フィリピンおみやげの定番【セブドライマンゴーおすすめ比較】7Dほか12種類を食べ比べ

フィリピンおみやげの定番【セブドライマンゴーおすすめ比較】7Dほか12種類を食べ比べ

フィリピンのお土産でメジャーなのはセブのドライマンゴー。

マンゴー特有の独特な甘さと酸味のバランスが人気の理由ではないでしょうか。

好きな方は多いものの、日本では生のマンゴーを手軽に食べることができないのが残念です。

そこでドライマンゴー。

乾燥させることで味がさらに深まり、そのまま食べたりヨーグルトに漬け込んで柔らかくしていただいたりと、美味しいマンゴーを味わうことができます。

セブ島ではお土産店はもちろんのこと、市中のスーパーやコンビニでもお土産用に買い求める外国人を多く見かけます。

フィリピンおみやげの定番「セブドライマンゴー」を徹底比較

種類がとても多いので、どれを購入したらよいのか悩むところ。

皆さん売場であれこれと手に取っていました。

最近では日本の輸入食品店でも購入できますね。

そこでフィリピンのお土産の定番、セブドライマンゴーを比較。

やっぱりマンゴーは生に限る!という40代主婦と、マンゴーなら生以外にもジュースからお菓子まで「マンゴー」と言われるものはなんでも好きな20代男子とでいただきました。

セブ島セブシティのアヤラモール内にあるRustan’sの地下のスーパーとMETROスーパーで売られているドライマンゴー、3.5オンス(100g)パックのもの(一部例外あり)と、一緒に陳列されているドライマンゴー類似商品の12種類です。

内容量のカッコ内は実際に果肉だけを計測した重さです。

Sodium metabisulfite(ピロ亜硫酸ナトリウム)、Preserved with Sulphur Dioxide(二酸化硫黄)は干しブドウなどの乾燥果実に多く使われる酸化防止剤です。

記載賞味期限は2017年8月初旬に購入した商品のもの。

評価は5段階評価。★5個でその項目について強いということ。

果肉感はジューシーさを表し、生っぽいのが5、乾燥気味なのが1となる。

スポンサーリンク

ROYAL DRIED MANGOES(ロイヤル)

商品名 Royal Dried Mangoes
製造会社 M.LHUILLER FOOD PRODUCTS,INC.
内容量 100g(104g)
カロリー 150kcal(約42g、7切れ)
原材料 Fresh Mangoes、Cane Sugar、Sodium metabisulfite

(フレッシュマンゴー、キビ砂糖、ピロ亜硫酸ナトリウム)

購入価格 88.95ペソ
賞味期限 2018年10月5日

大きさ、厚さ、色もそろっています。

果肉の大きな面を丁寧に切り出したという印象のカット。

40代主婦 20代男子
香り ★★ ★★★
マンゴー味 ★★ ★★★
甘さ ★★★ ★★★
歯ごたえ ★★ ★★
果肉感 ★★★ ★★

比較したドライマンゴーの中で、形や色が整っていて高級感があります。

マンゴーの果肉の良いところだけを切り出したのか、規格で整えたのか、丁寧に袋詰めしたと思えるもの。

「さすがマンゴーの本場」と思えるものですね。

ジューシーさはあまり感じられませんが、厚さが均一なため歯ごたえが柔らかめでお菓子のよう。

マンゴーの味はするものの、味がボケているような気も。

Cebu’s Lucky PREMIUM DRIED MANGOES MANGUE SECHE(セブズラッキー)

商品名 Cebu’s Lucky PREMIUM DRIED MANGOES
製造会社 M.LHUILLIER FOOD PRODUCTS,INC.
内容量 100g(104g)
カロリー 150kcal(約42g、7切れ)
原材料 Fresh Mangoes、Cane Sugar、Sodium Metabisulfite

(フレッシュマンゴー、キビ砂糖、ピロ亜硫酸ナトリウム)

