賃貸物件を探したい!おすすめの賃貸情報サイトを徹底比較して分析してみた!

おすすめの賃貸情報サイトを徹底比較

アパートやマンションなどの賃貸物件を探すとき、最近はパソコンやスマホによってネット検索する方法が主流になってきています。

確かに、一気にたくさんの情報を検索できるのでとても便利ですが、ネット上にはたくさんの賃貸情報サイトがありすぎて、どのサイトを利用したら良いのかがわからないことが多いです。

そもそもサイトによって違いなんてあるのかな?と疑問を持っている人もいるでしょう。

そこで今回は、おすすめの賃貸情報サイトを16個、徹底的に比較します!

1.HOME’S

HOME'S
  • おすすめ度 ★★★★★
  • 総物件掲載数NO1
  • 不動産のポータルサイト
  • 引っ越し見積もりやトランクルーム探しもできる
  • すっきりしていて見やすい

HOME’Sは、株式会社ネクストが運営する賃貸ポータルサイトです。

一番の売りは総物件掲載数の多さで、平成29年1月11日時点で800万件を超えており、数あるサイトの中でNO1です。

さまざまな条件から部屋を探すことができて、電話で相談することもできます。

不動産ポータルサイトになっていて、マンションや戸建てだけではなく駐車場の賃貸、不動産の購入売却、リフォーム、新築、投資など、あらゆるニーズに応えてくれます。

部屋を決めるだけではなく、引っ越し見積もりのサイトやトランクルーム探しのサイトとも連携しているので、ワンストップで必要な調査と手続きができて便利です。

たくさんの情報が載っているにもかかわらず、サイトがすっきりしていて見やすいです。

HOME’Sは、文句なしにおすすめできるサイトなので、評価は5をつけました。

賃貸物件探しなら、オールマイティなHOME’Sを使おう!

2017.01.10

2.レオパレス21

レオパレス21
  • おすすめ度 ★★★★★
  • マンスリーマンション検索サイト
  • 家具家電付きの部屋を探せる
  • お得なキャンペーンが多数
  • 仲介手数料0円
  • 30日プラス1日単位で契約できる

レオパレス21は、マンスリーマンションに特化した賃貸情報サイトです。

コースは2つあり、マンスリープランと短期プランとなっています。

マンスリープランでは、30日単位で契約することができ、短期プランでは、30日プラス1日単位で契約をすることができので、短期間のみ滞在をしたい場合には非常に便利です。

家具家電付き物件、敷金礼金0物件、友人と一緒に契約したら35000円キャッシュバックされるキャンペーン、学割キャンペーン、住み替えの相談をするとプレゼントがもらえるキャンペーンなど、常にたくさんのキャンペーンやサービスが行われています。

サイト上から駐車場やトランクルームを探すこともできますし、迷ったときにはチャットで相談することもできます。

このように、レオパレス21は、短期間のマンスリーマンション探しにはとても役立ちます。

短期滞在目的で物件探しをするなら、文句なしにNO1なので、評価は5をつけました。

3.CHINTAI

CHINTAI
  • おすすめ度 ★★★★★
  • サイトの情報が充実している
  • 取扱不動産業者に厳しい審査をしている
  • ニーズに応じて部屋を探せる
  • 海外の不動産も探せる

CHINTAIは、株式会社CHINTAIが運営する賃貸情報サイトです。

もともとエイブルから分社した会社なので、エイブルの物件が多く掲載されています。

学生向け、1人暮らし向け、ペット可、敷金礼金0物件など、いろいろなニーズに応じて部屋を探すことができます。

お役立ち情報やQ&Aなどの情報も充実しており、サイトも見やすいですし、日本全国はもちろんのこと、ニューヨーク、ボストン、ロンドンの物件も探すことが出来ます。

掲載する情報を扱う不動産屋については厳しい審査を行い、情報の適正化につとめているので安心感があります。

このようなことから、CHINTAIは総合力が高いので、おすすめ度は5としました。

4.アパマンショップ

アパマンショップ
  • おすすめ度 ★★★★
  • 店舗数NO1
  • キャンペーン多数あり
  • ニーズに応じた部屋探しができる
  • アジアの物件を探せる
  • 掲載物件数190万件以上

