【マッサージチェアのおすすめ比較】両親・祖父母にプレゼントするならどれ?

マッサージチェアおすすめ比較

定年を迎えた両親にプレゼントをするなら、何がいいのだろう?

引退旅行? 大好きなお店でのディナー? プロに撮影してもらう記念写真?

いろんなものを検討しましたが、結局は「形に残るもの」がいいなぁという結論になりました。

そこで候補になったのが、マッサージチェアです!

でも、マッサージチェアの種類やメーカー、または価格に関しては想像もつきません。

おそらく10万円〜50万円はするでしょうから、大きな出費になるのは間違いありませんが、両親を労うためのプレゼントですからね。

そこで、まずは大手家電量販店でマッサージチェアをリサーチすることに。

いろんな商品の価格や機能、使い心地を調べてきました。

今回は両親やおじいちゃん、おばあちゃんへのプレゼントにおすすめのマッサージチェアを考えてみます。

この記事に掲載している写真は、すべて販売店の許可を得て撮影しています。

いろんなマッサージチェアを使ってみた

ぼくの両親にプレゼントするマッサージチェアを探しに行ってきました。

マッサージチェアは安くても10万円、高ければ50万円はするでしょうから、入念に下調べをしたいですよね。

大手家電量販店のEDION(エディオン)さんで、次のマッサージチェアを試してきました。

  • スライヴ くつろぎ指定席(大東電機工業)
  • リラックスマスター マッサージチェア(フジ医療器)
  • Kual Wエンジンリフレクティブ(ファミリーイナダ)
  • リアルプロ(Panasonic)
  • 3Dマッサージシート(ドクターエア)
  • TORマッサージシート(アテックス)
  • 3Dマジックチェア(ドクターエア)
  • リアルプロ(Panasonic)
  • ヒップエクササイズチェア エアリーシェイプ(ツカモトエイム)

ちなみにぼくは、マッサージチェアについてはまったくの無知です。

商品名はおろか、メーカー名さえも知りませんでした。

機能については様々ですが、価格帯についてはやはり3万円〜55万円ですね。

どのマッサージチェアを購入するにしろ、かなりの出費になりそうです…。

スポンサーリンク

スライヴ くつろぎ指定席(大東電機工業)

いちばん最初に試したのは、大東電機工業の「スライヴ くつろぎ指定席」です。

これはスーパー銭湯やスポーツジムで見かけるような、オーソドックスなタイプですね。

今回紹介するマッサージチェアの中では、まだ買いやすい値段でした。

  • 参考価格:138,240円
  • メーカー名:大東電機工業
  • 品番:CHD-9008
  • 商品重量:41.0kg
  • サイズ:70cm×95cm×142cm
  • マッサージ部位:肩、背中、腰、お尻、太もも、ふくらはぎ、足裏
  • その他の機能:エアーバッグ(加圧もみ)

この商品がすごいのは、肩や背中を指圧してくれる突起の部分が筋肉をつかむようにして揉んでくれるところです。

「つかみもみ」というみたいですね。

マッサージのコースも細かく分かれています。

ふくらはぎや足裏のところがエアーバッグになっており、全体をほぐしてくれます。

これは気持ちがいいなぁ…。

さっそく気に入ってしまいました。

リラックスマスター マッサージチェア(フジ医療器)

次に試したのは、フジ医療器の「リラックスマスター マッサージチェア」です。

フジ医療器って、マッサージチェアの世界では有名みたいです。

値段は先ほどの大東電機工業の商品よりも高めですね。

  • 参考価格:213,840円
  • メーカー名:フジ医療器
  • 品番:AS-680
  • 商品重量:58.5kg
  • サイズ:71cm×111cm×108cm
  • マッサージ部位:肩、背中、腰、お尻、太もも、ふくらはぎ、足裏
  • その他の機能:温浴ヒーター、ストレッチ機能

この商品がすごいのは、全部で24個のエアーバッグがついており、細かい部位までほぐしてくれるところです。

また、背中と足裏の部分にヒーターがついているので、凝り固まった筋肉を温めながらほぐしてくれます。

リクライニングの角度、指圧の強さ、マッサージのコース、ヒーターなどを細かく指定できます。

リクライニングを倒すと、前方にスライドしていくのが気持ちよかったです。

とくに疲れが溜まっているとき、ヒーターがあるのは良いなぁ。

Kual Wエンジンリフレクティブ(ファミリーイナダ)