購入価格 112.90ペソ
賞味期限 2018年10月25日

大きさ、色に若干ムラがあるありますが、厚さは比較的そろっています。

少しだけ折れているものもあります。

きれいに切り出したというよりも、削いだ印象のカット。

40代主婦 20代男子
香り ★★★ ★★★
マンゴー味 ★★★★ ★★★★
甘さ ★★★ ★★★★
歯ごたえ ★★★★ ★★★★★
果肉感 ★★★ ★★★

前述のロイヤルと同じメーカーのドライマンゴー。

ロイヤルよりも果肉は不ぞろいに見えるますが、折れ曲がっているが少ないので見た目は悪くはないです。

硬く歯ごたえがあるものの、ジューシーな果肉感もあるので、ドライマンゴーらしい食感。

マンゴー味も甘さもある反面、酸っぱさもあり、その甘さと酸っぱさを楽しむには美味しいドライマンゴー。

※ハラルマーク付き

Phillippine BRAND Dried Mangoes(フィリピンブランド)

商品名 Phillippine BRAND Dried Mangoes
製造会社 PROFOOD INTERNATIONAL CORPORATION
内容量 100g(102g)
カロリー 160kcal(約42g、6切れ)
原材料 Fresh Mangoes、Cane Sugar、Sodium Metabisulfite

(フレッシュマンゴー、キビ砂糖、ピロ亜硫酸ナトリウム)

購入価格 82.95ペソ
賞味期限 2019年7月31日

大きさ、厚さ、色、どれもムラがあります。

1枚ずつ、という認識がない感じの製造。どうやって切り出したらこのようになるのだろうか?と思ってしまうカット。

繊維が多く見られます。

40代主婦 20代男子
香り ★★★★ ★★★
マンゴー味 ★★★★ ★★★
甘さ ★★★★★ ★★★★
歯ごたえ ★★ ★★
果肉感 ★★★★ ★★★

形が不ぞろい、繊維がむき出し、いかにも手作りという感じの商品。

どれから食べようか悩んでしまうほどだが、食べるとマンゴー味が濃く、とても甘い!

ジューシーさもあり、柔らかく食べやすいです。(繊維は気にならない)

完璧に熟したマンゴーをドライにしたのではないかという印象。。

7D Dried Mangoes(セブンディー)

商品名 7D Dried Mangoes
製造会社 FPD FOOD INTERNATIONAL,INC.
内容量 100g(102g)
カロリー 140kcal(約42g、5切れ)
原材料 Premium Mangoes、Cave Suger、Sofium Metabisulfite、Confectioner’s Suger

(プレミアムマンゴー、きび砂糖、ピロ亜硫酸ナトリウム、粉砂糖)

購入価格 117.20ペソ
賞味期限 2018年7月14日

大きさ、厚さ、色にムラは少ないものの、折れているものが多いです。

丁寧に切り出したというよりは、果実の端から切っていったという印象のカット。

40代主婦 20代男子
香り ★★★★ ★★
マンゴー味 ★★ ★★★
甘さ ★★★ ★★★
歯ごたえ ★★★ ★★★★
果肉感 ★★★★ ★★★★

 

日本での知名度がダントツに高い7Dのドライマンゴー。

これだけを食べればマンゴー感を満喫できるものですが、他と比べると少し酸味があり、マンゴー味も甘さもあまり感じず、無難で大きな特徴がない味という印象です。

色は濃厚そうな色で、果肉も柔らかめでジューシー感があるが、それだけに味の物足りなさが残念。

tru-fruit CEBU’S DRIED MANGO(トゥルーフルーツ)

商品名 tru-fruit CEBU’S DRIED MANGO
製造会社 Cebu Legacy Marketing Corp.
内容量 136kcal(約40g、5-7切れ)
カロリー 100g (100g)
原材料 Selected Ripe Mangoes、Cane Suger、SO2、E220

(完熟マンゴー、キビ砂糖、二酸化硫黄)

購入価格 96.95ペソ
賞味期限 2018年5月31日

大きさは大小あるが、厚さ、色にムラが少ないです。

比較的きれいに切り出されいている印象のカット。

色も濃くておいしそうに見えます。

40代主婦 20代男子
香り ★★★ ★★
マンゴー味 ★★ ★★
甘さ ★★ ★★
歯ごたえ ★★★★ ★★★★
果肉感 ★★★ ★★★★

見た目は美味しそうに見えるが、食べたひと言めに「酸っぱい」と言ってしまうほど、マンゴーの甘さやマンゴーの風味が感じにくいです。

少し薬っぽい味がするのは気のせいか?

