【もこもこ弾力泡】泡洗顔ポンプ&ムースタイプ10種類のおすすめ比較!

泡洗顔10種類集合

毎日使用する洗顔料。

毛穴の奥の汚れを落とすためにも、きちんと泡立ててから行うのが良いのですが、これがなかなかめんどくさい・・・。

そんなときに便利なのが『泡洗顔』。

ポンプを押せば、もこもこの状態の泡が出てくるので、時間がないときでも楽に洗顔が可能です!

今回はそんな泡洗顔料10種類を比較してみました!

今回比較するのはこちらの10種類!

泡洗顔10種類全体図

ドラッグストアで購入できる泡洗顔10種類。

ポンプタイプだけではなく、スプレータイプのものも入れています。

価格は公式サイト、Amazon参照。

ブランド名 商品名 価格(税抜き)
専科 スピーディーパーフェクトホイップ モイストタッチ 600円
ビオレ マシュマロホイップ モイスチャー 480円
ダヴ ビューティーモイスチャー泡洗顔料 461円
肌ラボ 極潤ヒアルロン酸泡洗顔 600円
なめらか本舗 サナなめらか本舗泡洗顔 810円
ナチュサボン ナチュサボンセレクトウォッシングフォームホワイト 544円
カウブランド 無添加泡の洗顔料 680円
なめらか本舗 パーフェクト泡洗顔 1,100円
白茶爽 白茶 泡ムース洗顔 700円
ビフェスタ 炭酸泡洗顔モイスト 650円

スポンサーリンク

【専科】スピーディーパーフェクトホイップモイストタッチ

  • ブランド名:専科
  • 商品名:スピーディーパーフェクトホイップモイストタッチ
  • 内容量:150ml
  • 有効成分:天然シルクエッセンス、Wヒアルロン酸
  • 香り:やさしく香るみずみずしいフローラルの香り
  • 総合評価:★★★★☆

青いパッケージが印象的な専科。

オイルクレンジングやチューブタイプの洗顔料も人気ですね。

専科泡洗顔の泡写真

適量はポンプで2、3回。顔全体を包むのには十分な泡の量です。

1度で出てくる泡の量が多く、何しろ香りがいい!

洗顔を想定して、5回程度手のひらの泡を握りつぶしてみました。

程よく弾力が残り、泡の気泡も小さく目立ちません。

もっちりとした泡が手から離れることなく、密度の濃い泡です。

泡立てネットを使わずにこの泡ができるのなら大満足です!

【ビオレ】マシュマロホイップモイスチャー

ビオレ泡洗顔パッケージ
  • ブランド名:ビオレ
  • 商品名:マシュマロホイップモイスチャー
  • 内容量:150ml
  • 香り:優しいフレッシュフローラル
  • 総合評価:★★★☆☆

ヘアケア、ボディケア商品を数多く展開する『花王』のブランドであるビオレ。

皮膚の角層へ浸透しにくく肌に優しい洗浄成分の技術、SPT(Skin Purifying Technology)を採用し、洗顔後も肌が乾燥しにくく、うるおいを保ちやすい機能を備えています。

ポンプを押して泡を出してみると、なんだか泡がぷるんとしているような・・・!

これがCMで見た『マシュマロ泡』なのか・・・!!!

と一人興奮。

泡が手に当たってもへたらず、ふんわりとした状態を保っています。

何度か泡をつぶしてみると、ふわふわの泡も大きめの気泡が入ってしまいました。

シュワシュワと音を立てながら、泡がどんどん減ってしまいます。

はじめ手に取った印象はやわらかかったのですが、泡の密度はそんなにきめ細かくないのかもしれません。

【ダヴ】ビューティーモイスチャー泡洗顔料

  • ブランド名:ダヴ
  • 商品名:ビューティーモイスチャー泡洗顔
  • 内容量:160ml
  • 香り:ナチュラルなホワイトフローラルの香り
  • 総合評価:★★★★☆

ユニリーバ・ジャパン㈱から発売されているダヴ。ボディソープやボディクリームが有名ですね!

