のカップ麵です。

麺が平打ち麵で、日本のカップうどんを思わせます。

麻辣油が別添えではなく、肉と一緒になっているため、肉の味もしっかり。

八角の香りが強いです。

ほどよい辛さで食べやすいが、後から山椒が効いてきます。

辛さに抵抗がなければ美味しく、汗をかきながら麻辣を楽しむ麺でしょう。

阿Q桶麵 雞汁排骨風味

阿Q桶麵 雞汁排骨風味
商品名 阿Q桶麵 雞汁排骨風味
製造会社 統一企業(股)公司
原産地 台湾
内容量 107g
寸法 フタ径14cm×カップ高さ10.5cm
カロリー 509kcal
保存期間 180日
購入価格 35元
阿Q桶麵 雞汁排骨風味

乾燥具材が入っている調味粉包と調味油包の2包が入っています。

両方を麵にのせます。

阿Q桶麵 雞汁排骨風味

湯(600cc)を注いで3分で出来上がり。

阿Q桶麵 雞汁排骨風味

豚肉片と人参、キャベツの具が入っています。

阿Q桶麵 雞汁排骨風味

鶏だしの排骨(パイコー:スペアリブ)の風味のカップ麵です。

一般的な醤油味の香りがします。

特に特徴がないと言えますが、シンプルで抵抗なく食べられます。

他と比べて麺に弾力がある感じ。

分量が多いので、安くお腹をいっぱいにするのに向いています。

統一麺 肉燥風味特大號

統一麺 肉燥風味特大號
商品名 統一麺 肉燥風味特大號
製造会社 統一企業(股)公司
原産地 台湾
内容量 85g
寸法 フタ径14cm×カップ高さ7.5cm
カロリー 417kcal
保存期間 180日
購入価格 23元
統一麺 肉燥風味特大號

乾燥具材が入っている調味粉包と調味油包の2包が入っています。

両方を麵にのせます。

統一麺 肉燥風味特大號

湯(450cc)を注いで3分で出来上がり。

統一麺 肉燥風味特大號

脱水豚肉片と青ネギが入っています。

統一麺 肉燥風味特大號

肉燥(バーソー:台湾風肉味噌)の風味のカップ麵です。

麺が細く、にゅうめんのよう。

味もさっぱりしているので、スルスルと食べられます。

ただ、ニンニクとフライドオニオンも多く入っているようで、においが苦手だと食べるのが厳しいかもしれません(子どものひとりは苦手だと言いました)。

逆にニンニクとフライドオニオンの風味が日本人のラーメンの印象と異なり、好きな人にはたまらないでしょう。

この統一麺のシリーズは台湾でとてもポピュラーで、調味料が売られています。

統一麺 肉燥風味特大號

また、渡辺直美ちゃんがこの青いもの(ビーフン麺)がお気に入りだと著書で紹介しています。

維力炸醤麺

維力炸醤麺
商品名 維力炸醤麺
製造会社 維力食品工業股份有限公司
原産地 台湾
内容量 90g
寸法 フタ径14.4cm×カップ高さ7.7cm
カロリー 410.3kcal
保存期間 6カ月
購入価格 23元
維力炸醤麺

フタを開けるとカップが2重になっています。

粉末の入っている湯包と調味油包の2包が入っています。

空のカップに湯包を入れます。

麵のカップにお湯(分量は書かれていません。麺がしっかりと浸るくらいで作ってみます)を注ぎます。

維力炸醤麺

3分後に麵のカップの中のお湯を調味粉を入れた空だったカップに注ぎ、麵に調味油包をからめていただきます。

維力炸醤麺

具はスープの青ネギだけというシンプルさ。

維力炸醤麺

カップで作るスープ付きジャージャー麺です。

カップ焼きそばを作るときに捨ててしまうお湯を利用したスープという感じでしょうか。

1つで2度美味しくいただけます。

豆板醤、ニンニク、ネギ、豚肉エキスなどの香ばしい味噌を、炸醤麺(ジャージャー麺)のようにをからめて食べます。

麺にしっかりと味が馴染み、スープが口安めになり、バランスがいいです。

こちらはインスタントラーメンも販売されていて、お土産に喜ばれます。

維力炸醤麺

味味A 排骨鶏湯麵

味味A 排骨鶏湯麵
商品名 味味A 排骨鶏湯麵
製造会社 味丹企業股份有限公司
原産地 台湾
内容量 90g
寸法 フタ径14cm×カップ高さ7.8cm
カロリー 432kcal
保存期間 6カ月
購入価格 23元
味味A 排骨鶏湯麵

