品川スキンクリニック美容皮フ科の肝斑(かんぱん)治療 メドライトC6(レーザートーニング)の特徴・料金のまとめ

品川スキンクリニック 名古屋院

品川スキンクリニック美容皮フ科(美容皮膚科)は、開業から20年以上の歴史を持つ医療法人社団翔友会グループが、品川美容外科と並び展開するスキンケアクリニック(美容皮膚科)です。

品川スキンクリニック美容皮フ科は全国に25院を展開しており、各院では、にきび、シミ、肝斑などのお肌のトラブルや、小顔、若返り、医療脱毛、痩身治療など美容に関するさまざまな悩みの解決に向き合ってくれます。

美容医療・美肌治療はいわゆる「保険診療」ではないので、健康保険は適用されず、全額実費負担。費用は決して安くありませんが、女性にとっては深刻なお肌や体の悩みに積極的にアプローチしてくれるとあって、人気があります。

とはいえ、「クリニックの中がどんな雰囲気かわからなくて不安」「高額なコースに強引に勧誘されるのでは?」と心配している方も少なくないでしょう。

品川スキンクリニック美容皮フ科

今回は、筆者が愛知県名古屋市、JR名古屋駅桜通り口から徒歩10分の場所にある品川スキンクリニック名古屋院で実際にお試し(トライアル)を受けてきた感想を交え、品川スキンクリニックの特徴や料金をまとめて紹介します。

なお、今回筆者が受けたのは、しみの一種である「肝斑(かんぱん)」を治療するレーザートーニング「メドライトC6」の1回トライアルです。

品川スキンクリニックの施術は、トライアルを含め完全予約制となっているため、あらかじめ公式ウェブサイトより初回カウンセリング予約をし、予約時間にクリニックを訪れる流れとなります。

品川スキンクリニック 名古屋院 クリニック内の様子

品川スキンクリニック美容皮フ科

品川スキンクリニック 名古屋院は、JR名古屋駅桜通り口から徒歩10分ほどの立地。クリニックの入っているビルが少しわかりにくいので、初めての方は時間に余裕をもって行くのがよさそうです。(公式ウェブサイトに写真つきの詳しいアクセス方法が掲載されています。)

待合室は清潔感があり、明るい雰囲気。スタッフも話しやすく、親しみやすい印象を受けました。

品川スキンクリニック美容皮フ科

こちらの椅子でドクターの診察に呼ばれるのを待ちます。

スポンサーリンク

メイクを落として診察室でドクターの診察

品川スキンクリニック美容皮フ科

ドクターの診察を受ける前に洗面台へ案内され、メイクを落とすように指示されます。(洗顔フォーム、タオル、ターバンあり。)

素顔になった状態で、診察室へ移動し、ドクターの診察を受けます。美容皮膚科によっては複数のドクターが在籍しており、実際に担当してくれるのがどのドクターになるかわからない…というクリニックもありますが、品川スキンクリニック名古屋院の場合は院長先生ひとりだけ。継続して通うことを考えたとき、毎回同じドクター(それも院長)に診てもらえるのは安心感がありますね。

診断の結果、筆者の肌には肝斑と通常の紫外線によるしみが混在しているので、肝斑にアプローチできるレーザートーニング「メドライトC」を継続的に受け、数回に一度フォトシルクプラス(強力光美白=シミやくすみ、そばかすなどの治療に使用されるイタリアDEKA社の最新美白治療器による照射)を勧められました。

レーザートーニング「メドライトC」は、従来は治療が困難だった根深い肝斑やシミに効くレーザー治療。肝斑にアプローチできるのはこのメドライトCだけですが、その効果はゆっくり・じっくり・少しづつしか実感できないため、1回の治療で効果を実感しやすいフォトシルクプラスを組み合わせていくのがおすすめとのこと。

フォトシルクプラスはメラニン色素への反応性が高い・コラーゲン増殖作用を促進・色素を吸収するなどの特徴がありますが、肝斑へは効果がないので組み合わせていくことで、早く理想の肌(しみのない肌)へ近づくことができるというわけです。(※肝斑以外のしみ・そばかすのほうが治療の効果がわかりやすく、それを先にやっていくことで、見た目の印象を早く変えていく方向。)

一方で、フォトフェイシャル、フォトシルクプラスなどの光美白は、肝斑を濃くしてしまう可能性もあると聞くので、悩ましいところです。

希望があれば、この日レーザートーニング「メドライトC」ではなく、フォトシルクプラスを受けることも可能と言われましたが、今回は肝斑治療のためレーザートーニング「メドライトC」を受けることにしました。(※同じ日に両方の照射を受けることはできません。)

