【リンゴ酢おすすめ比較】毎日飲みたいおいしいリンゴ酢ランキングベスト3も発表!

リンゴ酢11種類比較

お酢が体に良いことは、皆さんよくご存じですよね?

少し前には黒酢、現在はフルーツ酢がブームのようですが、昔からずっと愛飲されているのがリンゴ酢です。

他のフルーツ酢のように見た目の派手さはありませんが、その効果はお墨付き。

抗酸化物質、ビタミン、ミネラルが豊富で様々な病気の予防や症状の緩和に効果があります。

中でも最近注目されているのが、睡眠の深さや質の向上にリンゴ酢が役立つという研究結果。

医療バラエティ番組「その原因、Xにあり!」では、りんご酢を飲むとよく眠れることが実証されていました。

睡眠中の血糖値が安定しない事が不眠の原因の一つだそうですが、りんご酢には血糖値を安定させる働きがあるため、ぐっすり眠れるとのことでした。

疲労回復、ダイエット、美肌効果、糖尿病や高血圧、更には不眠にまで役立つリンゴ酢!今回はそんなリンゴ酢を11種類比較し、イチオシのリンゴ酢を探してみようと思います。

では早速、国産のリンゴ酢から試してみます。※価格はamazon調べ

ミツカン リンゴ酢

ミツカン リンゴ酢
  • メーカー:ミツカン
  • 商品名:リンゴ酢
  • 内容量:500ml
  • 価格: 324円
  • 100mlあたりの価格:65円
  • 原材料:りんご果汁、アルコール
  • おすすめ評価:★★★☆☆(3点)
ミツカン リンゴ酢

国内で販売されているリンゴ酢の中で、一番知られているのがこちらですよね。

りんご果汁を主原料に醸造されたりんご酢です。

スーパーでもよく見慣れたボトルです。

薄めて飲むと、後口にほのかなりんごの香りがします。

メーカーは、蜂蜜や果汁を加えて飲む事もすすめていますが、酢自体の味は尖っているので、ドリンクより料理向きだと思います。

酢の色は一番薄く、100mlあたりの価格は11種類中最安値、惜しげなく使えます。

スポンサーリンク

ミツカン 純リンゴ酢

ミツカン 純リンゴ酢
  • メーカー:ミツカン
  • 商品名: 純リンゴ酢
  • 内容量:500ml
  • 価格:543円
  • 100mlあたりの価格:108円
  • 原材料:りんご果汁
  • おすすめ評価:★★★★☆(4点)
ミツカン 純リンゴ酢

こちらは、ミツカンリンゴ酢の高級版。原材料には国産りんご果汁だけを使用しています。

色はオレンジに近い黄金色。

上のリンゴ酢に比べて香りが強くフルーティーです。

お酢自体の酸味もまろやかで飲みやすいです。

美濃 有機純りんご酢

美濃 有機純りんご酢
  • メーカー:内堀醸造
  • 商品名:美濃 有機純りんご酢
  • 内容量:150ml
  • 価格: 297円
  • 100mlあたりの価格:198円
  • 原材料:有機りんご果汁
  • おすすめ評価:★★★★☆(4点)
美濃 有機純りんご酢

有機JAS認定のリンゴ酢です。

有機りんご果汁を発酵させてアップルワイン(酢もろみ)を造り、酢に醸造しているそうです。

薄めて口に入れた瞬間リンゴジュースのような甘みを感じ、その後に酸味がきます。

酢は茶色寄りの黄金色でかなり濃い色です。

リンゴの香りは特に強いと感じませんでしたが、刺すような刺激もなく飲みやすいリンゴ酢だと思いました。

値段はちょっと高めですが、毎日続けるならこの飲みやすさはありがたいかも。

ムソー 有機アップルビネガー

ムソ 有機アップルビネガー
  • メーカー:ムソー
  • 商品名:有機アップルビネガー
  • 内容量: 360ml
  • 価格:410円
  • 100mlあたりの価格:114円
  • 原材料:有機りんご果汁
  • おすすめ評価:★★★☆☆(3点)
ムソー 有機アップルビネガー

こちらも有機栽培りんごの果汁のみを原料とし、昔ながらの製法で作った有機JAS認定の純りんご酢です。

昔ながらの静置発酵法で長い期間かけて作られています。

色はかなり深い琥珀色(茶色)。尖ったところがなく、まろやかで飲みやすいです。

有機JAS認定でこの価格は素晴らしい!