アパマンショップは、株式会社アパマンショップネットワークが運営する賃貸情報サイトです。

全国のアパマンショップの取扱物件を掲載しており、物件数は190万件以上となっています(平成29年1月11日時点)。

アパマンショップは全国展開していて、店舗数は全国NO1です。

サイトの特徴は、常に何らかのキャンペーンを行っていることです。

たとえば、平成29年1月22日まではお年玉キャンペーンが行われていて、抽選で1万人にJCBギフトカード1万円分があたります。

平成29年1月31までは、ディナークルーズが抽選3人にあたります。

ペット可、楽器可などニーズに応じた物件探しもできますし、日本全国だけではなく中国や韓国、マレーシアなどでも、一部の地域で部屋探しをすることができます。

このように、アパマンショップのサイトは充実しているので、おすすめ度は4としました。

5.掘り出し物件.com

掘り出し物件.com
  • おすすめ度 ★★★★
  • 掘り出し物件を見つけてくれる
  • 成約で5000円分のクオカードがもらえる
  • 関東、関西、東海地方に対応
  • どんな条件でも聞いてくれる
  • コラムが充実している
  • 不動産会社一覧がある

掘り出し物件.comの運営会社は株式会社エイムプレイスという会社で、比較的新しいサイトですが、他にないサービスを持った賃貸情報サイトです。

名前の通り、担当者が掘り出し物件を見つけてくれるのが大きな特徴です。

メールで自分の希望する物件の希望を伝えて問合せをすると、担当者が条件に合う物件を探して回答してくれます。

そこで、気に入ったらその物件を契約することができる、という流れになります。

サイト上には「どんな条件も聞きます」と書いてあります。

対応しているのは関東地方と関西地方、東海地方のみですが、今後サービスが広がる可能性は充分にあります。

成約したら、5000円分のQUOカードがもらえる特典もありますし、サイト上には不動産用語集、初期費用の目安、家賃交渉のポイント、契約までの流れ、引っ越しまでの流れ、防犯対策の注意点など、さまざまなコラムが掲載されていて情報が充実しています。

サイトもすっきりしていて見やすいですし、掲載されている不動産業者の一覧があるのも安心感があります。

とてもおすすめのサイトですが、地域が限定されていることなどもあるので、おすすめ度は4としました。

今後要注目のサイトです。

6.エイブル

エイブル
  • おすすめ度 ★★★★
  • 仲介手数料半額
  • エイブル学割がある
  • さまざまなニーズに応じて物件探しができる
  • 全国展開していて知名度が高い

エイブルは、株式会社エイブルが運営している賃貸情報サイトです。

全国に店舗があり、テレビCMなどもしているので知名度が高いです。

エイブルの特徴は、店舗で契約をすると、仲介手数料が半額になる点です。

また、2017年1月4日以降、エイブル学割のサービスが開始されていて、学生は仲介手数料が60%引きになります。

適用されるのは、中学生、高校生、大学生、専門学校生です。

ペットOK、戸建て賃貸、敷金礼金0円、シニア向け、新築物件、学生向け、事業者向けなど、それぞれのニーズに応じた物件探しもできて便利です。

エイブルは、総合力が高いので、おすすめ度は4としました。

7.いい部屋ネット

いい部屋ネット
  • おすすめ度 ★★★★
  • お役立ち情報あり
  • 掲載物件数300万件以上
  • 各種物件の特集あり

いい部屋ネットは、大東建託が運営する賃貸情報サイトです。

掲載物件数は319万件です(平成29年1月11日時点)。

クレジットカード払いができる物件、家主と直接契約できる物件、オフィス・店舗・倉庫用物件など、各種物件の特集があるので、ニーズに応じた検索ができます。

サイト上で、用語集やいい部屋探しチェックシート、Q&Aなどのお役立ち情報もあります。

初心者にも使いやすいサイトなので、おすすめ度は4としました。

8.Goodroom

Goodroom
  • おすすめ度 ★★★★
  • デザイナーズマンションを探せる
  • いろいろな条件から選べる
  • 東京、大阪、名古屋、福岡エリアに対応している
  • 同棲解消保険がある