泡洗顔料は今回取り上げた、『ビューティーモイスチャー』意外に、

テカリを取りながらうるおいのある肌へ導いてくれる『ディープピュア』と

うるおいを与え、なめらかで明るい肌に導いてくれる『クリアニュー』の2種類があります。

ダヴの泡洗顔料は時間がたってもくずれない、クリーミーな泡が特徴だそう。

たしかにポンプから出てきた泡は、きめが細かく濃密な印象。

ダヴ泡洗顔の泡をつぶしてみた

手で数回つぶしてみても、大きな気泡ができることなくクリーミーな泡を保っていました。

全体的に泡の密度が均一なので、全体が白くきれいに見えます。

【肌ラボ】極潤ヒアルロン酸泡洗顔

  • ブランド名:肌ラボ
  • 商品名:極潤ヒアルロン酸泡洗顔
  • 内容量:160ml
  • 有効成分:スーパーヒアルロン酸
  • 香り:無香料
  • 総合評価:★★★☆☆

コンビニやドラッグストアで見かけることの多い『肌ラボ』の極潤シリーズ。

スキンケア商品の豊富なアイテム数と、低価格が魅力です。

泡の密度はまあまあといったところでしょうか。

1回で出てくる泡の量が少し少ない気もしました。

ちなみに極潤の泡洗顔料は通常よりも2倍水分を抱え込むことのできるアセチルヒアルロン酸と、

洗顔後も肌から離れにくい、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、

さらに保湿力の高いワセリンを使用しているそう。

洗顔料にワセリンと聞くと驚いてしまいますが、使い心地はいたって普通の洗顔料です。

泡の崩れ具合もいたって普通です。

大きな気泡こそできませんが、手のひらでつぶすと、シュワシュワ音を立てて泡がなくなっていきます。

普段使いには問題なさそうですが、こだわって選ぶ必要もなさそう、というのが正直な感想です。

【なめらか本舗】サナ なめらか本舗泡洗顔

  • ブランド名:なめらか本舗
  • 商品名:サナ なめらか本舗泡洗顔
  • 内容量:200ml
  • 有効成分:豆乳発酵液、ダイズ種子エキス、ダイズタンパクなど
  • 総合評価:★★★☆☆

常磐薬品工業が展開する、なめらか本舗。

なじみのない社名かもしれませんが、メイクアップブランドの「エクセル」、敏感肌スキンケアラインの「NOV」、

そしてなにより「南天のど飴」の会社です!!!

減殺のなめらか本舗ブランドの広告塔は指原莉乃さんです。

有効成分に大豆由来の成分を多く配合しています。

自然の持つ力で肌をきれいに、というコンセプト。

泡のきめの細かさはまあまあ、手前の部分を見ると少し粗いかな・・・という印象。

何度か泡をつぶしてみると、大きめの気泡がいくつもできてしまいました。

泡の弾力がなく、キメの細かさとは程遠い印象です。

【ナチュサボン】セレクトウォッシングフォームホワイト

  • ブランド名:ナチュサボン
  • 商品名:ナチュサボンセレクトウォッシングフォームホワイト
  • 内容量:180ml
  • 有効成分:オーガニックキューカンバー抽出エキスなど
  • 香り:カモミール&ペア
  • 総合評価:★★★☆☆

天然、植物由来の成分にこだわって商品づくりを行っている『ナチュサボン』。

洗浄成分はアミノ酸系洗浄料を使用し、肌に刺激の強いと言われているラウレス硫酸ナトリウムなどの高級アルコール系洗浄成分は使用していません。

さらに、パラベン、鉱物油、アルコールも不使用なので、これらの成分で肌トラブルを起こす人には非常に魅力的だと思います。

泡もきめ細かさはまずまずです。少し気泡も目立ちますね。

数回泡を手で握ると、かなり気泡が目立ってきてしまいました。

顔全体を洗顔するには少しゆるいかもしれません。

しかし、香りがとってもいい!

一般的な洗顔フォームにありがちなフローラルの香りとは違い、カモミールのすっきりとしたいい香りが好印象です。

【カウブランド】無添加泡の洗顔料

  • ブランド名:カウブランド
  • 商品名:カウブランド無添加泡の洗顔料
  • 内容量:200ml
  • 有効成分:天然由来セラミド
  • 香り:無香料
  • 総合評価:★★☆☆☆

牛乳石けんでおなじみの『カウブランド』。

とことん肌にやさしく、負担となる成分を避けた泡洗顔料です。

植物性アミノ酸系洗浄成分を採用し、人間がもともと持っている保湿成分、セラミドに近い天然由来のセラミドを配合。

さらに、着色料、防腐剤、鉱物油、アルコールなどの肌に負担となる可能性のある成分も極力避けられています。

敏感肌の人はもちろん、お子さんと親子で使用するにも問題なさそうな成分ですね!