ただ、何度試しても最後にカブトムシのような香りが残り、私はそれがちょっと気になりました。

マルカン 純りんご酢(プレミアム)

マルカン 純りんご酢(プレミアム)
  • メーカー:マルカン
  • 商品名: 純りんご酢(プレミアム)
  • 内容量: 360ml
  • 価格:540円
  • 100mlあたりの価格:150円
  • 原材料:りんご果汁
  • おすすめ評価:★★★★☆(4点)
マルカン 純りんご酢(プレミアム)

青森県で収穫された「ふじ」果汁100%で作った純りんご酢です。

色は薄めの黄金色で、甘いりんごの香りがします。

飲み口もほのかに甘さを感じるマイルドなリンゴ酢でした。

香りがほかのリンゴ酢よりも甘いのは、「ふじ」だけを使っているせいなのかも。

黒酢や宗兵衛 林檎黒酢

黒酢や宗兵衛 林檎黒酢
  • メーカー:黒酢や宗兵衛
  • 商品名:林檎黒酢
  • 内容量:200ml
  • 価格:638円
  • 100mlあたりの価格:319円
  • 原材料:米黒酢、林檎果汁、蜂蜜、果糖ブドウ糖液糖
  • おすすめ評価:★★★★☆(4点)
黒酢や宗兵衛 林檎黒酢

リンゴで作った黒酢だと勘違いしていました。

こちらは、黒酢にリンゴ果汁を混ぜ甘みをつけて飲み易くしたものです。

そもそもが他のリンゴ酢とは違いますが、参考までにこちらも飲み比べます。

本場の黒酢を原料に、国産りんご果汁をたっぷり使っているそうです。

4倍希釈なので、その通りに割って飲んでみました。

フルーティーで飲み易く、黒糖のような甘い香りが残ります。

さすが飲み物として作られただけあって美味しいです。

黒酢なので色は一番濃く、黒に近い茶色です。

Kuhne(キューネ) アップルビネガー

Kuhne(キューネ) アップルビネガー
  • メーカー:Kuhne(キューネ)
  • 商品名: アップルビネガー
  • 内容量:250ml
  • 価格:354円
  • 100mlあたりの価格:141円
  • 原材料:りんご酒
  • おすすめ評価:★★★☆☆(3点)
Kuhne(キューネ) アップルビネガー

ここからは外国産のリンゴ酢です。

ドイツを代表する老舗ビネガー会社のリンゴ酢です。

色は国産のムソーと同様、かなり深い琥珀色です。

リンゴの香りは強め。飲んだ時の刺激が強烈で、ラベルを確認すると酸度5%でした。

普段使っている穀物酢が4.2%、このリンゴ酢は5%。わずか0.8%の違いですが、この差は大きかったです。

ドリンクとして飲むなら、甘みを強めに十分希釈して飲む方が良さそうです。

Alcenero(アルチェネロ) 有機アップル・ビネガー

Alcenero(アルチェネロ) 有機アップル・ビネガー
  • メーカー:Alcenero(アルチェネロ)
  • 商品名:有機アップル・ビネガー
  • 内容量:250ml
  • 価格:398円
  • 100mlあたりの価格:159円
  • 原材料:有機りんご
  • おすすめ評価:★★★★★(5点)
Alcenero(アルチェネロ) 有機アップル・ビネガー

有機JAS認定、EUオーガニック認定の有機栽培リンゴから作られたリンゴ酢。

アルチェネロは化学肥料に頼らない人の手による有機農法をいち早く取り入れたオーガニックの先駆者だそうです。

色は比較的薄い黄金色で濃厚な感じはないのですが、見た目と裏腹に煮リンゴのような甘くて優しいリンゴの香りがします。

ビネガーなのに、リンゴジュースのような濃い香り!

水で希釈するだけでもフルーティーで美味しいです。

値段も決して高くなく、これは素晴らしい~!

biologicoils イタリア産有機りんご酢

biologicoils イタリア産有機りんご酢
  • メーカー:biologicoils
  • 商品名:イタリア産有機りんご酢
  • 内容量:250ml
  • 価格:645円
  • 100mlあたりの価格:258円
  • 原材料:有機りんご
  • おすすめ評価:★★★★★(5点)
biologicoils イタリア産有機りんご酢

こちらも100%イタリア産のオーガニックリンゴを原料に、果汁をアルコール発酵、低温熟成、酢酸発酵と丁寧に醸造された有機JAS認証のオーガニックアップルビネガーです。