またジューシーさはあるが、硬くちょっとゴムのような食感。

果肉がきれいなのにちょっと残念です。

JOANNA PHILIPPINE DRIES MANGOES MANGUE SECHE(ジョアンナ)

商品名 JOANNA PHILIPPINE DRIES MANGOES
製造会社 M.LHUILLER FOOD PRODUCTS,INC.
内容量 100g(104g)
カロリー 150kcal(約42g、7切れ)
原材料 Fresh Mangoes、Cane Sugar、Sodium Metabisulfite

(フレッシュマンゴー、キビ砂糖、ピロ亜硫酸ナトリウム)

購入価格 118.90ペソ
賞味期限 2018年11月5日

大きさ、厚さにムラがあるがありますが、色のムラはさほどないです。

きれいに切り出したというよりも、削いだ印象のカットで、表面が凸凹しているものもあります。

40代主婦 20代男子
香り ★★★★ ★★★★
マンゴー味 ★★★ ★★★★
甘さ ★★★★ ★★★★
歯ごたえ ★★ ★★★
果肉感 ★★★ ★★★★

香りもあり、マンゴーの味を感じられ、甘さも濃厚。

厚さは均一ではないが、噛みやすくほどよいジューシーさで、さらっと食べられます。

3種類あるM.LHUILLER FOOD PRODUCTS,INC.の商品の中ではこれが一番マンゴー味があるのではないでしょうか。。

※ハラルマーク付き

CEBU BEST DRIED MANGO(セブベスト)

商品名 CEBU BEST DRIED MANGO
製造会社 AEO INTERNATIONAL FOOD CORP.
内容量 80g(82g)
カロリー 140kcal(約42g、8切れ)
原材料 Mangoes、Cane Sugar、Sodium Metabisulfite

(マンゴー、キビ砂糖、ピロ亜硫酸ナトリウム)

購入価格 100.00ペソ
賞味期限 2018年8月15日

大きさに大小あり、厚さもムラがあるが、色は濃いめで比較的ムラが少ない。

全体的に小さめのものが多い印象。

40代主婦 20代男子
香り ★★★ ★★
マンゴー味 ★★★ ★★★★
甘さ ★★★ ★★★
歯ごたえ ★★★ ★★★★
果肉感 ★★★★ ★★★★

 

この商品だけ内容量が80gだが、緑や黄色でマンゴーの写真が目立つ中、クラシカルなデザインの袋でパケ買いをしてしまいました。

「いかにも」な感じではなく、日本語が書かれていない袋、サイズにムラはあるものの、折れ曲がっているものがなく、色も濃いめ。

香りはあまり感じられないが、マンゴーの風味と独特の甘さはあります。

お洒落なお土産としてお勧めできます。

freshco CEBU BRAND DRIED MANGOES(フレスコ)

商品名 freshco CEBU BRAND DRIED MANGOES
製造会社 BEEGGYMEN TRADE CENTER
内容量 100g (102g)
カロリー 140kcal(約40g、5切れ)
原材料 Mangoes、Cane Sugar、Confectioner’s Suger、Sodium Metabisulfite

(マンゴー、キビ砂糖、粉砂糖、ピロ亜硫酸ナトリウム)

購入価格 108.90ペソ
賞味期限 2018年6月30日

大きさや厚さにムラはないが、折れ曲がっているものが多いです。

全体的に濃いめの色で黒っぽいものもあります。

40代主婦 20代男子
香り ★★★★ ★★★
マンゴー味 ★★★★ ★★★★★
甘さ ★★★ ★★★★★
歯ごたえ ★★ ★★★
果肉感 ★★★★ ★★★★

売り場で目を引く黄色の袋。

日本語が書かれていますが間違っていないし、センス良くレイアウトされているので安っぽいお土産感がないです。

柔らかく、ジューシーな果肉感があり、食べやすい食感。

マンゴー特有の独特な甘さをしっかりと感じることができるので、見た目はあまりよくないが美味しいドライマンゴーです。

Pro food CEBU PHILIPPINES DRIED MANGOES(プロフード)

