湘南美容外科と品川スキンクリニック、肝斑(かんぱん)治療をするならどっちがいいのか比較してみた

湘南美容皮膚科 品川スキンクリニック

30代以降の女性に現れることが多い肌の色素沈着(しみ)の一種である「肝斑(かんぱん)」。
ほほ骨のあたりに浮き出てくる輪郭のはっきりしないもやっとしたしみで、左右対処であることが多く、女性ホルモンが関わっていると言われています。

肝斑は通常のしみ治療に使われるレーザーでは却って悪化してしまうため、一昔前はトラネキサム酸などの内服薬による緩やかな治療しか対処方法がないといわれてきた厄介なしみでした。

肝斑 かんぱん

しかし近年、肝斑の治療ができる「レーザートーニング」が広まり、皮膚科・美容皮膚科などで、レーザートーニングによる肝斑治療を受ける女性も増えてきています。

全国にレーザートーニングを行っているクリニックはたくさんありますが、今回は知名度が高く、全国展開をしており、比較的料金が手ごろと言われる「品川スキンクリニック」と「湘南美容皮膚科」を取り上げて、両者の徹底比較をしてみたいと思います。

なお、筆者は愛知県在住のため、今回の比較材料として、「湘南美容皮膚科 名古屋院」と「品川スキンクリニック 名古屋院」を実際に訪れ、お試し体験(トライアル)を受けてきました。

肝斑治療の内容比較

湘南美容皮膚科 品川スキンクリニック

通常のしみ治療に使うレーザーでは却って悪化してしまう(濃くなってしまう)肝斑。

この肝斑の治療には、湘南美容皮膚科、品川スキンクリニックとも、基本的にはレーザートーニングと呼ばれる弱い出力のレーザーを使用します。なお、レーザートーニングのことを湘南美容皮膚科では「スペクトラ」と呼び、品川スキンクリニックでは「メドライトC6」と呼びます。

レーザートーニングは今までは難しいとされてきた根深い肝斑の治療を可能にし、微弱なパワーを均一にしながらレーザーを当てることにより、シミや肝斑の原因となるメラノサイトを活性化させずに、徐々に薄くすることができます。

継続で効果アップ 回数を重ねるにより、しみや肝斑の他にも、色素沈着・くすみ・開いた毛穴などの治療が可能です。継続することでお肌にハリやキメ、潤いが戻ります。

(品川スキンクリニック公式ウェブサイトより引用)

レーザートーニングは出力が弱いため、レーザー照射後のダウンタイム(肌に赤みが出たり、かさぶたができてそれが剥がれたりする期間)がなく、日常生活にほぼ支障がないメリットがある反面、効果を実感するまでに回数を重ねる必要があり、時間がかかるデメリットも。

なお、本人が通常のしみだと思っていても、実際は肝斑の上に通常のしみが重なっているパターンもあり(筆者はそのパターン)、その場合の治療方針はドクターと相談して決めていくことになります。

あくまで筆者の場合ですが、湘南美容皮膚科では「通常のレーザー治療では肝斑を濃くしてしまう可能性があるので、時間はかかりますが、レーザートーニングによる治療を続けていくことをお勧めします。」と言われ、品川スキンクリニックでは「基本的にはレーザートーニングで肝斑の治療をしますが、それでは目に見えて肌がきれいになっていく実感を得られるまでに相当時間がかかりそうなので、数回に一度は通常のレーザー(強力光美白)を取り入れて、肝斑と通常のしみ双方にアプローチしていくことをお勧めします。」と言われました。

保守的に行くか、リスクを取っても積極的に早く改善が期待できるほうを選ぶか、悩みどころではありますが、診療方針については納得がいくまでドクターに相談することをおすすめします。

お試し体験(トライアル)の料金比較

湘南美容皮膚科 品川スキンクリニック

湘南美容皮膚科のスペクトラ(レーザートーニング)のトライアル価格は以下の通り。

  • 頬のみ 初回お試し 2,800円(税込)
  • 全顔トライアル 1回 7,500円(税込)
  • 全顔トライアル3回コース 15,000円(税込)

