dTV(ディーティービー)は評判通り? 特徴・料金・配信コンテンツ・機能等のまとめ

dTV(ディーティービー)は、NTTドコモが運営する動画配信サービスです。

以前まではドコモ会員向けのサービスでしたが、ついに非会員でも利用できることに。

業界トップの配信タイトル数を誇り、月額料金の安さも際立っています。

具体的なサービス内容はどんな感じなのでしょうか?

今回はdTVの特徴や料金、配信コンテンツ等について紹介します。

dTV(ディーティービー)の特徴と料金

dtv

dTVは、スマートフォンやタブレット、またはパソコンで動画を楽しめる月額動画見放題サービスです。

いわばNetflixやHulu、U-NEXTといったサービスと同じですね。

携帯電話会社のNTTドコモが提供する、dTVの特徴は以下の通りです。

料金

500円

配信ジャンル

洋画・邦画・ドラマ・アニメなど

タイトル数 120,000
無料体験期間 31日間
HD視聴
UHD 4K画質 ×
同時視聴数 1
アプリ視聴
オフライン再生
支配方法 クレジットカード、ケータイ払い

まず目につくのは月額料金の安さ(500円)ですよね。

配信タイトル数120,000はU-NEXTと同じですが、U-NEXTの月額料金は1,990円ですから、1,490円も安い。

また、Netflix(650円〜1,450円)やHulu(933円)に比べても安いですね。

しかも無料期間が31日間ありますので、じっくり、たっぷり試してから契約できると思います。

月500円で動画が見放題なら、かなりお得ですよね。

スポンサーリンク

配信コンテンツのラインナップ

dTVの配信コンテンツには、ちょっとした注意点があるものの、話題の作品がそろっていますよ。

10万タイトル以上は有料レンタル作品

dTVの配信タイトル数は120,000ですが、見放題の対象になるのは約20,000。

つまり約100,000タイトルは有料レンタル作品なんですよね。

レンタル料金は作品にもよりますが、およそ100〜400円の範囲です。

レンタルした作品は30日間、何度でも視聴可能。

見放題プランは複数のデバイスで同時視聴することはできませんが、レンタル作品はマルチデバイスに対応しています。

人気&話題の映画や海外ドラマを見たいならNetflixかHulu

dTVは、月額料金が安く、配信コンテンツが豊富であることは間違いありません。

しかし、いわゆる人気作品、話題作、最新作などはあまりそろっていません。

ですから、「いま話題の作品をガンガン見たい!」「海外ドラマを片っ端から見たい!」という人は、NetflixかHuluと契約したほうが良いでしょう。

NetflixとHuluは、話題作がそろっているのはもちろん、オリジナルコンテンツもありますからね。

オリジナルコンテンツ・限定配信動画あり

dTVの強みは、オリジナルコンテンツや限定配信動画があることです。

たとえば闇金ウシジマくん、新宿スワン、進撃の巨人、HELIX-黒い遺伝子-、BeeTVといったあたりですね。

闇金ウシジマくん、低予算番組っぽい(失礼!)のに、めちゃくちゃおもしろいですよ。

山田孝之さんと綾野剛さんが、いい味だしています。

dtv

BeeTVで配信されている進撃の巨人も見逃せませんね。

あの大ヒットコミックをどう再現したのでしょうか?

dtv

マンガ原作で2016年に映画化して大ヒットした「高台家の人々」のスピンオフ作品がdTVオリジナルドラマとして配信中です。

dTVオリジナルドラマ「高台家の人々」スピンオフ作品を完全攻略!

2017.01.09

圧倒的に時間の無駄として(←褒め言葉です)おすすめなのは「みんな!エスパーだよっ!-欲望だらけのラブ・ウォーズ-」です。

こちらもdTVオリジナルドラマです。

dTVオリジナル「みんな!エスパーだよっ!欲望だらけのラブウォーズ」は圧倒的時間の無駄だけどおすすめ!

2017.01.10

オフライン再生できるのが便利

dTVのメリットは、オフライン再生ができるところ。

つまりスマートフォンやタブレットに動画をダウンロードして楽しめるんです。

たとえば通勤中に映画を見ようとしても、Wi-Fi環境じゃなければ、途中で止まったりしてストレスですよね。

かと言って、ポケットWi-Fiやテザリングで映画を見ていたら、すぐ速度制限に…。

でも、自宅であらかじめ動画をダウンロードしておけば、電車の中でも快適に見ることができます。

スポンサーリンク

まとめ

dTVは、BeeTVのコンテンツか、有料レンタル作品をメインに考えたほうが良いでしょう。

最近では、大人気バラエティー番組の「ゴットタン」がBeeTVオリジナルコンテンツに登場していますので、今後さらに拡張されるかもしれません。

映画や海外ドラマをメインで考えるなら、NetflixかHulu、またはU-NEXTをおすすめします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。