【缶コーヒーの微糖・カフェオレのおすすめ比較】ボス・ジョージア・ワンダ・ほか10品を飲んでみた

缶コーヒーの微糖・カフェオレのおすすめ比較

疲れたときの1杯(1本)がうまい!

それはビールだけではありませんよね。

エネルギーをチャージしたいときは、甘めの缶コーヒーが1番。

ほっと一息いれられたら、また仕事を頑張れるでしょう。

ただ、以前に比べて缶コーヒーの種類が増えているため、どれを買えばいいのかわかりづらいと思います。

そんなわけで今回は、缶コーヒーの微糖・カフェオレを飲み比べしてみました。

美味しいのはどれなのでしょうか?

缶コーヒーの微糖・カフェオレを飲み比べてみた

今回は缶コーヒーの微糖・カフェオレの飲み比べです。

メジャーどころを中心に、全部で10種類を購入しました。

ぼくは「ブラック派」ですが、たまに甘いコーヒーが飲みたくなるんですよね。

しかも缶コーヒーのような、甘〜〜いやつが。

それぞれの缶コーヒーにどのような特徴があるのか、飲むのが楽しみです。

スポンサーリンク

BOSS カフェオレ

ボスのカフェオレ
  • 品名:BOSS カフェオレ(コーヒー飲料)
  • 内容量:185g
  • カロリー:81kcal
  • 参考価格:84円
  • 原材料:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、クリーム、脱脂濃縮乳、全粉乳ほか

まずはBOSSのカフェオレから。

サントリーのBOSS(ボス)はテレビCMでもおなじみですよね。

カフェオレもなかなか美味しそうです。

ボスのカフェオレ

さっそく飲んでみると、あまりにも甘くて驚きました。

激甘です!

ガラス瓶のコーヒー牛乳よりも甘いと思います。

ただ、後味がスッキリしていて、甘さがいつまでも残らないのはポイントが高いですね。

キンキンに冷やしてから飲むのがおすすめです。

ジョージア エメラルドマウンテンブレンド

ジョージアのエメラルドマウンテンブレンド
  • 品名:ジョージア エメラルドマウンテンブレンド(コーヒー)
  • 内容量:185g
  • カロリー:35kcal
  • 参考価格:95円
  • 原材料:牛乳、コーヒー、砂糖、香料、カゼインNa、乳化剤ほか

次は、ジョージアのエメラルドマウンテンブレンドにいってみましょう。

この商品もロングセラーですよね。

かなり昔からあるように思います。

ボスのカフェオレに比べると、コーヒーが濃いめでした。

ジョージアのエメラルドマウンテンブレンド

これは個人的に好きです。

コーヒーの苦味が残っていて、香りが抜群。

ミルクの量が少なめなので、スッキリ飲めます。

ジョージアのシリーズはどんどん進化しているなぁ。

ワンダ モーニングショット

ワンダのモーニングショット
  • 品名:ワンダ モーニングショット(コーヒー)
  • 内容量:185g
  • カロリー:63kcal
  • 参考価格:84円
  • 原材料:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、デキストリン/カゼインNaほか

次は、ワンダのモーニングショットにいってみましょう。

これは「朝専用コーヒー」というキャッチコピーで一世を風靡しましたよね。

強烈な香りとコクで目覚めさせてやろう、という意気込みが感じられるデザインです。

ワンダのモーニングショット

これは香りのインパクトがすごいです。

とにかく強烈です!

お味のほうは最初は甘みを感じますが、それがどんどん苦味に変わる。

「キリッとした苦味」というコピーにウソはありません。

ただ、甘みの質がちょっと異なる気も。

ここまで飲んできたコーヒーは砂糖の甘みでしたが、ワンダは「シロップのような甘み」でした。

DYDO 世界一のバリスタ監修香るブレンド微糖

DyDoの世界一のバリスタ
  • 品名:DYDO 世界一のバリスタ監修香るブレンド微糖(コーヒー)
  • 内容量:260g
  • カロリー:62kcal
  • 参考価格:97円
  • 原材料:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、クリームほか

次は、ダイドーの世界一のバリスタ監修香るブレンド微糖にいってみましょう。

これはブランディングが上手というか、ネーミングとデザインがすでに美味しそうです。

蓋を閉められるのもグッド!

DyDoの世界一のバリスタ

これはコーヒーの苦味がかなり強くて、甘さは控えめ。

そして、いい香りがいつまでも残ります。

「世界一のバリスタ監修」というネーミングは伊達じゃありません。

間違いのない美味しさです。

TULLY’S BARISTA’S LATTE 無糖カフェラテ

タリーズのラテ
  • 品名:TULLY’S BARISTA’S LATTE 無糖カフェラテ(コーヒー)
  • 内容量:260mL
  • カロリー:23kcal
  • 参考価格:140円
  • 原材料:牛乳、コーヒー、クリーム、脱脂濃縮乳加工品、脱脂粉乳/乳化剤ほか