品川スキンクリニックのメドライトC(レーザートーニング)のトライアル価格は以下の通り。

  • 頬のみ 初回お試し 2,800円(税込)
  • 顔全体 初回お試し 1回 4,800円(税込)

※いずれもお試し/トライアルは1人1回限りとなります。

頬のみ初回お試しは、両クリニックともまったく同額。
顔(顔全体)のトライアルの場合は、湘南美容皮膚科は1回だけですと7,500円と(品川スキンクリニックの顔全体初回お試し1回)に比べて、1.5倍以上の金額ですが、トライアル3回コースを申し込めば1回あたり5,000円になるので、お試し価格で3回も受けられることを考えるとお得感があります。

続いて、2回目以降の料金比較もしてみましょう。

2回目以降の料金比較

湘南美容皮膚科の肝斑治療(スペクトラ)の2回目以降の料金は以下の通り。

  • 頬のみ1回(2回目以降) 5,400円
  • 頬のみ5回コース+1 29,400円(1回あたり 4,900円)
  • 全顔1回(2回目以降) 8,600円
  • 全顔5回 41,000円(1回あたり 8,200円)
  • 全顔10回 79,750円(1回あたり 7,975円)

品川スキンクリニックの肝斑治療(メドライトC6)の2回目以降の料金は以下の通り。

  • 頬のみ1回(2回目以降) 5,400円
  • 頬のみ6回コース 29,400円(1回あたり 4,900円)
  • 顔全体(2回目以降) 8,500円
  • 顔全体6回コース 46,000円(1回あたり 7,666円)

(すべて税込金額)

比較してみると、両クリニックがかなり近い価格設定であることがわかります。頬のみに関しては、トライアルも同額でしたが、2回目以降もまったく同じ価格です。

全顔(顔全体)の場合は、品川スキンクリニックの6回コースの1回あたりの価格が、湘南美容皮膚科の5回コースの1回あたりの価格よりも少し安いですね。

湘南美容外科/美容皮膚科の肝斑(かんぱん)治療 スペクトラ(レーザートーニング)の特徴・料金のまとめ

2017.02.13

品川スキンクリニック美容皮フ科の肝斑(かんぱん)治療 メドライトC6(レーザートーニング)の特徴・料金のまとめ

2017.02.13

会員割引やポイント制度の比較

トライアル料金と2回目以降の料金は上で説明した通りですが、両院とも独自の会員制度を取っており、ポイント付与や会員割引の提供をしています。

湘南美容皮膚科の場合は、初回体験後1週間以内に、ウェブページよりSBCメンバー会員登録をすると、3,000ポイント(3,000円相当)をもらうことができます。(一度も来店をしていない状態では会員登録はできません。来院時にもらう認証キーがウェブ会員登録時に必要となります。)

また、カード会員になることで、一部の施術を5%OFFで受けられるようになりますが、残念ながら肝斑治療(レーザートーニング)は割引対象外となります。

品川スキンクリニックの場合は、BMC会員(入会手数料500円、年会費無料)という制度があり、こちらに入会すると一部の施術が20%~30%OFFで受けられるようになります。しかし残念ながら、こちらも肝斑治療(レーザートーニング)は割引対象外となります。

立地・予約など通いやすさの比較

湘南美容皮膚科 品川スキンクリニック

筆者が体験したのが「湘南美容皮膚科 名古屋院」と「品川スキンクリニック 名古屋院」のため、あくまでこの2つのクリニックを比較した場合ですが、名古屋駅から徒歩3分の湘南美容皮膚科 名古屋院のほうが、徒歩10分以上かかる品川スキンクリニック 名古屋院よりも通いやすいと感じました。