商品名 Pro food CEBU PHILIPPINES DRIED MANGOES
製造会社 Profood International Corp.
内容量 100g(102g)
カロリー 140kcal(約42g、約6切れ)
原材料 Mangoes、Sugar、Sodium metabisulfite

(マンゴー、てんさい糖、ピロ亜硫酸ナトリウム)

購入価格 114.90ペソ
賞味期限 2019年7月31日

大きさ、厚さともにムラがある、カットもちぎったような印象。

色もムラがあり、濃淡の幅が大きいです。

40代主婦 20代男子
香り ★★★★★ ★★★★
マンゴー味 ★★★★ ★★★★★
甘さ ★★★★ ★★★★★
歯ごたえ ★★ ★★★★
果肉感 ★★★★ ★★★★

ほかにも多くある、緑の背景にマンゴーの写真のデザイン。

外国製品によくある怪しい日本語が書かれていて、すこし安っぽさを感じかねません。

しかし、今回比較した中では香り、マンゴー味、甘さが際立っていて、それでいて酸味もあるため、見た目を気にしないならおすすめです。

Pro food CEBU PHILIPPINES DRIED GREEN MANGOES(プロフード・グリーンマンゴー)

商品名 Pro food CEBU PHILIPPINES DRIED GREEN MANGOES
製造会社 Profood International Corp.
内容量 100g(102g)
カロリー 150kcal(約42g)
原材料 Selected Green Mangoes、Suger、Preserved with Sulphur Dioxide

(グリーンマンゴー、てんさい糖、 二酸化硫黄)

購入価格 77.50ペソ
賞味期限 2019年7月31日

大きさは小さく、厚さは薄く、削ぎだしているという印象のカット。

グリーンマンゴーなので青さを感じる白い色です。

40代主婦 20代男子
香り ★★
マンゴー味
甘さ ★★
歯ごたえ ★★★★★ ★★★★
果肉感 ★★ ★★★

「青マンゴーイコール酸っぱい」とイメージしていても、酸っぱいです。

これがそういうものだと分かって食べれば美味しいと感じられるが、マンゴーを意識していると「えっ?」と思ってしまうでしょう。

果肉もジューシーというよりも比較的サクサクしています。

すでに青マンゴーを知っていて好きな人には良いが、初めて食べても好き嫌いが分かれそう。

DRIED Mango Balls(ドライマンゴーボール)

商品名 DRIED Mango Balls
製造会社 PROFOOD INTERNATIONAL CORP.
内容量 100g (104g )
カロリー 160kcal(約42g、6個)
原材料 Selected Mangoes、Sugar、Preserved with Sulfur Dioxide

(マンゴー、てんさい糖、 二酸化硫黄)

購入価格 51.95ペソ
賞味期限 2019年7月31日

ボール状の丸いものがひとつずつ包装されている。

見た目は梅の甘露煮のよう。

40代主婦 20代男子
香り ★★ ★★★★
マンゴー味
甘さ ★★★★★ ★★★
歯ごたえ
果肉感

これをドライマンゴーと呼んでいいのか?と思ってしまう商品。

これはこれで別のものと考えた方がよいかもしれません。

”マンゴーの香りがするすごく黒糖甘い果肉を丸めたもの”という印象。

好きな人は好きだろうが、マンゴー感を求めていると残念に思うかもしれません。

Dried Mangoes + Dark Chocolate enrobed(セブンディー・ダークチョコレートがけ)

商品名 Dried Mangoes + Dark Chocolate enrobed
製造会社 FPD FOOD INTERNATIONAL ,INC.
内容量 80g(80g)
カロリー 365kcal(80g)
原材料 Premium Mangoes、Cane Sugar、Dark Chocolate、Sodium metabisulfite、Confectioner’s Sugar

(マンゴー、きび砂糖、ダークチョコレート、ピロ亜硫酸ナトリウム、粉砂糖)

購入価格 87.50ペソ
賞味期限 2018年7月25日

大きめで、厚さもあるマンゴーにダークチョコレートを半分コーディングしたものです。

マンゴーはこの商品のために形や色が選ばれているような印象。

40代主婦 20代男子
香り ★★(マンゴー) ★★★★(チョコ)
マンゴー味 ★★ ★★
甘さ ★★ ★★
歯ごたえ ★★★★ ★★★★★
果肉感 ★★ ★★★