次は、タリーズの無糖カフェラテを飲んでみましょう。

タリーズといえば、あのスペシャリティコーヒーのチェーン店。

スターバックスにならび、日本国内でもよく見かけますよね。

ボトルは高級感のあるデザインです。

タリーズのラテ

これはちょっと缶コーヒーの域を超えているかも。

無糖なのでスッキリしているのは当然ですが、ミルクのコクがすごい。

ここまで濃厚で、大量のミルクが入った缶コーヒーは飲んだことがありません。

香りもかなり強いので、本格的なラテを楽しめます。

缶コーヒーのクオリティーも、ここまできたか…。

ジョージア ヨーロピアンカフェラテ

ジョージアのヨーロピアンラテ
  • 品名:ジョージア ヨーロピアンカフェラテ(乳飲料)
  • 内容量:260mL
  • カロリー:112kcal
  • 参考価格:105円
  • 原材料:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、デキストリン、食塩ほか

次は、ジョージアのヨーロピアンカフェラテにいってみましょう。

マイルドな雰囲気が伝わってくるボトルのデザインですね。

カテゴリーは「乳飲料」になるようです。

ジョージアのヨーロピアンラテ

これはめちゃくちゃ甘いですが、美味しいです!

コーヒーの苦味とミルクのコクが見事に両立しています。

コーヒー牛乳のように甘いですが、コーヒーもちゃんと引き立っている。

このバランスは最強かも!?

BOSS 贅沢微糖

ボスの贅沢微糖
  • 品名:BOSS 贅沢微糖(コーヒー)
  • 内容量:185g
  • カロリー:39kcal
  • 参考価格:73円
  • 原材料:牛乳、コーヒー、砂糖、乳製品、デキストリン、カゼインNa、乳化剤ほか

次は、BOSSの贅沢微糖をいただきます。

これもなかなかインパクトがありそうだなぁ。

微糖ではありますが、中身はカフェオレっぽいですね。

ボスの贅沢微糖

これはブラックコーヒーとカフェオレのほぼ中間くらいのお味。

ミルクがしっかり効いていますが、ちゃんとコーヒーの苦味も残る。

微糖缶コーヒーの王道のお味ですね。

個人的には、このボトルデザインを見ただけで買いたくなります。

FIRE 挽きたて微糖

ファイアーの挽きたて微糖
  • 品名:FIRE 挽きたて微糖(コーヒー)
  • 内容量:185g
  • カロリー:30kcal
  • 参考価格:81円
  • 原材料:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン/香料ほか

次は、FIREの挽きたて微糖を飲んでみます。

FIREのシリーズは、とにかく香りが強烈なんですよね。

ボトルのデザインもインパクト大です。

ファイアーの挽きたて微糖

予想通りというべきか、香りがすごい!

ここまで飲んできた商品のなかで、断トツのナンバーワンです。

飲む瞬間から鼻先に香り、それが口の中にも広がる。

味は可もなく不可もなくというところですが、とにかく香りがすごいです。

癒される缶コーヒーだなぁ、これは。

UCC ミルクコーヒー

UCCのミルクコーヒー
  • 品名:UCC ミルクコーヒー(乳飲料)
  • 内容量:250g
  • カロリー:110kcal
  • 参考価格:73円
  • 原材料:砂糖、脱脂粉乳、コーヒー、全粉乳ほか

次は、UCCのミルクコーヒーにいってみましょう。

昔ながらのデザインがいいですね。

小さい頃、母親がよく飲んでいたような気がします。

「乳飲料」なのが頷ける、マイルドなコーヒーでした。

UCCのミルクコーヒー

これはどちらかと言うと、ミルクがメインですね。

濃厚な牛乳がメインで、コーヒーはあくまでもおまけのような感じです。

子供でも問題なく飲めるくらい甘くて、苦味は一切ありません。

でも、なんだろう。

ほっとする味ですね。

ジョージア カフェ・オ・レ

ジョージアのカフェオレ
  • 品名:ジョージア カフェ・オ・レ(コーヒー飲料)
  • 内容量:250g
  • カロリー:113kcal
  • 参考価格:90円
  • 原材料:牛乳、砂糖、コーヒー、香料、乳化剤ほか

最後は、ジョージアのカフェ・オ・レを。

この商品もかなり昔からありますよね。

ボトルのデザインもほぼ変わっていないと思います。

ジョージアのカフェオレ

これも苦味が一切ない、コーヒー牛乳ですね。

先ほどのUCCのミルクコーヒーよりも甘くて、後味もしっかり残ります。

なんと言えばいいのでしょうか。

体全体にしみ渡るような甘さです。

スポンサーリンク

まとめ

缶コーヒーの微糖・カフェオレのおすすめ比較

缶コーヒーは、各社で違いがあっておもしろいです。

こうして飲み比べてみると全然違いますね。

個人的には、1位がジョージアのエメラルドマウンテンブレンドで、2位がDyDoの世界一のバリスタ監修香るブレンド微糖。

3位がジョージアのヨーロピアンカフェラテで、4位がタリーズの無糖カフェラテかな。

予想以上にレベルが高くて驚きました。

【ブラック缶コーヒーのおすすめ比較】ボス・ワンダ・ジョージアほか16種類を飲んでみた

2017.02.14



缶コーヒーの微糖・カフェオレのおすすめ比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。