乾燥具材が入っている調味粉包と調味油包の2包が入っています。

両方を麵にのせます。

味味A 排骨鶏湯麵

湯を注いで3分で出来上がり。

味味A 排骨鶏湯麵

キャベツと青ネギが入っています。

調味油の中に豚肉が入っていて乾燥肉とは違った食感と風味があります。

味味A 排骨鶏湯麵

鶏だしの排骨(パイコー:スペアリブ)の風味のカップ麵です。

焦がし葱の味が香ばしく、後味で鼻に抜けていきます。

日本のラーメンと比べてしまうと、ちょっと個性が強い感じでしょう。

私が好きなおすすめのカップ麺をご紹介

お分かりになると思いますが、1~3は來一客のシリーズです。

これは今台湾でとても人気なのだそう。

実際に店頭にも多く並んでいます。

安価で手軽に食べられて、種類も豊富。

日本で言うと日清のカップラーメンのような商品です。

そして、4~6は樹脂製カップの牛肉麵です。

全て肉が入っている調理包が別に添えられていますね。

乾燥具材ばかりではないので本格的なラーメンが食べられます。

その分、お値段が來一客の2倍くらいです。

7~10は人気商品のラインナップになっています。

昔から親しまれているラーメンもあります。

では好きなカップ麺をあげてみましょう。

1~3では3の來一客杯麵牛肉蔬菜風味がおすすめ。

來一客杯麵牛肉蔬菜風味

4~6では6の滿漢大餐麻辣鍋牛肉麺がおすすめ。

滿漢大餐麻辣鍋牛肉麺

7~10では9の維力炸醤麺がおすすめ。

維力炸醤麺

全体を通して好きなのは6の滿漢大餐麻辣鍋牛肉麺です。これが一番のおすすめです。

滿漢大餐麻辣鍋牛肉麺

どれも台湾独自の麺を食べたと実感できるからです!

台湾のカップ麺を食べ比べてみてわかったこと

カップの素材の違い

カップ麺には大きく分けて2種類あるようです。

カップ(どんぶり)で見分けると分かりやすいです。

ひとつは紙のカップ。

カップの素材の違い

もうひとつはこのような発泡スチロールのような樹脂系のもので、こちらはドンブリのような形をしているものが多いです。

カップの素材の違い

実際に食べ比べてみると、樹脂系カップのものは別添えの油がついています。

また、あらかじめ調理されている具材を乗せるようになっていて、高級感があります。

食べる時には、ラーメンのどんぶりで食べているようになります。

具の高級感に合わせて、スープの脂分に対応するための樹脂系カップなのでしょう。

味の分類は大きく分けて3種類

私たち日本人がカップ麺を選ぶときに意識すると良いのが味。

大きく分けて3種類あります。

  1. シンプルな味付け
  2. 八角など中華スパイスの味付け
  3. 麻辣の味付け

です。

お子さんが食べる時にはシンプルな味付けのものが良いでしょう。

比較的レトロ感があるパッケージのものに多いようです。

八角などの中華スパイスの味付けは、台湾や中華圏の麵や料理が好きな方にはたまらないもの。

香りを嗅いだだけで、食欲が増します。

ただ、苦手な人も多い香りなので、その場合はシンプルな味付けのものにした方が美味しくいただけるでしょう。

麻辣の味付けのものは、主に樹脂系カップの高級品に多いです。

台湾カップラーメン

麻辣油が別に添えられていることが多いからです。

麻辣の”辣”である唐辛子の辛さだけでなく、”麻”がきついものもあります。

”麻”は山椒の辛さなので、苦手な方も多いでしょう。

麻辣油を加えないで食べることもできますが、やはり味気ないものになります。

八角に加えて、ニンニクが使われているもの、ネギの風味を強く出しているものもあります。

中華、台湾の味を楽しむつもりで食べてみましょう。

スポンサーリンク

台湾で人気のカップ麵のアレンジ

台湾で人気のカップ麵のアレンジ

日本のチキンラーメンのように卵を落とすのはオーソドックスなアレンジ。

台湾ドラマなどでよく食べているのが出来上がりのラーメンにハムとスライスチーズを乗せたもの。

とても手軽ですよね。

最近SNSで話題になっているのはプリン乗せ。

これは試すのに勇気がいりそうですね。

安いプッチンとするタイプを麵の上にのせてお湯を注ぐのだそう。

クリーミーになって意外と美味しかったと、評判がいいようです。

どちらもコンビニで手に入るものなので旅行中にも食べられそう。

ぜひ、機会があったら試してみてくださいね。

以上、台湾のお土産としても人気のカップ麺を徹底的に食べ比べた記事でしたがいかがでしたか?

みなさんもおいしいカップ麺にめぐりあえるといいですね。



【台湾旅行のお土産にも人気】台湾のコンビニで買えるカップ麺の食べ比べとおすすめ比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。