【コンビニシュークリームを徹底比較】セブンイレブン・ローソン・ファミマ他・5品を食べてみた

「コンビニスイーツの進化がすごい…」という噂をキャッチしました。

とくにシュークリームとエクレアは、値段も手頃でとても美味しいのだとか。

そんな話を聞いていると、シュークリームを食べたくなってきました。

疲れて甘いものが欲しくなったとき、手軽に買えるコンビニシュークリームはどれなのでしょうか?

今回はセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど、5種類のコンビニシュークリームを徹底比較しました。

コンビニスイーツの定番・シュークリームを食べ比べてみた

コンビニスイーツが何やら盛り上がっているみたいですね。

気になってコンビニの売り場を見に行くと、本当にたくさんのスイーツが販売されていました。

とくにシュークリームの数が圧倒的に多かったので、毎日たくさんの人が買っていくのでしょう。

最も美味しいシュークリームを販売しているのは、どこのコンビニなのでしょうか?

今回は以下を食べ比べてみました。

  • バニラ香る濃厚カスタードシュー(セブンイレブン)
  • カスタードシュークリーム(ミニストップ)
  • 大きなツインシュー(ローソン)
  • 口どけなめらかカスタードシュー(ファミリーマート)
  • 大きなホイップ&カスタードシュークリーム(デイリーヤマザキ)

「シュークリームはどれも大差ないのでは?」と思っていたことを謝罪したいくらい、どれも特徴があり、美味しかったです。

それでは、1つずつ評価していきましょう。

スポンサーリンク

バニラ香る濃厚カスタードシュー(セブンイレブン)

セブンイレブンでは、「バニラ香る濃厚カスタードシュー」を販売しています。

売り場を見に行くと、シュークリームが2種類ほどありましたが、見た目に惹かれたこちらを購入。

主な特徴は以下の通りです。

  • 参考価格:130円
  • カロリー:256kcal
  • クリーム:カスタードクリーム

ケーキ屋さんのシュークリームもだいたい100〜130円ですから、価格的には同じ水準ですね。

品名の通り、濃厚なカスタードクリームを売りにしているようです。

バニラビーンズの香りがしっかり

シュークリームを2つにカットしてビックリ!

カスタードクリームがたっぷり入っていました。

シュークリームの内部には必ず空洞があるものだと思っていましたので、クリームのたっぷり感に驚きました。

ところどころ含まれているバニラビーンズの香りが良く、口のなかいっぱいに甘さが広がります。

卵のコクもしっかり感じられますね。

いきなりのハイクオリティーにマジでびっくりしました。

子供が食べた感想:口の中でとろける感じ

子供にも食べさせたところ、口の中でとろけるような食感を楽しめたようです。

失礼ながら、カスタードクリームって美味しいものとあまりそうではないものがハッキリしていますので、子供に食べさせるとわかりやすいんですよ。

セブンイレブンのシュークリームは気に入ったようで、パクパク食べていました。

その他のオリジナルスイーツ

セブンイレブンは、オリジナルスイーツの種類が豊富です。

また機会を作って食べてみたいですね。

  • イタリア栗のモンブラン
  • 苺ソースのミニかまくら
  • ふんわ~り♪苺クリームみるくぷりん
  • なめらか濃厚パンプキンプリン
  • カスタードプリン~ぐっとたまご~
  • 生スイートポテト
  • とろける杏仁豆腐
  • 至極の口どけレアチーズ
  • クリスマスきらきらゼリーケーキ
  • ニューヨークチーズケーキ
  • ブラックガトーショコラ
  • たっぷりクリーム至福のロールケーキ
  • ダブルクリームのカスタード&ホイップシュー

信じられないかもしれませんが、スイーツの種類はまだまだありますよ。

バニラ香る濃厚カスタードシューと一緒に、ぜひチェックしてくださいね。

次は、ミニストップのシュークリームを評価していきましょう。

カスタードシュークリーム(ミニストップ)

