freee(クラウド会計ソフト)を使ってみた。料金・無料お試し期間・使いやすさなどのまとめ

freeeのトップページ

クラウド会計ソフトの先がけ的存在として知られるfreee(フリー)。

その名前を、SNSやブログなどで頻繁に見かけるようになりました。

ソフトをパソコンにインストールする必要がなく、オンライン上ですぐに使えて、面倒な経理作業を効率化できる。

個人事業主(フリーランス)にとって、freeeは心強い存在です。

今回は、そんなfreeeの全てを紹介したいと思います。

freeeとは?

freeeのトップページ

freeeとは、freee株式会社が提供するクラウド会計ソフトのこと。

昔の会計ソフトはパソコンにインストールする必要がありましたが、freeeはオンライン上で操作できます。

つまりインターネット環境さえあれば、どこでも経理作業ができるということですね。

経理作業を何倍も効率化してくれます。

スポンサーリンク

料金プラン

freeeの料金プラン

freeeの個人事業主向けプランは、次のとおりです。

  • スターター:月額980円
  • スタンダード:月額1,980円(年額19,800円)
  • プレミアム:年額39,800円

料金に応じてスペックが上がるシステムですね。

ちなみにスターターは主に個人事業主(フリーランス)向け、スタンダードは小売店や飲食店向け、プレミアムは法人向けです。

もしスタンダードで契約するなら、月額プランにするよりも、年額プランにしたほうが3,960円もお得になります。

無料お試し期間

freeeの無料お試し期間は、30日です。

30日もあれば、自分に合っているかどうかを綿密に判断できるでしょう。

使い勝手や機能を調べるだけなら、1週間もあれば十分です。

登録にかかる時間

freeeの登録は簡単でした。

▼メールアドレスやパスワード、事業所名などを入力するだけなので、5分もあれば終わります。

freeeの登録画面

登録が終わったら、すぐに無料お試しがスタートします。

導入のしやすさ

freeeは導入も簡単でした。

クレジットカードや銀行などをfreeeに連携させるのみ。

▼表示も親切なので、迷う心配はありません。

freeeの連携画面

freeeは全てにおいてインターフェイスがシンプルなので、「迷わない」というよりも、「迷いようがない」のほうが正解だと思います。

仕訳方法

freeeの仕訳方法は、自動&手動です。

▼各種サービスとの連携が完了したら、すぐにこの画面になります。

freeeの導入画面

▼その後、取り込んだデータを自動で仕訳してくれます。

freeeの入力画面

▼自分で入力したいものに関しては、手動でも設定できます。

freeeの入力画面

仕訳画面のインターフェイスもシンプルなので、まるで家計簿をつけているようでした。

自動仕訳の精度も非常に高かったです。

使いやすさ(インターフェイス)

freeeのインターフェイスは、とにかくシンプルでわかりやすいです。

経理初心者はもちろん、独立して間もないような人でも問題なく使えると思います。

▼確定申告の作業についても、入力すべき項目がはっきりしているので、抜ける心配がありません。

freeeの入力画面

おそらく超初心者でも使えるように設計されているのでしょうね。

レポート・その他付加機能など

freeeのレポートは、必要最小限です。

▼損益レポートや現預金レポートなど。

freeeのレポート

ちなみにこれは「スターター」で契約した場合のレポートなので、これ以上のレポートがほしければ「スタンダード」以上で契約しなければなりません。

▼スタンダード以上になると、収益、売掛、買掛などのレポートが増えます。

freeeのレポート

▼ちなみにですが、個人的に便利だなと思ったのは見積書の作成機能ですね。

freeeの見積書

見積書をエクセルで作成するのは面倒ですからね…。

freeeを使った感想

freeeは、総合的にすばらしいサービスでした。

まず使いやすい!

インターフェイスがシンプルなので、初心者でも迷うことなく使えるでしょう。

コストの安さも素晴らしいと思います。

ネット上で見かけていた良い評判や口コミは、本当でしたね。

ただ、個人事業主4年目のぼくはもう少し複式簿記の知識をつけたいので、freeeのような「超初心者向け」じゃないほうが良いかも。

これは使い勝手の問題ではなく、ぼくの用途のお話です。

スポンサーリンク

まとめ

クラウド会計ソフトの導入を検討しているときは、とにかく迷いますよね。

ネット上にはいろんな情報があふれているので、見れば見るほどどれが良いのかわからなくなると思います。

そんなときは、freeeを選んでおけば間違いありません。

とくに初心者には断然おすすめです。



freeeのトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。