Goodroomは、グッドルーム株式会社が運営する賃貸情報サイトです。

特徴的なのは、こだわりのデザイナーズマンションを探せることです。

そのほかにもいろいろな条件設定ができます。

  • ひとり暮らし7万円以下
  • ふたり暮らし13万円以下
  • リノベーション
  • レトロ
  • ヴィンテージ
  • 天井が高い
  • 眺望がいい
  • 緑が見える
  • デザイナーズ
  • カスタマイズできる部屋
  • instagram掲載
  • 憧れの階段
  • メゾネット
  • ルーフバルコニー
  • テラスハウス
  • 庭付き
  • 憧れの新築
  • 素敵なキッチン
  • ウォークインクローゼット

など、他の賃貸情報サイトとはひと味もふた味も違った条件から物件探しができます。

同棲解消保険というサービスがあり、同棲カップルが関係を解消した場合には10万円がもらえるという変わった制度もあります。

Goodroomは、オリジナリティがある良いサイトなので、おすすめ度は4としました。

9.ひつじ不動産

ひつじ不動産
  • おすすめ度 ★★★★
  • シェアハウスを探せる
  • 初心者でも使いやすい
  • 入居問い合わせ数10万件突破
  • 仲介サービスはしていない
  • 写真が豊富で良い物件が選定されている
  • ファミリーで住めるシェアハウスが掲載されている

ひつじ不動産は、「オシャレオモロフドウサンメディア」を標榜している賃貸情報サイトです。

運営しているのは不動産業者ではなく、サイト上から仲介サービスを受けることができません。

サイト上で見つけた物件を取り扱う事業者に連絡をして、その後はサイトを介さずやり取りする形になります。

ひつじ不動産では、物件の選定に非常に気を使っています。

掲載基準を設けていて、衛生管理や運営体制が整っていない物件は掲載していないので安心ですし、実際に、掲載されている物件はとてもきれいでオシャレで魅力的です。

スタッフが全ての物件を訪問して写真撮影しているので、よりリアルな物件情報を得ることができますし、写真の数もとても豊富です。

シェアハウスに関心がなくても借りたくなってしまいそうです。

全国のシェアハウスを探すことができて、ファミリーで住める物件もあるので便利です。

このように、ひつじ不動産は、シェアハウスを探すときにはとてもおすすめのサイトです。

一般的な目的とは違うのでおすすめ度は4としましたが、ちょっと気分を変えて生活したいときには、是非とも利用をお勧めしたいです。

10.ミニミニ

ミニミニ
  • おすすめ度 ★★★★
  • 仲介手数料半額
  • Tポイントが貯まる
  • こだわり検索ができる

ミニミニは、大手不動産会社の株式会社ミニミニが運営している賃貸情報サイトです。

特徴的なのは、仲介手数料が半額になる点と、契約によってTポイントが貯まることです。

また、敷金礼金0、学校に近い物件、ペット可、家具家電付き、デザイナーズマンションなど、こだわり検索機能が充実しています。

賃貸用語解説や引っ越しのアドバイスなど、お役立ち情報も掲載されています。

ミニミニも良いサイトなので、おすすめ度は4としました。

11.SUUMO

SUUMO
  • おすすめ度 ★★★★
  • スーモカウンターがある
  • お役立ち情報が多彩
  • 引っ越し見積もりができる
  • 被災地の物件情報検索特集がある
  • 不動産に関する総合情報サイトになっている