この時点での泡の密度はいたって普通。1回のプッシュで出てくる泡の量がすこし少ない印象です。

泡をにぎると、すぐに大きな気泡が目立ってきました。

泡自体も緩くなり、手から流れ落ちてしまいます。

成分は魅力的ですが、がっつり洗顔したい人にとっては少し頼りないかな、という印象です。

【なめらか本舗】パーフェクト泡洗顔

  • ブランド名:なめらか本舗
  • 商品名:なめらか本舗パーフェクト泡洗顔
  • 内容量:110g
  • 有効成分:豆乳イソフラボンなど
  • 香り:無香料
  • 総合評価:★★★★★

先ほどもなめらか本舗の泡洗顔をとりあげましたが、こちらはスプレー缶に入った炭酸泡タイプ。

有効成分はやはり大豆由来の成分が多いのですが、炭酸泡での洗顔なので、古い角質を落としたり、

血行促進で肌色が明るくなったりする効果も期待できるそう!

さすがスプレータイプ、泡の密度が全然違います!

泡を押し出す際のノズルも固くなく、スムーズに出すことができました。

泡をつぶしてみようとしましたが、弾力がすごくて押し返されるほど。

泡も垂れることなく、その形を保っています。

泡をつぶしてみましたが、密度と固さがそのまま保たれています。

まるで生クリームのよう。

全顔パックにも使えそうなほど、濃密なもちもち泡です!これはいい!

【白茶爽】白茶泡ムース洗顔

  • ブランド名:白茶爽
  • 商品名:白茶泡ムース洗顔
  • 内容量:150g
  • 有効成分:チャ葉エキス
  • 香り:やさしい柚子風味の緑茶の香り
  • 総合評価:★★★☆☆

目薬で有名な『ロート製薬』。先ほど紹介した『肌ラボ』の他に、この『白茶爽』も展開しています。

こちらのスプレータイプの泡洗顔料なので、ポンプタイプよりは濃密な泡です。

しかし、さきほどのなめらか本舗の泡洗顔料よりは少し密度に欠ける印象。

何度か泡をにぎると、予想より簡単に泡がやわらかくなってしまいました。

ふわふわの泡だったのですが、密度はそんなに濃くなかったようです。

あとは、お茶のいい香りがしたのですが、少しガスのにおいもあり、その点も気になりました。

【ビフェスタ】炭酸泡洗顔モイスト

  • ブランド名:ビフェスタ
  • 商品名:ビフェスタ泡洗顔モイスト
  • 内容量:180g
  • 有効成分:ヒアルロン酸、コラーゲン
  • 香り:無香料
  • 総合評価:★★★★☆

洗顔フォームで有名な『マンダム』が展開するブランド。

スプレータイプの洗顔料で、濃密な炭酸泡での洗顔が可能。

このほかにも、皮脂汚れをしっかり落とす『泡洗顔クリア』と、

角質を柔軟にして肌のブライトニングを図る『泡洗顔部ライトアップ』があります。

さすがの濃密泡。キメがとっても細かく、みているだけでもうっとりするレベルのきれいな泡です。

つぶしてみると、泡の気泡は若干目立つものの、固さはしっかりあります。

洗顔に使用するには問題ないと言えます!

しいていうならば、スプレー缶の押す部分が細く丸くなっているため、少し握りにくいのが難点でした。

置いた状態で押し出して使うのがよさそうです。

実際に試して分かった!おすすめの泡洗顔料ベスト3

ここからは実際に試した私がおすすめする、合わあ洗顔料ベスト3をご紹介!

【第3位】ビフェスタ炭酸泡洗顔モイスト

ビフェスタ泡洗顔全体図

濃厚な泡は顔に伸ばしてもふわふわと弾力を保っていました!

こちらのモイスト以外にも種類が豊富で、肌質に合わせて選べるのもうれしいですね♪

【第2位】専科 スピーディーパーフェクトホイップモイストタッチ

専科泡洗顔

ポンプ式のなかでは一番しっかりした泡でした。香りもふんわりとやさしい香り♪

専科の泡洗顔は、洗い流した後の顔のつっぱりが少なかった印象。

保湿ができる洗顔、ポイント高いです!

【第1位】なめらか本舗 パーフェクト泡洗顔

なめらか本舗パーフェクト泡洗顔全体図

お値段は1,000円を超えてしまいますが、泡のきめ細かさはダントツ1位!

スプレーから出した泡はしっかり重みがあり、洗顔してもへたることはありませんでした!

スポンサーリンク

まとめ

泡洗顔料と一言で言っても、泡のきめの細かさや弾力には結構違いがあることを実感しました。

スプレータイプの方が泡の密度は濃いですが、使用量が多くなるのですぐになくなってしまうこと、

金額が効果になりがちなデメリットもあります。

香りもそれぞれなので、自分が気に入って使える洗顔料を見つけてみてくださいね!



泡洗顔10種類集合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。