【1000円以下で買えるイヤフォンおすすめ比較】PHILIPS・Panasonic・AUKEY等の聴き比べ

1000円以下で買えるイヤフォンおすすめ比較

iPodやスマートフォンが普及したことで、いつでもどこでも音楽を聴けるようになりました。

SpotifyやApple Musicのような音楽ストリーミングサービスも普及しているため、音楽を持ち歩く人は今後ますます増えるでしょう。

そこで気になるのは「イヤフォン」ですよね。

音質を追求する人は数万円単位のお金を惜しまないでしょうし、3,000円〜5,000円くらいのイヤフォンを選ぶ人もいると思います。

でも、最近は1,000円以下でイヤフォンが買えることをご存知でしょうか?

イヤフォンのコスパを重視するなら、安さを追求するのも選択肢の1つだと思います。

今回は、Amazonで1,000円以下で買えるイヤフォンを実際に使い比べてみてました。

その機能性や使い心地はどうだったのでしょうか?

1,000円以下で買えるイヤフォンを使い比べてみた

1,000円以下で買えるイヤフォン

1,000円以下でイヤフォンが買えるなんて、いい時代ですよね。

音楽好きなぼくとしても嬉しい限りです。

今回は、PHILIPS、Panasonic、JVC、AUKEY、Sinwloから発売されている、1,000円以下のイヤフォンを使い比べてみました。

Amazonで1,000円以下の価格で販売されているにしぼりました。

実際の売れ筋ランキングに名前があがっているものやレビュー評価がおすすめのイヤフォンを5つ選びました。

さて、そのクオリティーはどうだったのでしょうか?

スポンサーリンク

カナル型イヤホン(PHILIPS)

1,000円以下で買えるイヤフォン(PHILIPS)
  • メーカー名:PHILIPS
  • 品番:SHE3900BK
  • 参考価格:979円
  • 形式:密閉型
  • イヤホン:カナル型
  • ケーブルの長さ:120cm

まずはPHILIPSのカナル型イヤホンからいってみましょう。

PHILIPSには、いろんな種類のイヤフォンやヘッドフォンがありますよね。

また、最近ではハイレゾ対応のイヤフォンも発売しているようです。

開封してみると、とてもシンプルな雰囲気でした。

1,000円以下で買えるイヤフォン(PHILIPS)

カナル型イヤフォンが、いい感じで耳に密着します。

音質はちょっと荒いですが、ビートが鋭く耳をうつ感じ。

1,000円以下で買えるイヤフォン(PHILIPS)

低音はそこまで響きませんが、ビートの強さがいいですね。

本体は軽く、しばらく装着してもストレスがありませんでした。

1,000円以下でこのクオリティーか…。

すごいです!

カナル型イヤホン(Panasonic)

1,000円以下で買えるイヤフォン(Panasonic)
  • メーカー名:Panasonic
  • 品番:RP-HJE150-K
  • 参考価格:627円
  • 形式:密閉型
  • イヤホン:カナル型
  • ケーブルの長さ:120cm

次は、Panasonicのカナル型イヤホンを使ってみます。

Panasonicもいろんなイヤフォンとヘッドフォンを発売していますよね。

低価格イヤフォンの実力はどうなのでしょうか?

さっそく開封してみると、こちらもシンプル。

半透明のイヤーピースがカッコイイですね。

1,000円以下で買えるイヤフォン(Panasonic)

「密閉型インサイドホン」という感じでしょうか。

楕円形状のポートを採用することで装着感をアップし、気密性を高めているようです。

たしかに耳への密着度がすばらしく、サウンドが耳の中にこもります。

1,000円以下で買えるイヤフォン(Panasonic)

先ほどのPHILIPSよりも、重低音が響きました。

音質が荒いのは否めませんが、重低音を実感できるだけで満足感がありますね。

これはおすすめかも!