SUUMOは、株式会社リクルートホールディングスが運営する賃貸情報ポータルサイトです。

SUUMOにはカウンターサービスがあり、不動産について悩んだら、フリーダイヤルで電話相談をすることができます。

また、住宅用語、賃貸と購入のどちらが得かなど、お役立ちコラムが充実しています。

不動産の総合サイトになっていて、マンションや戸建ての購入、建築、リフォームなどの他の不動産にまつわる問題についても同時に調べることができます。

リンクしているサイトから引っ越しの見積もりもできますし、熊本大分や、東北地方の被災地の物件情報検索特集もあり(敷金礼金0やフリーレントなどの借りやすい物件について)親切な印象を受けます。

リクルートはプライバシーマークの使用許諾を受けているので、情報管理などの点でも安心です。

SUUMOは、ポータルサイトの中ではかなり使いやすいので、おすすめ度は4をつけました。

12.スマイティ(価格コム)

スマイティ
  • おすすめ度 ★★★★
  • 掲載物件数600万件以上
  • お祝い金制度あり
  • ニーズに応じた物件検索ができる
  • コラムが充実している

スマイティは、株式会社カカクコムが運営している賃貸情報ポータルサイトです。

掲載物件数は600万件以上(平成29年1月11日時点)となっており、非常に多いです。

特徴的なのは、契約するとお祝い金がもらえることです。

成約によって、最大1万円がキャッシュバックされます。

さらに、敷金礼金0物件、新築築浅物件、保証人不要物件、ペット可物件、高級物件、デザイナーズ賃貸物件など、ニーズに合わせた物件検索もできます。

住みたい町ランキングや給料と賃料の関係、適正な通勤通学時間やオートロック物件の特徴など、いろいろなコラムが充実していて情報収集にも役立ちます。

スマイティはそれなりに充実しているので、おすすめ度は4としました。

13.at Home

アットホーム
  • おすすめ度 ★★★
  • お役立ち情報多数
  • 掲載物件数200万件以上

at Homeは、アットホーム株式会社が運営する賃貸情報サイトです。

掲載物件数は200万件を超えており、多いです(平成29年1月11日時点)。

部屋探しのコツや引っ越し手続き、用語集などのお役立ち情報が多数掲載されています。

敷金礼金なし、ペット可物件、クレジット払いOKの物件などから部屋を探すことも可能です。

at Homeは、標準的なサイトなので、おすすめ度は3としました。

14.エキサイト不動産

エキサイト不動産
  • おすすめ度 ★★★
  • 2次情報サイト
  • 掲載物件数200万件以上
  • 口コミ評価を確認できる
  • 家賃から住宅ローンにした場合の比較ができる

excite不動産は、エキサイト株式会社が運営している賃貸情報サイトです。これは、Yahoo!不動産と同じく、他の不動産情報サイトから情報を集めてきている2次情報サイトです。

そこで、とくに新しい情報が載っているわけではありませんが、掲載物件数は200万件以上です(平成29年1月11日時点)。

特徴的なのは、住民や元住民による口コミ情報が掲載されているので、生の情報を確認して部屋を探せることです。

また、検索をすると、その地域の家賃の相場が表示されるので、知らない場所の物件も探しやすいです。

さらに、月々支払っている家賃を住宅ローンに帰ると、どの程度の損得があるのかを計算できるので、賃貸か購入かを選ぶのに役立ちます。

コラムもそれなりに充実しています。

エキサイト不動産は、2次サイトながらもそれなりに独自性を出しているので、おすすめ度は3としました。

15.SMOCCA

SMOCCA
  • おすすめ度 ★★
  • 掲載物件数450万件
  • 3万円のキャッシュバックあり
  • キャッシュバック3倍キャンペーンあり
  • こだわり物件サービスが充実している