レーザートーニング「メドライトC」トライアル体験

品川スキンクリニック美容皮フ科

ドクターの診察後、スタッフに案内され、処置室へ移動。すべての施術はこのように個室で行われ、ほかの患者さんと治療中に顔を合わせることはないのでプライバシーも保たれています。
なお、レーザー照射を行うのは、ドクターではなくスタッフです。

レーザートーニング「メドライトC」について

レーザートーニング「メドライトC」について、品川スキンクリニック公式サイトの説明を引用します。

レーザートーニングは今までは難しいとされてきた根深い肝斑の治療を可能にし、微弱なパワーを均一にしながらレーザーを当てることにより、シミや肝斑の原因となるメラノサイトを活性化させずに、徐々に薄くすることができます。

回数を重ねるにより、しみや肝斑の他にも、色素沈着・くすみ・開いた毛穴などの治療が可能です。継続することでお肌にハリやキメ、潤いが戻ります。

レーザートーニング「メドライトC」は、治療台に仰向けに寝てた状態で施術を受けます。

施術中は目を保護するマスクのようなものをつけられるので、実際にどのような照射が行われているかを見ることはできませんが、肌へのピリピリ・ちくちくとした痛みで、しっかりレーザーが照射されているのがわかります。また、産毛のメラニン色素がレーザーに反応するため、軽く毛が焦げるような匂いもしました。

痛みは輪ゴムで軽くはじかれる程度。感じ方には個人差があると思いますが、個人的には「このくらいなら全然平気。」と思えるレベルです。

品川スキンクリニック美容皮フ科

施術後は、メイクルームに移動して、身だしなみを整えて、すべて完了。メイクをして帰りたい人はここでメイクができるので、道具を持ってきましょう。なお、「帰宅するだけだからメイクはしなくてもいいや。」という方も、レーザートーニングを受けた後のお肌はとても敏感になっているので、保湿と日焼け止めだけはしっかり塗って帰るのがベター。

スポンサーリンク

品川スキンクリニックの特徴 料金のまとめ

品川スキンクリニック美容皮フ科

品川スキンクリニック 名古屋院は、JR名古屋駅「桜通り口」から徒歩約10分、名鉄名古屋駅「中央出口」から徒歩15分の立地。歩いていくことはできるのですがそこそこ距離があるので、継続して通うことを考えると少し駅から遠いな(往復の移動時間がかかるな)というのが正直な感想。

今回トライアルを受けた品川スキンクリニックのメドライトC(レーザートーニング)のお試し価格は以下の通り。

  • 頬のみ 初回お試し 2,800円(税込)
  • 顔全体 初回お試し 1回 4,800円(税込)

いずれもトライアルは1人1回限りとなります。

なお、ドクターも診察時に、「メドライトCを一回受けても目に見えて肝斑の改善が実感できるわけではない」と話していたように、レーザートーニングはゆっくりじっくり肝斑にアプローチしていく治療なので、トライアルの1回で効果がでることはまず期待できません。

あくまでも、「どんな施術をするのか」「痛さはどうか」「通えそうか」などを確認するためのお試しと考えたほうがよいでしょう。

なお、レーザートーニング「メドライトC」は、フォトシルクプラスなどの光美白とは同時(同じ日)に施術を受けることはできませんが、「パール美肌」シミ対策用メニュー(トラネキサム酸+ビタミンC)をオプションでつけることができます。

パール美肌は針を使わない無痛の美肌トリートメントで、お肌の奥まで美容液を浸透させるというもの。パール美肌の初回お試しは顔全体で1,980円とお手頃なので、「せっかくトライアルに行ってもお肌の改善がなにも得られないのはイヤ」という方は、レーザートーニング「メドライトC」にパール美白をオプションで加えてみるのもよいかもしれません。

お試しを受けた後は、その後のコースの提案はありますが、特にしつこい営業やコース契約を無理に求めてくるようなことはありませんでした。(個人的には、あっさりしすぎている印象を受けたほどで、もう少し治療計画を具体的に示してくれてもよかったのに、と感じました。)

継続して治療を受けたい場合は、電話で次回の予約を取るかたちとなります。

湘南美容外科と品川スキンクリニック、肝斑(かんぱん)治療をするならどっちがいいのか比較してみた

2017.02.13



品川スキンクリニック 名古屋院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

愛知県在住のフリーランス。2004年より、「わらしべ暮らしのブログ」を運営しています。個人ブログのほか、現在は旅ライター(国内・海外)としても活動中。レビューズ公認ブロガー、GOTRIP!旅ライター。 だれだって、お金を使ってモノを買ったりサービスに申し込むのであれば、自分に合ったもの・満足できるものにお金を使いたいもの。読んだ方のモノ選び・サービス選びのお手伝いができるようなクラベタ記事を書いていきます。