ミニストップは、比較的はやくスイーツ類に力を入れていたように記憶しています。

「カスタードシュークリーム」もさすがの美味しさでしたよ。

主な特徴は以下の通り。

  • 参考価格:110円
  • カロリー:231kcal
  • クリーム:カスタードクリーム

セブンイレブンの「バニラ香る濃厚カスタードシュー」と同じくらいの大きさですが、価格は20円も安いんですね。

どちらかと言えば、オーソドックスなシュークリームという感じでしょうか。

カスタードクリームがプリンみたい

2つにカットしてみると、中にはカスタードクリームがたっぷり。

こちらも「空洞なし」と言っていいくらい満タンです。

カスタードクリームのお味は、まるでなめらかプリンのようでした。

食感はそれなりにあるのに、口の中であっという間にとけてしまう。

シンプルではありますが、味はたしかです。

子供が食べた感想:クリームがたっぷり

子供たちもカスタードクリームのボリュームに驚いたようです。

しつこくないライトな食感なので、子供に食べさせても問題ありませんでした。

生地がしんなりしているのも良かったようです。

その他のオリジナルスイーツ

ミニストップは、オリジナルスイーツが豊富です。

  • ソフトクリーム バニラ
  • プレミアム安納芋ソフト
  • プレミアム安納芋ミックスソフト
  • フォンダンショコラ ダブルベリー
  • フォンダンショコラ ココア
  • チョコバナナパフェ
  • なめらかプリンパフェ
  • まるごとぶどうパフェ

ミニストップのスイーツは、どちらかと言うとアイスクリームが多いですね。

あと、公式サイトには掲載されていませんでしたが、エクレアなども販売されていましたよ。

さて、次はローソンのシュークリームを食べてみます。

大きなツインシュー(ローソン)

ローソンは、数多くのオリジナル商品を販売しています。

なかでも「Uchi Cafe(ウチカフェ)スイーツ」というブランドは、値段が手頃で、しかも美味しいと評判みたいですよ。

ローソンの「大きなツインシュー」の主な特徴は以下の通り。

  • 参考価格:113円
  • カロリー:306kcal
  • クリーム:カスタードクリーム、生クリーム

値段はコンビニシュークリームの平均的なレベルですが、生クリームが入っているせいか、カロリーが高めですね。

ダイエット中は注意せねば…。

生クリームとカスタードクリームの2層構造

カットしてみると、そこには2層構造になった生クリームとカスタードクリームが。

クリームの量はセブンイレブンやミニストップのものよりも少なめですが、味は美味しかったです。

なめらかな生クリームは、北海道産のものを使用しているみたいですよ。

値段と味のバランスを考えると、コストパフォーマンスが良いと思います。

子供が食べた感想:もうちょっとクリームが多いほうが良いかも?

子供に食べさせたところ、「もうちょっとクリームが多いくても良いかも」という厳しい意見。

ただ、生クリームが結構ズシンときますので、実は子供にとっては適量なのかもしれません。

ローソンのオリジナルブランドは、さすがに安定しています。

その他のオリジナルスイーツ

ローソンには、他にもいろんなオリジナルスイーツがありますよ。

以下が、その代表的なものです。

  • 苺のショートケーキ&スフレチーズケーキ
  • とろーりゆずぜんざい
  • ほんのり甘じょっぱいみたらしだんご
  • パリブレスト(ほろにがショコラ)
  • マカロン(あまおう苺&ショコラ)
  • プレミアムきよら卵のプリンロールケーキ
  • 五郎島金時のスイートポテト
  • しっとり濃厚ショコラケーキ
  • プレミアムロールケーキ
  • とろけるエクレア
  • とろけるティラミス
  • ふんわりワッフル(カスタード&ホイップ)
  • ピュアエッグタルト

他にもまだまだあり、和菓子などもそろっています。

「プレミアムロールケーキ」「プレミアムチョコロールケ-キ」あたりは、コンビニスイーツブームの火付け役になった商品ですよね。

2009年の発売以降、2015年時点で2億5,000万個以上も売り上げたというのですから驚きです。

またチャレンジしてみよう。

それでは次に、ファミリーマートのシュークリームを紹介しますね。

口どけなめらかカスタードシュー(ファミリーマート)