SMOCCAは、株式会社じげんという会社が運営している賃貸情報サイトです。

掲載物件数は450万件となっており(平成29年1月11日時点)、ポータルサイトにしてはそれなりに多いです。

大きな特徴が2つあり、1つ目は、成約によって3万円のキャッシュバックがあることです。

ただ、キャッシュバックを受けるためには問合せをした際のメールアドレスを利用しないといけないことや、問合せをした部屋を契約した場合に限るなどの条件があり、手続きが少し面倒だという口コミ評価がありました。

通常時には審査もありますが、平成29年1月31日までは全員にキャッシュバックを行うキャンペーンが行われており、さらに抽選で選ばれた10人にはキャッシュバック金額を3倍の9万円にするキャンペーンが行われています。

もう1つの特徴は、こだわり物件検索の条件が非常にたくさんあることです。

フリーレント物件、保証人不要物件、ルームシェア物件、女性専用物件、駅近物件、角部屋物件、南向き物件、バストイレ別物件、リビングルーム付き物件、オートロック物件、駐車場無料物件、バイク駐車場つき物件、ロフトつき物件など、とにかくいろいろな条件から物件を探すことができます。

ただ、このように細かい条件設定がどこまで役立つのか疑問があります。

このように、キャッシュバックがあることは良いですが、それ以外には特段良い点が見当たらなかったので、SMOCCAのおすすめ度は2としました。

16.Yahoo!不動産

Yahoo!不動産
  • おすすめ度 ★★
  • 掲載物件数200万件以上
  • 2次情報サイト
  • Yahoo!のページから直接リンクされている
  • 幅広い情報が掲載されている

Yahoo!不動産は、ヤフージャパンが運営している賃貸情報サイトです。

これは、Yahoo!が他の賃貸情報サイトから情報を収集して掲載している二次掲載サイトと呼ばれるタイプのサイトです。

そこで、とくに新しい情報が載っているわけではありません。

掲載物件数は200万件以上です。

メリットは、Yahoo!のページから直接リンクされているので、普段Yahoo!のページをよく見る人なら便利に利用できることです。

敷金礼金0円物件、仲介手数料無料物件、ペット可物件などの条件に応じて部屋選びができますし、おうちマガジンと言って、マンションの換気口の使い方や空き巣に入られたときにしてはいけないことなど、いろいろなコラムが掲載されています。

ただ、これらのサービスならわざわざYahoo!を利用する必要はありません。

Yahoo!不動産は、悪くはありませんが、他の賃貸情報サイトと比べて何らかの優位性があるわけではなく、2次サイトということも考慮して、おすすめ度は2としました。

目的に合った賃貸情報サイトを活用しよう!

このように、賃貸情報サイトには、いろいろな性格のものがあります。

不動産会社が直営しているサイト、不動産会社から情報提供を受けているポータルサイト、それらのサイトから情報をもらって載せている2次サイトがあり、それぞれ特徴を持っています。

ポータルサイトは掲載物件数が多いですが、直営サイトの方が知名度が高く店舗もあるので安心感があります。

マンスリーマンションのサイトやデザイナーズマンションのサイト、シェアハウスを探せるサイトなどもあり、ニーズに応じて使い分けると便利です。

これから賃貸住宅を探したい場合には、目的に応じて賃貸情報サイトを使い分けることがおすすめです。

今回の記事を参考にして、自分だけのぴったりの物件を見つけてみてください。

関連記事

おすすめの賃貸情報サイトを徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ミミ

多ジャンルでの記事制作をしているプロのライターです。 不動産やリフォーム、健康、美容、旅行やグルメ、新電力や格安スマホ、ペットからビジネス、法律記事まで幅広く執筆しており、それらの知識と経験をもとにして商品やサービスの比較をしています。私の比較記事が、少しでもみなさまのお役に立てればうれしいです。関係ないけど、猫好きです。よろしくお願いいたします。