香料・酸化防止剤・保存料など添加物を一切含まない、最高品質の有機りんご酢。

色は濃い目の琥珀色、香りは上記アルチェネロ同様に、煮リンゴ系の甘くて芳醇なリンゴの香りがします。

飲んだ時のマイルドさはこちらの方が上。

さすが最高品質の有機リンゴ酢だけあって、香り、まろやかさ共に群を抜いています。

アレティーノ  アップルヴィネガー

アレティーノ  アップルヴィネガー
  • メーカー:アレティーノ
  • 商品名:アップルヴィネガー
  • 内容量:500ml
  • 価格:648円
  • 100mlあたりの価格:129円
  • 原材料:濃縮リンゴ果汁、酸化防止剤
  • おすすめ評価:★★★☆☆(3点)
アレティーノ  アップルヴィネガー

こちらもイタリアのアップルビネガーですが、有機認証はありません。

値段を見ても一般的なリンゴ酢という位置づけのようです。

色は中程度の黄金色。

香りは普通のリンゴ酢同様、ほのかにリンゴの香りがする程度です。

酸度が5%と高いので、希釈は薄めにした方が良さそうです。

癖がないので、幅広い料理に使えそうです。

アリサン 有機アップルビネガー

アリサン 有機アップルビネガー
  • メーカー:アリサン
  • 商品名:有機アップルビネガー
  • 内容量:473ml
  • 価格:680円
  • 100mlあたりの価格:143円
  • 原材料:りんご果汁
  • おすすめ評価:★★★★☆(4点)
アリサン 有機アップルビネガー

こちらはミシガン湖周辺で有機栽培されたりんごを使用したアメリカ産有機アップルビネガーです。

色は濃い黄金色で、香りはリンゴをベースにコルクのような薬のような独特の香りが残ります。

最初はちょっとその香りに戸惑いますが、慣れると癖になる味です。

自然の味で美味しく感じます。

自然発酵で加熱処理をしていないので、開封後室温に放置すると発酵が進みます。

開封後は冷蔵庫で保存が必要です。

リンゴ酢カラーチャート

リンゴ酢カラーチャート

写真の通り、リンゴ酢の色は薄い黄金色から濃い琥珀色までまちまち。

一般に、お酢は熟成期間が長いほど色が濃くなると言われています。

リンゴ酢の場合、原料の林檎の色も関係するので単純に濃い色=長時間熟成ではないかもしれませんが、リンゴ酢選びの目安として酢の色を見比べてみるのも面白いかもしれません。

今回比べた商品を薄い色から順に並べるとこのようになりました。

リンゴ酢カラーチャート

左側から順にミツカンリンゴ酢、マルカン、アルチェネロ、アレティーノ、ミツカン純リンゴ酢、アリサン、biologicoils、美濃、キューネ、ムソー、一番濃い色が林檎黒酢です。

右から2番目のムソーは昔ながらの製法で長時間熟成、同様に美濃もリンゴ果汁を長時間かけて酢にしているそうですので、やはり色は熟成期間の一つの目安になりそうです。

美味しいリンゴ酢ランキングベスト3

今回、比べた11種類のリンゴ酢の中からランキングのマイベスト3を選んでみました。

3位:アリサン有機アップルビネガー

アリサン 有機アップルビネガー

独特の香りは好き嫌いがあるかもしれませんが、なぜかハマりそうな予感。

ドクターペッパーやチェリーコークに通じる中毒性を感じます。蓋の作りがイマイチで、開け閉めしにくいのが難点ですが…

2位:biologicoilsイタリア産有機りんご酢

biologicoils イタリア産有機りんご酢

香りも良くて酸味もマイルド、文句のつけようがない素晴らしいリンゴ酢です。

でも高い。高いけど美味しい。

お金を惜しまない方におすすめするなら絶対こちら。

リンゴ酢なのにバルサミコ酢に似たまろやかさがあります。

1位:Alcenero(アルチェネロ) 有機アップル・ビネガー

Alcenero(アルチェネロ) 有機アップル・ビネガー

2位のbiologicoilsには負けるけど、同じぐらい林檎の良い香りがして美味しく飲めるのがこちらです。

有機リンゴ酢でこの価格、香りも良いとなれば選ぶ価値は十分。

ただ、biologicoilsのようなまろやかさはありません、あくまで酢です。

スポンサーリンク

まとめ

知れば知るほど奥が深いお酢の世界。

黒酢もいいけど、毎日飲むならフルーティーなリンゴ酢も良いですね。

クエン酸がたくさん含まれるリンゴ酢は疲労回復効果も満点です。

リンゴ酢と蜂蜜を同量入れ炭酸水で割ったバーモントドリンクなら、さっぱりして美味しいので残暑厳しい季節にぴったりです。

皆さんも身体の疲れを感じたら、リンゴ酢で疲労回復してみませんか?



リンゴ酢11種類比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。