グミホン ステレオミニイヤホン(JVC)

1,000円以下で買えるイヤフォン(JVC)
  • メーカー名:JVC
  • 品番:HP-F140-D
  • 参考価格:円
  • 形式:密閉型
  • イヤホン:インナーイヤー型
  • ケーブルの長さ:120cm

次は、JVCのグミホン ステレオミニイヤホンにいってみましょう。

JVCの音響機器にはよくお世話になっていますが、低価格イヤフォンを使うのは初めてです。

ちょっと奇抜なパッケージデザインに興味を惹かれました。

中身は意外にも、「昔ながらのイヤフォン」という感じですね。

1,000円以下で買えるイヤフォン(JVC)

ぼくがインイヤータイプに慣れているせいかもしれませんが、ボディの部分が大きくて、耳へのフィット感がイマイチでした。

1,000円以下で買えるイヤフォン(JVC)

低音はそれなりに響きますが、やはり密着性がないぶん、サウンドが手前で聴こえる感じですね。

音漏れも気になります。

インイヤータイプの「ドスン」という音に慣れている方にとっては、ちょっと物足りないかもしれません。

ファッション性があるのと、8カラーから選べるところはプラスのポイントです!

イヤホン ステレオ カナルイヤホン(AUKEY)

1,000円以下で買えるイヤフォン(AUKEY)
  • メーカー名:AUKEY
  • 品番:JP-EP-C7
  • 参考価格:599円
  • 形式:密閉型
  • イヤホン:カナル型
  • ケーブルの長さ:120cm

次は、AUKEYのイヤホン ステレオ カナルイヤホンを使ってみます。

599円とは思えない豪華なパッケージですね…。

これは期待できそうだ。

開封してみると、ちょっとユニークなイヤフォンが姿を現しました。

1,000円以下で買えるイヤフォン(AUKEY)

これは耳全体にはめ込む、いわゆる「シュア掛け」タイプのイヤホンですね。

ランニング中の音楽鑑賞に便利だと思います。

たしかに耳へのフィット感は抜群です!

しかし…。

1,000円以下で買えるイヤフォン(AUKEY)

コードがかなり固いため、梱包時の形状がいつまでも直らず、コードがなかなか伸びません。

せっかくフィット感のある形状なのに、コードが曲がっているせいで耳から外れてしまいます。

時間が経てばマシになるのでしょうが、ちょっと問題ありのような気がしますね。

音質もいたってノーマル。

低音はほとんど感じられず、ライトな印象でした。

パッケージの高級感で期待が膨らんでしまいますが、使用後の評価は分かれるかもしれません。

ただ、リモコンやマイクがついているので、ハンズフリーで電話するときには便利かも。

Ear Pods with Remote and Mic(Sinwlo)

1,000円以下で買えるイヤフォン(Sinwlo)
  • メーカー名:Sinwlo
  • 品番:FD221ZJ
  • 参考価格:980円
  • 形式:密閉型
  • イヤホン:カナル型
  • ケーブルの長さ:118cm

最後に紹介するのは、SinwloのEar Pods with Remote and Micです。

これはiPhoneに付属しているEar Podsを模して作られた商品だと思いますが、価格はほぼ半額。

最小限の機能性とファッショナブルな雰囲気がいいですね。

開封してみると、やはりAppleのEar Podsと似た感じでした。

1,000円以下で買えるイヤフォン(Sinwlo)

コードにリモコンが付いているのは、意外と便利なんですよねー。

ただ、形状にちょっと問題が…。

ぼくだけかもしれませんが、耳にはめ込む形のEar Podsが特殊な形状をしており、耳にフィットせずにすべり落ちてしまいます。

ツルツルの素材を使っている影響もあるのかもしれません。

何度やってもだめでした。

1,000円以下で買えるイヤフォン(Sinwlo)

音質もちょっと荒めで、ライトな感じ。

手元の音量調節は便利ですが、肝心のイヤフォン機能がイマイチだと思います。

これが耳にちゃんとフィットする方もいるのでしょうか。

スポンサーリンク

さいごに

1,000円以下のイヤフォンは、想像以上のクオリティーでした。

もちろん音質に関しては高価格イヤフォンよりも劣りますが、普段使いとしては充分でしょうね。

個人的には、PHILIPSのカナル型イヤホン(979円)と、Panasonicのカナル型イヤホン(627円)が好きかな。

とくにPanasonicのカナル型イヤホンは、コストパフォーマンス的にも申し分なくおすすめです!



1000円以下で買えるイヤフォンおすすめ比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。