【無印良品の炒めごはんの素を比較】ジャンバラヤ・タコライスほか・4種類を食べ比べた

【無印良品の炒めごはんの素を比較】ジャンバラヤ・タコライスほか・4種類を食べ比べた

おしゃれ雑貨や衣類などで有名な無印良品が、食品にも力を入れていることをご存知ですか?

カレーやご飯の素、ドリンクやお菓子にいたるまで、いろんな商品が販売されています。

数あるフードメニューのなかでちょっと気になるのが、炒めごはんの素。

聞くところによると、ご飯に混ぜて炒めるだけで本格的な味を楽しめるのだとか。

今回は、無印良品の炒めごはんの素を食べ比べてみました。

予想以上に美味しくてびっくりしました!

無印良品の「炒めごはんの素」を食べてみた

無印良品の炒めごはんの素

今回は、無印良品の「炒めごはんの素」を4つ購入してみました。

無印良品のご飯シリーズの公式サイトを見てみると、他にもいろんな種類があるんですね。

炒めごはんの素は、一律250円。

1袋で2人前分なので、1人前あたりは125円ですね。

コスパ的には良さそうですが、お味のほうはどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

タコライス

無印良品の炒めごはんの素(タコライス)
  • 品名:タコライス
  • 内容量:80g×2人前
  • 価格:250円
  • 具材:牛肉、スライスオリーブ、グリーンピースなど

まずはタコライスから食べてみましょう。

フライパンで白米を炒めながらソースを混ぜてみると、こんな感じに仕上がりました。

無印良品の炒めごはんの素(タコライス)

香りがめちゃくちゃ良い…。

見た感じはめちゃくちゃ辛そうですが、実際はそれほど辛くはありませんでした。

無印良品の炒めごはんの素(タコライス)

ご飯自体は、ピリ辛でクセのない味。

でも、濃い目に味付けされた牛肉、オリーブ、グリーンピースとご飯を絡めると辛さがアップ!

ご飯自体の旨みもアップします。

野菜や牛そぼろなんかをのせても美味しいでしょうね。

ナシゴレン

無印良品の炒めごはんの素(ナシゴレン)
  • 品名:ナシゴレン
  • 内容量:80g×2人前
  • 価格:250円
  • 具材:鶏肉、ピーマン、赤ピーマンなど

次はナシゴレンにいってみましょう。

ちなみにナシゴレンとは、インドネシア風の焼き飯のこと。

鶏肉、玉ねぎ、ピーマンなどの具材を使用し、カピやナンプラーで味付けしています。

さっそく作ってみると、ピラフみたいに仕上がりました。

無印良品の炒めごはんの素(ナシゴレン)

ナンプラーを使っているせいか、魚醤というか、魚介の香りが漂ってきますが、臭みはありません。

むしろ食欲をそそる感じですね。

無印良品の炒めごはんの素(ナシゴレン)

これはうまい!

ナシゴレンは辛いイメージでしたが、全然辛くはありません。

子供でも食べられるくらいの味付けですね。

魚介の風味が強くて、しっかりした旨味があります。

お好みで香草や目玉焼きをトッピングすると、さらに美味しいでしょうね。

ジャンバラヤ

無印良品の炒めごはんの素(ジャンバラヤ)
  • 品名:ジャンバラヤ
  • 内容量:80g×2人前
  • 価格:250円
  • 具材:玉葱、牛肉、マッシュルームなど

次はジャンバラヤにいってみましょう。

ジャンバラヤとは、チリペッパーを使ったアメリカ南部独特のご飯のことです。

よくファミリーレストランのメニューにもなっていますよね。

さっそくフライパンで調理したところ、これまでで一番辛そうな見た目に仕上がりました。

無印良品の炒めごはんの素(ジャンバラヤ)

スパイシーな雰囲気が伝わってきますね。

マッシュルームなどの具材もたっぷり入っています。

無印良品の炒めごはんの素(ジャンバラヤ)

これはかなり本格的。

しかも辛い! ちゃんと辛い!

ご飯自体も辛いですが、具材を食べたらもっと辛い。

味付けも濃い目なので、子供に食べさせるのは難しいと思います。

食べれば食べるほどに辛みが増す。

辛いもの好きの人にはたまらないでしょう。

ガパオライス

無印良品の炒めごはんの素(ガパオライス)
  • 品名:
  • 内容量:80g×2人前
  • 価格:250円
  • 具材:玉葱、鶏肉、ベーコンなど

最後に、ガパオライスを食べてみますね。

ガパオとは、タイ料理の「鶏肉のバジル炒め」のことをいうのだとか。

鶏肉のバジル炒めに鶏挽肉と野菜をプラスし、ナンプラーで味付けしているそうです。

さっそく作ってみました!

無印良品の炒めごはんの素(ガパオライス)

見た目はアジアンテイストなピラフといったところでしょうか。

ナンプラーの良い香りが広がります。

実際に食べてみると…想像以上に辛い!

いや、見た目はまったく辛そうにないので、予想外と言うべきでしょうか。

よく見てみると、でっかい赤唐辛子がありますね。

無印良品の炒めごはんの素(ガパオライス)

ジャンバラヤは食べた瞬間から辛かったですが、ガパオライスは後からじわじわ辛くなる感じです。

それでも味は美味しい。

ナンプラーの旨みが強烈ですが、クセはまったくありません。

初めて食べましたが、ガパオライスはちょっとハマるかも。

「炒めごはんの素」の作り方

無印良品の炒めごはんの素の作り方は簡単ですよ。

まずはご飯を適量用意します。

次にフライパンに油をひき、加熱してください。

無印良品の炒めごはんの素の作り方

フライパンで白米を炒めます。

無印良品の炒めごはんの素の作り方

白米がパラパラになる程度に炒めたら、炒めごはんの素をかけてください。

無印良品の炒めごはんの素の作り方

フライパンの中でソースと白米を混ぜながら、さらに炒めていきましょう。

無印良品の炒めごはんの素の作り方

これだけで完成ですが、お好みでトッピングをするとさらに美味しいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

無印良品の炒めごはんの素は、予想以上に美味しかったです。

今回はトッピングなしで作りましたが、それでも十分でした。

個人的には、1位がナシゴレンで、2位がジャンバラヤかな。

タコライスとガパオライスも美味しかったです!

無印良品のご飯シリーズの公式サイト



【無印良品の炒めごはんの素を比較】ジャンバラヤ・タコライスほか・4種類を食べ比べた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。