次は、ファミリーイナダの「Kual Wエンジンリフレクティブ」を試してみました。

ここまで紹介してきた商品に比べて、見た目の重厚感がアップしてきましたね。

先ほどのフジ医療器のマッサージチェアよりも30,000円ほど高いです。

  • 参考価格:246,240円
  • メーカー名:ファミリーイナダ
  • 品番:FED-WR300E2(B)
  • 商品重量:73kg
  • サイズ:82cm×98cm×134cm
  • マッサージ部位:肩、背中、腰、お尻、太もも、ふくらはぎ、足裏
  • その他の機能:フットストレッチ、リフレクソロジー

肩から足裏まで、これ1台でマッサージしてくれるのはうれしいですね。

しかもストレッチ機能もありました。

高価格帯の商品であるにも関わらず、リモコンがシンプルなのも良かったです。

おそらく高齢者でも簡単に操作できるように考えられているのでしょうね。

足裏に配置された6連のエアーバッグがつま先を持ち上げてくれるので、ふくらはぎがぐ〜〜〜っと伸びました。

脚がむくんだときは手放せないだろうなぁ。

背中、肩、腰のマッサージに関しては、突起の動きがとても細かくて気持ちよかったです。

リアルプロ(Panasonic)

次は、Panasonicの「リアルプロ」を試してみました。

この商品は後ほどまた登場しますが、こちらのほうが型番が古いようですね。

それでも値段は40万円を超えています。

  • 参考価格:462,240円
  • メーカー名:Panasonic
  • 品番:EP-MA87M-K
  • 商品重量:85kg
  • サイズ:90cm×115cm×122cm
  • マッサージ部位:首、肩、背中、腰、お尻、太もも、ふくらはぎ、足裏
  • その他の機能:おしり揉みねつ、体幹もみほぐし

このクラスになると、初心者では使いこなせ無さそうですね。

リモコンもこの通り、コックピットなみでした…。

使い心地に関しては、ちょっと文句のつけようがありません。

肩や腰をマッサージしてくれる部分には「温感モミ玉」があり、足裏には「足裏揉ねつ」というヒーター付きの突起がありました。

首から足先までマッサージしつつ、同時にストレッチもしてくれるので、すぐに寝てしまいそう…。

もはや人間に揉んでもらっているような感覚です。

3Dマッサージシート(ドクターエア)

次は、ドクターエアの「3Dマッサージシート」を試してみました。

この商品は他のマッサージチェアとは違い、自宅のリクライニングに取り付けるタイプですね。

値段も手頃です。

  • 参考価格:29,800円
  • メーカー名:ドクターエア
  • 品番:MS-001BK
  • 商品重量:3.98kg
  • サイズ:41cm×110cm×125cm
  • マッサージ部位:肩、背中、腰
  • その他の機能:座面に3段階のバイブレーション

マッサージの部位は肩、背中、腰に限定されますが、背中の部分に3Dの突起物があり、円を描くようにマッサージしてくれます。

リモコンは子供でも使えそうなくらいシンプルでした。

また、座面にはバイブレーション機能が付いているので、骨盤周りの疲れにも効きます。

肩こりや腰痛がそれほどひどくない人なら、これで充分かも。

TORマッサージシート(アテックス)

次は、アテックスの「TORマッサージシート」を試してみました。

これも先ほどのドクターエアの商品と同じく、リクライニングに取り付けるタイプですね。

価格も同じくらいです。

  • 参考価格:32,184円
  • メーカー名:アテックス
  • 品番:AX-HXT218GR
  • 商品重量:5.9kg
  • サイズ:44cm×50cm×75cm
  • マッサージ部位:肩、背中、腰、お尻
  • その他の機能:モミ玉にヒーター内蔵、たたきもみ

この商品は、モミ玉にヒーターを内蔵するというぜいたく仕様。

リズムたたき、ひねりもみ、たたきもみなど、いろんなスタイルでマッサージしてくれます。

リモコンは、今回紹介する商品のなかで最もシンプルでした。

あと、15分タイマーや持ち運び用のハンドグリップが付いているなど、何かと気が利いています。

耐久性は気になるところですが、買いやすい価格帯ですね。

3Dマジックチェア(ドクターエア)

次は、ドクターエアの「3Dマジックチェア」を試してみました。

この商品は、どうやら肩からヒップまでのマッサージに特化しているようです。

店頭で展示されていたのはブラウンでしたが、カラーバリエーションも豊富みたいですよ。

  • 参考価格:99,800円
  • メーカー名:ドクターエア
  • 品番:MC-001BR
  • 商品重量:30kg
  • サイズ:58cm×89cm×87cm
  • マッサージ部位:肩、背中、腰、お尻
  • その他の機能:7種類のもみほぐしコース