ファミリーマートのオリジナルブランドも、良い評判を頻繁に聞きます。

ぼく自身はあまり利用する機会がありませんが、もはや常連客と化した知人が絶賛していました。

スイーツにも相当ちからを入れているみたいですよ。

ファミリーマートの「口どけなめらかカスタードシュー」の主な特徴は以下の通り。

  • 参考価格:110円
  • カロリー:236kcal
  • クリーム:カスタードクリーム

オーソドックスなコンビニシュークリームは、だいたい110〜130円の範囲が多いですね。

カロリーも230〜250kcalくらいが一般的です。

「口どけなめらか」というキャッチフレーズに惹かれちゃいますね。

サクッと香ばしい生地が良い

2つにカットしてみると、中にはバニラビーンズ入りのカスタードクリームがたっぷり。

ただ、あくまでも見た目での判断ですが、分量に関してはミニストップやセブンイレブンのほうが多かったですね。

個人的に好きだったのは、カリッとした生地です。

なんでもフランス産の小麦を使用し、焼成時間を長くすることで、サクッと香ばしい生地に仕上げているのだとか。

カスタードクリームと生地の相性も抜群です。

子供が食べた感想:カスタードクリームの「厚み」がすごい

カスタードクリームの分量に関しては、やや空洞が目立つ感じでしたが、「厚み」がすごかったです。

子供に食べさせたところ、「カスタードクリームがぽってりしている」と言っていました。

おそらく従来品よりもミルクの量を増やしたことで、独特な重厚感に仕上がったのだと思います。

その他のオリジナルスイーツ

ファミマのスイーツも豊富ですよ。

以下がその一部です。

  • 大きなとろけるティラミス
  • 苺ショートケーキ(1個)
  • ザッハトルテ
  • 窯焼きとろけるプリン
  • もっちりとしたカスタードシュー
  • パイエクレア(キャラメル)
  • ファミマプレミアム 安納芋のタルト
  • RIZAP監修 ほろにが珈琲ゼリー
  • イタリア栗のモンブランプリン
  • Wクリームエクレア
  • プリンパフェ
  • もっちりしたクレープ(ザックザクチョコ&バナナ)
  • 窯焼きパイのシュークリーム
  • クレーム・ブリュレ
  • ファミマプレミアム ブリュレチーズケーキ~ベイクド&レア~
  • ニューヨークチーズケーキ
  • チョコバナナクレープ
  • ぷにほっぺ。(カスタードホイップ)
  • バウムクーヘン

上記の他に、和菓子を含めて10種類以上あるのですから、ちょっと驚きです。

「RIZAP監修 ほろにが珈琲ゼリー」のような企画品が発売されているところにも、コンビニスイーツの人気が伺えますね。

さて、それでは最後にデイリーヤマザキのシュークリームを評価していきましょう。

大きなホイップ&カスタードシュークリーム(デイリーヤマザキ)

デイリーヤマザキの「大きなホイップ&カスタードシュークリーム」は、見た目にもお得感がありました。

男性の手のひらにちょうど収まるくらいのサイズですから、スイーツとしてはかなり大きいです。

主な特徴は以下の通り。

  • 参考価格:110円
  • カロリー:306kcal
  • クリーム:カスタードクリーム、生クリーム

同じくカスタードクリームと生クリームを使用したローソンの「大きなツインシュー(113円)」よりも安い。

しかもサイズは間違いなくデイリーヤマザキのほうが大きいので、やっぱりお得感があります。

カスタードクリーム、生クリームがたっぷり

内部にはやや空洞があるものの、これはビッグサイズのシュークリームなら致し方ないことでしょう。

北海道産ホイップクリーム入りの生クリームは、とても濃厚な味わいでした。

しっとりした生地との相性も絶妙です。

子供が食べた感想:サイズが大きくて得した気分

子供にも食べさせたところ、お得な感じがしたようです。

やっぱり子供にとっては、「サイズが大きい = 嬉しい」なんでしょうね。

カスタードクリームと生クリームの組み合わせも気に入ったみたいです。

その他のオリジナルスイーツ

デイリーヤマザキを運営しているのは山崎製パンですから、スイーツも豊富ですよ。

スーパーマーケットでよく見かける商品もあると思います。

  • まるごとバナナ
  • 濃厚クリームパイシュー
  • 苺のショートケーキ
  • モンブラン
  • チーズスフレ
  • ショコラトルテケーキ
  • ミルクレープ
  • シューロールケーキ
  • ふわふわスフレ
  • ぷにたま
  • 串団子
  • 豆大福・草大福
  • 吹雪まんじゅう・黒糖まんじゅう・草まんじゅう
  • 苺大福

上記はごく一部です。

洋菓子や和菓子がズラッとそろっていますね。

全てではありませんが、ぼくが行ったデイリーヤマザキでも販売されていました。

スポンサーリンク

まとめ

コンビニシュークリームの比較は、甘党にはたまらないものでした。

今までシュークリームの細かいところをチェックしたことはありませんでしたが、いろんな特徴があるんですね。

個人的にはセブンイレブンとデイリーヤマザキのシュークリームが好きでした!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。