また、湘南美容皮膚科 名古屋院のほうが、大通り沿いにある大きなビルに入っているため、夜に通う場合でも安心感があるイメージ。

クリニック内の様子(待合室、受付、診察室、レーザー処置室、洗面化粧台など)は、どちらも清潔感があり、甲乙つけがたいですね。どちらを選んでも不満を感じることはないと思います。

混雑状況については、筆者が訪れたタイミングにもよるかもしれませんが、湘南美容皮膚科のほうが患者さんの数が多く、混みあっている印象で、少し待ち時間が長かったです。対して、品川スキンクリニックはそこまで混雑しておらず、待ち時間も短めでトータルの時間も短く済みました。

予約は、両院ともトライアルはウェブページより申し込み可能、2回目以降はコールセンターに電話をして取るかたちですが、トライアル・2回目以降とも、湘南美容皮膚科のほうがけっこう先の日付まで予約が埋まってしまっていて取りにくい印象を受けました。

混雑しているのを人気の証としてとらえれば湘南美容皮膚科に軍配が上がるかもしれませんが、通院できる日が限られてしまう人の場合は、さほど混雑していない品川スキンクリニックのほうが通いやすいとも言えるでしょう。

ただし、これはあくまで「湘南美容皮膚科 名古屋院」と「品川スキンクリニック 名古屋院」の場合で、筆者の体感によるものですので、別の地域のクリニックに関してはこの限りではありません。

最終的に筆者が選んだのは

ここまでいろいろな面から「湘南美容皮膚科 名古屋院」と「品川スキンクリニック 名古屋院」を比較してきましたが、筆者が2回目以降継続を決めたのは、湘南美容皮膚科でした。

価格面ではそこまでの差がでませんでしたが、決め手になったのは以下の3点。

  • 立地(駅からの距離)
  • トライアルを受けられる回数
  • 治療方針

1回限りではなく継続して通うとなると、駅からの距離はやはり近いに越したことはありません。

品川スキンクリニックはトライアルが(頬のみまたは全顔)1回だけなのに対し、湘南美容皮膚科は顔全体のトライアルに3回コースがあるのが魅力的です。

また、上の「肝斑治療の内容比較」にも書きましたが、個人的に、肝斑へ悪影響を及ぼす可能性のある通常のしみへのレーザー照射(強力光美白)に不安が残り、地道ではあるものの、ゆっくりじっくりレーザートーニングのみで肝斑にアプローチしていくほうに惹かれました。

以上のような理由で私は湘南美容皮膚科を選びましたが、比較ポイントや何を重視するかはは人それぞれ。両クリニックのレーザートーニングの特徴・料金のまとめは以下ページに書いていますので、さらに詳しく知りたい方はぜひ読んでみてください。

湘南美容外科/美容皮膚科の肝斑(かんぱん)治療 スペクトラ(レーザートーニング)の特徴・料金のまとめ

2017.02.13

品川スキンクリニック美容皮フ科の肝斑(かんぱん)治療 メドライトC6(レーザートーニング)の特徴・料金のまとめ

2017.02.13

最後に、どのクリニックに通うにせよ、レーザートーニングによる肝斑治療は、癒しやリラックスのためのフェイシャルマッサージなどとは異なり、あくまでも「治療」です。

継続して通うとなるとそれなりの費用がかかりますが、自分のコンプレックスの原因になっている肝斑を治療することで、自分の素顔に自信を持てるようになれるのではないかなと感じています。

 

関連記事

湘南美容皮膚科 品川スキンクリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

愛知県在住のフリーランス。2004年より、「わらしべ暮らしのブログ」を運営しています。個人ブログのほか、現在は旅ライター(国内・海外)としても活動中。レビューズ公認ブロガー、GOTRIP!旅ライター。 だれだって、お金を使ってモノを買ったりサービスに申し込むのであれば、自分に合ったもの・満足できるものにお金を使いたいもの。読んだ方のモノ選び・サービス選びのお手伝いができるようなクラベタ記事を書いていきます。