値段は約100,000円ですね。

すみません… 写真がボケてしまいましたが、リモコンはかなりシンプルでした。

3Dマジックチェア(ドクターエア)のリモコン

この商品の良さは、お尻のマッサージですね。

エアーバッグがリズミカルに収縮して、骨盤周りの凝りをほぐしてくれます。

また、肩から背中、腰、お尻、もも裏にかけて、突起物がL字型にマッサージしてくれるのも特徴的でした。

見た目もスタイリッシュですし、邪魔にならないサイズ感もいいですね。

リアルプロ(Panasonic)

さて、次は先ほども紹介したPanasonicの「リアルプロ」の最新バージョン。

マッサージ機コーナーにいた店員さんいわく、「疲れた人を幸せにする商品」だそうです。

そのぶん、値段もべらぼうに高いですね…。

  • 参考価格:505,440円
  • メーカー名:Panasonic
  • 品番:EP-MA97M
  • 商品重量:87kg
  • サイズ:90cm×130cm×115cm
  • マッサージ部位:首、肩、背中、腰、お尻、太もも、ふくらはぎ、足裏
  • その他の機能:頑固な肩こりをほぐすヒューマンハンドモミメカ

このレベルになると、人間のような手つきでマッサージしてくれます。

リクライニングの寝心地、細やかな強度の調整、各部位への刺激。

どれを取っても文句のつけようがありませんね。

リモコンはやはりコックピットのようですから、使いこなすまでには時間がかかるかもしれません。

各部位にヒーター機能あり、ストレッチ機能あり、体幹ほぐし機能もある。

さらに人の手を研究し、モミ玉が上下、左右、前後に動くように設計した自慢の「ヒューマンハンドモミメカ」も。

もはや言葉だけで凄さを伝えるのが難しそうです。

予算に余裕があるなら、中途半端な価格帯のものを買うよりも絶対に良いでしょう。

ヒップエクササイズチェア エアリーシェイプ(ツカモトエイム)

*画像にあるフットマッサージ機は別売りです。

最後に試したのは、ツカモトエイムの「ヒップエクササイズチェア エアリーシェイプ」です。

これはマッサージチェアというよりも、美容器具に近いですね。

骨盤周りを温めながらほぐし、美しいヒップラインを維持するための商品だそうです。

見た目も女性ウケしそうですよね。

値段も約30,000円と手頃です。

  • 参考価格:32,184円
  • メーカー名:ツカモトエイム
  • 品番:AIM-FN030RS
  • 商品重量:10kg
  • サイズ:65cm×55cm×47.5cm
  • マッサージ部位:お尻
  • その他の機能:骨盤まわりのエクササイズ機能

ヒップの部分のエアーバッグが作動すると、骨盤にぴったりフィットします。

そして、骨盤周りを温めながらトレーニング&ストレッチしてくれるので、慢性的な腰痛にも良さそうですね。

部屋のインテリアにもなりそうな商品です。

おすすめのマッサージチェアはコレだ!

全9種類のマッサージチェアを試してみました。

商品によって機能と価格がまったく違うので、めちゃくちゃ楽しかったです。

さぁ、独断と偏見でおすすめのマッサージチェアを選んでみましょう。

  • コスパ重視なら:スライヴ くつろぎ指定席、リラックスマスター マッサージチェア、Kual Wエンジンリフレクティブ
  • 安さ重視なら:3Dマッサージシート、TORマッサージシート、3Dマジックチェア
  • 使い心地重視なら:リアルプロシリーズ
  • 体型維持目的なら:ヒップエクササイズチェア エアリーシェイプ

何と言っても、Panasonicのリアルプロには驚かされました。

あれ1台あれば、マッサージ屋さんには行かなくても良いでしょうね。

安さ重視なら、リクライニングに取り付けるタイプが良いと思います。

それぞれの予算と目的に応じて、ぴったりのマッサージチェアを見つけてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

両親にプレゼントするマッサージチェアを決めるつもりが、かえって迷ってしまいました。

今のところリクライニングに取り付けるタイプか、スライヴ くつろぎ指定席あたりが第一候補ですね。

リアルプロシリーズはさすがに手が出ません…。

早めに決めて、両親にプレゼントしたいと思います!



マッサージチェアおすすめ比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。