オレンジやレモンのチョコレートがけが好きな方には好まれるでしょう。

ただ、マンゴーは柑橘果実よりも酸味がないので、味のコントラストが少なく物足りなさを感じるでしょう。。

チョコレートがダークなのと、香りが強いので、マンゴーを食べている感じがしません。

常温で保存していてもチョコレートが溶けることがないのでお土産に持ち帰ることもできます。。

ジッパー付きの袋に入っています。

日本で知名度が高い7Dの商品であることもあり、形のきれいなマンゴーで少量で特別感があるので、ちょっとしたお土産に向いているでしょう。

好きなフィリピン・セブドライマンゴーランキングベスト3

 

「マンゴーは生」派の40代主婦が選ぶランキング

  1. freshco CEBU BRAND DRIED MANGOES(フレスコ)
  2. Phillippine BRAND Dried Mangoes(フィリピンブランド)
  3. Pro food CEBU PHILIPPINES DRIED MANGOES(プロフード)

台湾のドライマンゴーを食べ慣れているので、それとフィリピンセブマンゴーを比べてみると、フィリピンセブマンゴーは酸味が強めで、果肉にジューシー感が残っているものが多い印象があります。

そこで選んだのは酸味が少なくて甘くて食感が良いものです。

やっぱり加工したものは好みません。

「マンゴーなら何でも好き」派の20代男子が選ぶランキング

  1. Pro food CEBU PHILIPPINES DRIED MANGOES(プロフード)
  2. freshco CEBU BRAND DRIED MANGOES(フレスコ)
  3. Phillippine BRAND Dried Mangoes(フィリピンブランド)

基本的にはマンゴー独特の味が好き。

マンゴーらしい甘さが感じられるものを選びました。

ドライマンゴーボール、ダークチョコレートがけは悪くないと思います。

結論:フィリピン・セブドライマンゴーのおすすめはどれ?

見た目重視なら

ROYAL DRIED MANGOES(ロイヤル)、CEBU BEST DRIED MANGO(セブベスト)

価格重視なら

Phillippine BRAND Dried Mangoes(フィリピンブランド)、ROYAL DRIED MANGOES(ロイヤル)

甘さ重視なら

Phillippine BRAND Dried Mangoes(フィリピンブランド)、freshco CEBU BRAND DRIED MANGOES(フレスコ)

マンゴーらしさ重視なら

Pro food CEBU PHILIPPINES DRIED MANGOES(プロフード)

食べやすさ重視なら

DRIED Mango Balls(ドライマンゴーボール)

安心感重視

7D Dried Mangoes(セブンディー)

意外性重視なら

Pro food CEBU PHILIPPINES DRIED GREEN MANGOES(プロフード・グリーンマンゴー)、Dried Mangoes + Dark Chocolate enrobed(セブンディー・ダークチョコレートがけ)

総合的におすすめするなら

  • Phillippine BRAND Dried Mangoes(フィリピンブランド)
  • freshco CEBU BRAND DRIED MANGOES(フレスコ)
  • Pro food CEBU PHILIPPINES DRIED MANGOES(プロフード)

の3つです。

見た目がよければ美味しい、お値段が高ければ美味しい、ではないということがわかりました!

きっと地元の方々はお気に入りのドライマンゴーがあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

おまけ:ドライマンゴーを美味しくいただくなら「お帰りマンゴ―」

マンゴーはビタミンCやカリウムを多く含み栄養価が高い食べ物です。

ドライマンゴーが好きではない、酸っぱい、硬い、という場合は「お帰りマンゴー」で食べると、美味しくいただけます。

今回比較した中で「ちょっとこれは…」というのをヨーグルトに漬けました。

プレーンヨーグルトにマンゴーの風味が溶け出し、マンゴーの果肉もフレッシュを思わせるように柔らかくなります。

ぷるぷるです。

酸っぱかったマンゴーから甘みも出てきて、食べやすくなりました!

ぜひ、お試しください。



フィリピンおみやげの定番【セブドライマンゴーおすすめ比較】7Dほか12種類を食べ比べ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。